伏見稲荷大社の初詣2018の参拝時間や屋台を紹介!混雑を避けてご利益にあずかろう!

伏見稲荷大社の初詣2018の参拝時間や屋台を紹介!混雑を避けてご利益にあずかろう!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

関西で最も多くの初詣参拝客が訪れる伏見稲荷大社は、金運上昇や商売繁盛のパワースポットとしてとても人気があります。

全国に30000社以上あるといわれる稲荷神社の総本社で、境内には至る所に稲荷神社の象徴・狐の像が見られます。境内には商売繁盛や五穀豊穣などご利益のあるパワースポットが豊富で新年の初詣にぴったり。

今回は、伏見稲荷大社の初詣2018の参拝時間や混雑情報、屋台情報、駐車場に加えてパワースポットとご利益も紹介します。

スポンサーリンク

伏見稲荷大社の初詣2018の基本情報

・参拝時間:終日可能

・住所:京都府京都市伏見区深草薮之内町68

・アクセス:
<電車>
JR奈良線/稲荷駅下車徒歩すぐ
京阪本線/伏見稲荷駅から徒歩5分
<車>
阪神高速道路/上鳥羽出口から約10分

・ご利益:商売繁盛、五穀豊穣、学業成就、万病平癒

・ご祭神:宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)

・人出数:270万人

・駐車場:
初詣期間中は閉鎖中。周辺も交通規制中で入れないので、深草駅や六地蔵駅周辺の駐車場がおすすめ。

・問い合わせ先:伏見稲荷神社(TEL:075-641-7331)

・公式サイト:伏見稲荷神社

伏見稲荷大社の初詣2018のパワースポットとご利益

京都ではもちろん、関西でも最も多くの初詣参拝客が訪れる伏見稲荷大社。

たくさんの人が集まるのは、やはりパワースポットが豊富だから。新年からパワースポットを巡って、しっかりご利益を授かりたいですね。

千本鳥居

朱色の鳥居がトンネルのように続く千本鳥居は伏見稲荷大社のシンボルですよね。

鳥居をくぐりながら心願成就商売繁盛を願うとご利益があるといわれています。朱色は魔力に対抗する色とされているので、くぐるだけで浄化された気持ちになりそうですね。

おもかる石

願いが叶うかどうかを占えるおもかる石。

石灯篭の前で願い事をしてから上にある石を持ち上げます。持ち上げた時に軽く感じたら「願いが叶う重く感じたら「願いが叶わないといわれています。

願い事がある方はぜひやってみてくださいね。

熊鷹社

伏見稲荷大社の中ではもちろん、全国のパワースポットの中で最も強いエネルギーを感じるスポットといわれています。参拝するだけで強いパワーをもらったような気持ちになりますよ。

熊鷹社の向こうにある谺ケ池(こだまがいけ)は、行方不明になった人を探すときに、池に向かって手を打ち、こだまが返ってきた方向に手掛かりがつかめるという言い伝えがあるそうです。

眼力社

眼力社はその名の通り、眼の病がよくなる先見の明・眼力が授かるというご利益があるといわれています。

しかし、観光客などにはあまり知られていないので、穴場スポットといえるかと思います。会社経営者の方などが多く参拝しているそうですよ。

スポンサーリンク

伏見稲荷大社の初詣2018の混雑情報

関西で最も多くの初詣参拝客数を誇る伏見稲荷大社ですから、混雑はしょうがないかと思います。

元旦に絶対初詣を済ませたい方は、混雑のピークを知って、なるべく空いている時間帯に行きたいですよね。そこで、混雑のピークと空いている時間帯を紹介します。

どこの初詣スポットも同じですが、混雑のピークは大みそかの23:00~元旦の3:00ごろまで。それ以降は少し人が減ってきて、7:00頃までは参拝しやすそうです。

日中は若者から子ども連れまで幅広い年齢層で混みあうので、早起きして参拝しておくのがおすすめ。2・3日は夕方の参拝が比較的空いているみたいですよ☆

伏見稲荷大社の初詣2018の屋台情報

初詣の楽しみといえば、屋台ですよね☆伏見稲荷大社の初詣ももちろんたくさんの屋台が立ち並んでいます!

定番のお好み焼きやたこ焼き、焼きそば、わたあめ、チョコバナナ、りんご飴などはもちろん揃っています。

備長炭で焼き上げた本格的な鮎の塩焼きや、お好み焼きを割りばしに巻き付けたはしまきなどもありますよ。どれを食べようか迷ってしまいますね。

たい焼きパフェもあります。今まで僕も見たことがありません・・・これは食べてみたい!

たいの中にはたっぷりの生クリームが詰まっていて、その上からチョコソースなどがかけられています。甘党の方にはもってこいの食べ物ですね!大人には甘すぎてちょっとヘビーかも?

「たい焼き」つながりで、もうひとつ人気なのが、ベーコンエッグたい焼きです。たい焼きの中にベーコンエッグが入っているので、サンドウィッチ風に手軽に食べられて食べ歩きにぴったり。

そしてそして、伏見稲荷大社といえばうずらの丸焼きです。

見た目が本当に鶏なので、苦手な方もいるとは思いますが、味は普通に鶏肉でおいしいそう。名物になっているので、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

おいしい屋台グルメをいっぱい食べて、寒い初詣を楽しく乗り切りましょう。

さいごに

以上が伏見稲荷大社の初詣2018の紹介でした。

パワースポットやご利益、屋台が充実の初詣スポットでしたね。新年からパワースポットを巡ってご利益を授かり、気持ちよく2018年をスタートさせたいですね。

2018年の初詣は伏見稲荷大社へ出かけてみませんか?

【要チェック!】

2018年の関西定番初詣スポット5選を紹介しています。

あなたも今年の初詣は定番スポットでご利益にあずかりませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA