佛通寺の紅葉2018!見ごろ・時期はいつ?周辺ランチスポットも紹介!

佛通寺の紅葉2018!見ごろ・時期はいつ?周辺ランチスポットも紹介!

佛通寺は、日本屈指の禅道場として知られている臨済宗の大本山。紅葉の時期は美しい景色を見られることから、毎年多くの人が訪れるんですよ。

そこで今回は、佛通寺の紅葉2018の見頃の時期やライトアップ、御朱印や周辺ランチスポットなどを紹介していきます。

佛通寺の紅葉2018の基本情報

・見ごろの時期:11月上旬~11月中旬

・場所:広島県三原市高坂町許山22

・アクセス:
<電車の場合>
JR三原駅から佛通寺行きバスに乗り約40分、終点下車
JR本郷駅から佛通寺行きバスに乗り約30分、終点下車
<車の場合>
山陽自動車道三原久井ICから約15分
本郷ICから約40分

・駐車場:100台あり

・紅葉する木の種類:モミジ、カエデなど

・開園時間:午前8時~午後5時(ライトアップ期間中は午後8時まで)

・拝観料:
大人300円
学生(中学生以上)200円
小学生以下無料
※紅葉シーズンのみ

・問い合わせ先:TEL 0848-67-5877 三原観光協会

・公式サイト:佛通寺

佛通寺の紅葉2018の見どころ

広島県内で屈指の紅葉の名所として知られる佛通寺。例年11月初旬から中旬には赤や黄色に色づいてきます。

見ごろの時期もいいですが、散り始めはモミジのじゅうたんが広がっていて絶景。雨の日もしっとりとしていておすすめですよ。

参道にはモミジが立ち並び、赤いトンネルを作り出しています。

見上げると真っ赤に染まったモミジが視界に広がっていて美しく、写真撮影の定番スポットでもあります。

ただし、車が通る場所なので、写真撮影をする際は車に気を付けてくださいね。

境内の歴史ある建築物や仏通寺川、橋などと紅葉が調和した景色も風情があって美しい。広々とした静かな境内をゆっくり散策してみてくださいね。

ライトアップは?

毎年11月1日~30日にはライトアップも行われます。

参道の紅葉だけでなく橋もライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。昼間の鮮やかな紅葉とは違った景色を楽しんでみてくださいね。

紅葉の時期限定OPENのもみじカフェ

佛通寺では、紅葉期間中の土日祝に期間限定で「もみじcafé」がオープンします。

接客をしてくれるのはなんと、佛通寺の和尚さんたち。修行中に着ていた雲水衣をまとって参拝客をおもてなししてくれます。

メニューは「抹茶セット」「コーヒーセット」に「ジュースセット」の3種類。

抹茶セットには名物のくじら羊羹、コーヒーセットにはフィナンシェ、ジュースセットには駄菓子がついてきます。

畳敷きのお部屋で外の景色を眺めながらひとやすみするのもおすすめですよ♪

佛通寺のおすすめ&見どころ紹介

せっかく佛通寺に来たなら、紅葉だけでなく境内の見どころもチェックしておきたいですよね。そこで、佛通寺のはずせない見どころを紹介していきます。

多宝塔

1927年(昭和2年)建立の多宝塔は、開山堂近くにある二重塔。広島県の登録有形文化財になっています。

間口・奥行が4.3mある三間多宝塔で、銅板葺で縁高欄をめぐらせてあります。蟇股などの細部には美しい彫刻が施され、軒まわりに反りをもたせるなど整った塔姿をもつ近代的な造りの多宝塔です。

含暉院地蔵堂

写真(右下)の手前は開山堂、奥が地蔵堂です。

国指定重要文化財の地蔵堂は、1406年(応永13年)に塔頭・含暉院の仏殿として建てられた建物。

佛通寺は1397年(応永4年)に開かれた後に火災が相次ぎ、創建当時の建物は現在では含暉院地蔵堂だけとなっています。堂内には木造地蔵菩薩坐像を安置しています。

イヌマキ

イヌマキは本州中南部の四国、九州、沖縄などの温かい場所に分布し、数十年前には各地に径1.0m以上の大木が生育していました。

佛通寺のイヌマキは根回り周囲4.5m・胸高幹囲3.5m・樹高20mで、こんなに大きいイヌマキは極めて稀で、広島県の天然記念物に指定されています。

このイヌマキは佛通寺開山の愚中周及禅師のお手植と伝えられているので、推定で樹齢600年くらいかと予想されます。歴史を感じますね。

五百羅漢

山門の横を入っていくと、羅漢像がずらりと並んでいます。

羅漢像の表情はひとつひとつが違っていて、同じ顔は2つとしてないんです。どの像も穏やかな表情をしていて、とっても癒されます。羅漢像も鮮やかな紅葉に囲まれてうれしそう。

御朱印

御朱印は庫裏近くの納経所でいただくことができます。

中国第十二番「圓通」の御朱印、山陽花の寺二十一番「大覚殿」の御朱印、百八観音霊場第十五番「大悲殿」の御朱印の3種類あり、1件300円です。

ちなみに佛通寺オリジナルの御朱印帳は販売していないようです・・・残念。

三原市のおすすめランチスポット2選

広島といえばお好み焼き。三原といえば三原焼きならぬ備後焼きが有名なんですよ。そこで、ランチにおすすめのお好み焼き屋さんを2つ紹介します。

お好み焼 しず

・場所:広島県三原市皆実1-23-26

・営業時間:午前11時~午後10時

さすが広島県なだけあって、店内はカープグッズ一色!ファンにはたまりませんね。地元の人はもちろん、観光客もたくさん訪れる人気店です。

シンプルなお好み焼きは500円、モダン焼きは600円とリーズナブル。トッピングからお好みの4品を選べるお好み焼きスペシャル、モダン焼きスペシャルもあります。

広島出身のアンガールズがトッピングをチョイスした、山根スペシャルと田中スペシャルもあり、田中スペシャルには納豆とご飯も入っているのでボリューム満点。

つぼみ

・場所:広島県三原市館町1-2-10

・営業時間:午前9時半~午後8時半

三原の美味しい地タコを使ったお好み焼き、その名も「びんご焼き」が味わえるお店。

店内は懐かしい喫茶店の雰囲気が漂っていて居心地抜群。店の奥には坪庭が見えるお座敷もあるので、外を眺めながらゆっくり食事を楽しむことができます。

観光客に人気なのが、三原名産のタコを使った「びんご焼き」。このお店はタコ入りお好み焼の元祖で、新鮮なタコを頭から足まで使っています。プリプリとした食感や味わいがクセになります。

研究に研究を重ねた、鳥もつ入りの三原焼きもぜひ味わってみてください。

さいごに

佛通寺の紅葉2018を紹介しました。

真っ赤に染まったモミジとお寺は定番ですが、見ごたえがありましたね。境内には見どころがいっぱいなので、紅葉の時期にぜひ出かけてみてくださいね。

あわせて読みたい関連記事

海外旅行の計画を立てるときはコレ!



各社の海外旅行プランを無料で比較!
【タウンライフ旅さがし】

・ネット予約は楽だけど相談しづらい
・店舗予約だと他社比較が面倒

そんな悩みを解決!
ネットの手軽さと店舗の相談しやすさ、両方のいいとこ取りができるサービスを紹介しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA