2018年神奈川のおすすめお花見スポット5選!桜まつりを楽しもう!

2018年神奈川のおすすめお花見スポット5選!桜まつりを楽しもう!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

春といえばお花見ですよね。あなたは今年どこへお花見に行く予定ですか?

神奈川県にはたくさんのお花見スポットがあるので、どこに行こうか迷ってしまいますよね。今回は、桜まつりのある神奈川のおすすめお花見スポットを5つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.三渓園

2018年神奈川のおすすめお花見スポット5選!桜まつりを楽しもう!

・見頃の時期:3月下旬~4月上旬

・住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1

・アクセス:
JR根岸線根岸駅
→市営バス58・99・101系統で10分
→本牧下車徒歩10分

本牧の道路から正門まで続く500mの桜のトンネルが見どころ。園内にはソメイヨシノやヤマザクラ、オオシマザクラ、シダレザクラなど約300本の桜が植えられています。

桜の開花に合わせてライトアップイベント「観桜の夕べを開催。古建造物と桜を一度に眺めることができるので、昼間とは違った幻想的な雰囲気にうっとりしちゃいますよ。

三渓園茶寮では、桜の葉を使った「さくらアイス」が毎年大人気。自家製のたれをたっぷり塗った手焼きだんごもお花見にぴったり。広大な敷地をのんびり散策してみませんか?

2.山北鉄道公園

・見頃の時期:3月下旬~4月上旬

・住所:神奈川県足柄上郡山北町山北1889-46付近

・アクセス:JR山北駅から徒歩5分

蒸気機関車を間近で見ることのできるスポット。JR御殿場線沿いには約130本の桜並木が続いています。

開花に合わせて山北鉄道公園周辺では「やまきた桜まつり」を開催。期間中の1日はイベント日。種類豊富な飲食の模擬店や郷土芸能の披露が行われ、お花見を盛り上げてくれます。

桜まつり期間中は桜並木のライトアップも実施され、昼間のかわいらしい姿とは違ったしっとりとした雰囲気を楽しめます。

電車の窓から見える桜のトンネルもぜひ見てほしいポイント。園内にはSL、すぐ横にはJR御殿場線の電車が走っているので、電車好きの子どもがいるファミリーにおすすめ。

スポンサーリンク

3.小田原城址公園

・見頃の時期:3月下旬~4月上旬

・住所:神奈川県小田原市城内6-1

・アクセス:
<電車>
JR・小田急小田原駅から徒歩10分
<車>
小田原厚木道路荻窪ICから10分

小田原城址公園は、「日本さくら名所100選」に選ばれている桜の名所。園内には約320本のソメイヨシノが咲き誇り、天守閣やお堀を背景にした絶景を観ることができます。

開花に合わせて小田原城の桜と小田原かまぼこを楽しむイベント「小田原かまぼこ桜まつり」を開催。

  • かまぼこの板付けや細工などの技を間近で見られる「かまぼこ名人手づくり実演」
  • 組合各社のかまぼこを2回食べて同じものを当てる「ききかまぼこ大会」
  • 制限時間内に積み重ねたかまぼこの板の高さを競う「かまぼこ板一夜城合戦」

などの参加型イベントが盛りだくさん。

他にも、小田原おでんや全国各地のふるさとおでんが大集合の「小田原おでんサミット」や地域食材が堪能できる味の横丁を開催する「さくら満開まつり」なども開催。

夜にはぼんぼりに灯がともり、天守閣を背景にした美しい夜桜が楽しめますよ。

4.衣笠山公園

・見頃の時期:3月下旬~4月上旬

・住所:神奈川県横須賀市小矢部4-922

・アクセス:
<電車>
JR衣笠駅から徒歩20分
<電車&バス>
京急横須賀中央駅
→長井方面行バス「三崎口駅行」「長井行」に乗車
→「衣笠山公園」バス停下車徒歩10分

衣笠山公園は、ソメイヨシノやヤマザクラ、シダレザクラなど約2000本の桜が植えられている県内屈指の桜の名所。「日本さくら名所100選」のひとつにも選ばれているスポットなんです。日露戦争の戦死者を慰霊するために記念碑を建てた際に桜を植えたのが始まりなんですよ。

広々とした園内にはハイキングコースがあるので、桜はもちろん豊かな自然を眺めながら散策を楽しめます。山頂からは三浦半島を一望。ピクニック広場でレジャーシートを広げてお花見を楽しむのもおすすめです。

開花に合わせて「衣笠さくら祭」を開催。郷土芸能の披露や地元中学生や高校生によるステージ、桜のライトアップなどさまざまな催しが行われます。

さくら祭期間中は駐車場の利用ができないので、公共交通機関を利用しましょう。

5.さがみ湖プレジャーフォレスト

・見頃の時期:3月下旬~4月上旬

・住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634

・アクセス:
<車>
圏央道相模原ICから約15分
圏央道高尾山ICから約20分
<電車&バス>
JR中央本線相模湖駅から三ヶ木行きバスで約8分

レジャースポットやイルミネーションで知られるさがみ湖プレジャーフォレストですが、実は桜もすごいんです。園内には樹齢35年のソメイヨシノを中心に約2500本もの桜が植えられています。開花時期の違うカワヅザクラもあるので、長い期間お花見を楽しめるのが魅力。

開花に合わせて「さがみ湖桜まつり」を開催。さがみ湖ならではの地形を活かし、リフトから見下ろす「空飛ぶ花見」や桜のアーチをくぐり抜ける「桜の天の川」など、桜を満喫できる見どころが充実。観覧車からの眺めも絶景ですよ。

4月上旬まで「さがみ湖イルミリオン」が開催されているので、通常通りの開花なら、イルミネーションと桜を同時に楽しめるかも!?(関連記事はこちら

期間中1日限定で夜桜ライトアップも行われ、幻想的な夜桜を楽しめます。カップルやファミリーで楽しむのにぴったりですよ☆

さいごに

2018年、桜まつりのある神奈川のお花見スポット5選を紹介しました。

定番スポットから穴場スポットまでいろいろありましたね。桜まつりでは飲食店の模擬店やステージ披露などのさまざまな催しが行われるので、よりお花見を楽しめますよ。

神奈川県のお花見は、桜まつりのあるスポットへ出かけてみませんか?

【こちらの記事もおすすめ!】

東京のおすすめお花見スポット5選を紹介しています。

どのスポットも桜まつりが開催され、毎年にぎわいます。2018年の春を感じに行きませんか?


【2018年】日本各地の定番&おすすめ初詣スポットまとめ!今年の初詣はどこへ行く?

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA