足利公園の桜まつり2018の日程や見どころは?周辺おすすめスポットも紹介!

足利公園の桜まつり2018の日程や見どころは?周辺おすすめスポットも紹介!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

足利公園は、日本で初めて日本人による学術的な考古学調査が行われたスポット。

園内には約350本の桜が植えられ、見ごろを迎えると淡いピンク色の景色を見せてくれます。桜まつりも行われるので、たくさんの花見客でにぎわうんですよ。

今回は、足利公園の桜まつり2018の日程や見どころ、周辺お花見スポットなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

足利公園の桜まつり2018の基本情報

・桜まつりの日程:2018年3月24日(土)~4月8日(日)
※イベント日は4月1日(日)

・見ごろの時期:3月下旬~4月上旬

・住所:栃木県足利市緑町1-3775-1

・アクセス:
<電車の場合>
JR足利駅・東武伊勢崎線足利市駅から徒歩20分
<車の場合>
北関東自動車道足利ICから約15分または太田桐生ICから約15分

・駐車場:無料駐車場あり

・開園時間:24時間開放

・入園料:無料

・問い合わせ先:TEL 0284-43-3000(足利市観光協会)

・公式サイト:足利観光協会

足利公園の桜まつり2018の見どころ

足利公園の桜は例年3月下旬~4月上旬が見ごろ。去年は寒かったのでちょっと見ごろが遅れたので、今年も天候によっては多少ずれるかもしれません。

園内のイベント広場の外側、八雲神社から草雲美術館までの道沿いが桜並木になっています。約350本の桜がほぼ同時に満開になるので、まるで桜のトンネルのような景色を楽しめますよ。

園内には10基の古墳(円墳、前方後円墳)があるので、散策をするのもおすすめ。

足利公園の桜まつり2018の桜まつり情報

足利公園では桜の開花に合わせて桜まつりを開催。期間中はお花見を盛り上げるイベントも行われるので、満喫できちゃいますよ。

ライトアップ

イベント広場を中心に、午後6時~午前0時までライトアップを行います。広場の大きな桜の木がライトアップされて、昼間とは違った雰囲気を楽しめます。

イベント内容

「皆で楽しめる花見」をコンセプトに桜まつりが行われています。

期間中にイベントが行われるのは1日だけ。イベント日には八木節音楽演奏などのステージイベントの他、飲食物の出店がずらりと並びます。

ライトアップも行われているので、ワイワイ宴会を楽しむのもおすすめ。

スポンサーリンク

足利公園の桜まつり2018の混雑情報

お花見スポットはどこも人気がありますよね。混雑する日時を知っておけば、混雑が苦手な方は回避して空いている日にお花見を楽しめますよね。ぜひ参考にしてくださいね。

<混雑する日時>
桜まつり期間中の土日
イベント日
<空いている日時>
桜まつり期間中の平日

混雑する日時を一応書きましたが、空いている日よりも混むというだけで、それほどの混雑はしないと思われます。イベント広場はけっこう広いので、早く行って場所取りをしなくても大丈夫。

ただ、「この桜の下に敷きたい」という場合は早めに行くことをおすすめします。

空いているのはやっぱり平日ですね。特に早朝は満開の桜をひとり占め。写真を撮りに行くのが目的の方はその時間帯がおすすめです。

足利公園周辺のおすすめお花見スポット3選

足利市には足利公園だけでなく、いろんなお花見スポットがあります。その中でも地元の人に人気のあるお花見スポット3つをご紹介します。

1.鑁阿寺(ばんなじ)

・住所:栃木県足利市家富町2220

・アクセス:
<電車の場合>
JR足利駅から徒歩10分
東武伊勢崎線 足利市駅から徒歩15分
<車の場合>
北関東自動車道 足利ICから約15分

源姓足利氏2代目義兼が建久7年、邸内に持仏堂を建て、守り本尊として大日如来を祀ったのが始まりと言われています。

周囲に土塁と堀をめぐらした寺域は約4万平方メートルあり、ほぼ正方形。鎌倉時代の武家屋敷の面影を今に残している貴重なもので、「足利氏宅跡」として国の史跡に指定されています。

春にはお花見スポットとしても人気で、お堂やお堀と桜のコラボレーションが楽しめるほか、ライトアップイベントも行われます。

2.織姫公園

・住所:栃木県足利市巴町3890-17

・アクセス:
<電車>
JR足利駅から徒歩25分
東武伊勢崎線足利市駅から徒歩25分
<車>
北関東自動車道 足利ICから15分

織姫公園は明治100年記念事業の一環として整備された市内唯一の総合公園。

園内のさくらの園には約330本のソメイヨシノが広範囲にわたって咲き誇り、花見客を楽しませてくれます。園内には散策路が整備されているので、車いすやベビーカーでのお花見にもおすすめ。

織姫公園は丘陵地帯にあるので、北側にある鏡岩展望台からは市内はもちろん関東平野も一望でき、桜とともに絶景も楽しめてお得な気分。隣接する織姫神社も散策するのが定番です。

3.足利学校

・住所:栃木県足利市昌平町2338

・アクセス:
<電車の場合>
JR足利駅から徒歩10分
東武伊勢崎線 足利市駅から徒歩15分
<車の場合>
北関東自動車道 足利ICから約15分

足利学校は日本で最も古い学校として知られているスポット。

16世紀初頭には生徒は3千人を超え、フランシスコ・ザビエルによって「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と海外にも紹介されました。館内では当時の生徒がどのような場所で勉強をしていたか見学できるようになっています。

敷地内には孔子像の近くに桜が咲いていて、満開の桜の下でほほ笑んでいるような孔子様を見ることができますよ。しだれ桜もきれい!

☆どのスポットも足利駅から近い場所にあるので、全部一気に巡ることもできますよ。

さいごに

以上が足利公園の桜まつり2018の紹介でした。

それほど混雑はしないので、家族連れや仲間とワイワイお花見を楽しむのにぴったりの場所ですよ。2018年のお花見は、足利公園へ出かけてみませんか?

【要チェック!】

栃木のお花見・桜を楽しめる公園5選を紹介しています。

どのスポットも人気で、毎年にぎわっています。2018年の春を感じに行きませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA