足利花火大会2017年の日程・場所・穴場スポットは?有料席情報も紹介!

足利花火大会2017年の日程・場所・穴場スポットは?有料席情報も紹介!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

花火が恋しい季節になりましたね。

今年はどこの花火大会に行くか決めましたか?
有名な花火大会はいくつもありますが、僕が以前住んでいた栃木県には魅力的な花火がたくさんあります。

足利花火大会は、栃木県足利市で開催される「わたらせ・サマー・フェスタ」の最終日に開催される花火大会

そんな足利花火大会の日程や見どころ、穴場スポットなど、足利花火大会の魅力をたっぷりご紹介します。

スポンサーリンク

足利花火大会2017の基本情報

・日程:2017年8月5日(土) 19:00~20:45

・打ち上げ場所:渡良瀬川田中橋下流河川敷(渡良瀬運動公園)

・アクセス:
JR両毛線足利駅から徒歩5分
北関東自動車道足利ICから15分

・打ち上げ数:2万発

・人出数:約40万人

・駐車場:8400台の無料駐車場あり。

他にも、桜小学校、東山小学校、けやき小学校、さいこうふれあいセンター、第三中学校、市民プラザ生涯学習センター多目的広場、足利市役所駐車場、市民会館駐車場など。

・トイレの数:公衆トイレ10か所

・問い合わせ先:足利夏まつり実行委員会
(足利商工会議所内TEL 0284-21-1354)

・公式サイト:足利商工会議所

足利花火大会2017の見どころ

足利花火大会は、明治36年から113年続く北関東で最も歴史と伝統のあるイベントなんです。

花火の量と質は素晴らしく、花火大会へ行った人の満足度が高いのも魅力。毎年40万人を超える人出でにぎわうことから、「40万人の夕涼み」ともいわれています。

満足度の高い花火大会、ぜひ見てみたいですよね。

日本の有名花火師が作った尺玉花火や仕掛け花火の競演は迫力満点!

視界すべてに映るといっても過言ではないくらいのワイドスターマインやフィナーレの大ナイアガラ大スターマインは、まばたきを忘れるほどの美しさと感動を味わえます。

毎年変わるプログラムはテーマごとに違った演出の花火を楽しめるので、毎年通うリピーターも多いとか。

↓足利花火大会ワイドスターマイン↓

↓足利花火大会フィナーレ↓

スポンサーリンク

足利花火大会の穴場スポット3選

続いては、より花火を楽しめる穴場スポットを紹介します。

1.アピタ足利店の屋上

住所:足利市朝倉町245

ショッピングセンターなので、駐車場やトイレ、買い物の心配がありません。子ども連れでも安心して花火鑑賞ができますよ。

2.ヨークベニマルの屋上駐車場

住所:足利市朝倉町2-21-16

屋上駐車場なのでこちらも駐車場の心配がなく花火を楽しむことができます。スーパーで買い物ができるし、トイレもあって便利。

3.足利税務署裏の土手

住所:足利市伊勢町4-18-2そば

まだあまり知られていない穴場スポットなので、混雑することは少ないはず!

足利駅から徒歩10分程ですが打ち上げ場所からも近いので、臨場感たっぷりの花火を楽しめますよ。

周辺に高い建物がないので、少し離れた建物での鑑賞でも十分楽しめるのが足利花火大会の魅力ですね!

足利花火大会の有料席情報

打ち上げ場所から近い場所で確実に鑑賞したいあなたには、有料席がおすすめ。

有料席を購入しておけば早く行く必要がないので、急ぐ必要がありません!

【有料席情報】

桟敷席:1坪17000円。

有料観覧席:2坪の1区画が8000円。
(10人で行けば1人800円!これは安い!)

イス席:1脚2500円。
(パイプイスが並んでいるゾーンです)

テーブル1台・イス4脚セット:14,000円。

例年6月中旬以降に販売を開始するみたいですね。

桟敷席と有料観覧席は足利商工会議所イス席はJTB関東法人両毛支店で購入できます。

料金は変わる可能性があるので、事前に公式HPを確認してくださいね。

さいごに

以上が足利花火大会2017の紹介でした。

約2時間ほぼノンストップで打ち上げられる2万発の花火は、美しくて迫力満点!

打ち上げ場所との距離が近いので、河川敷からはもちろん、離れた場所からでも見ごたえたっぷり。花火を見終わった後はきっと、満足感でいっぱいのはず!

豪華絢爛で壮大な光と音のショーに出かけてみませんか?

【要チェック!】

2017年に開催される関東の花火大会をまとめました。

花火大会に行くときの便利グッズお役立ち情報も紹介しています。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA