【2018年】千葉のおすすめ花火大会10選を日程順に紹介!

【2018年】千葉のおすすめ花火大会10選を日程順に紹介!

今年も花火大会の時期が近づいてきましたね!

千葉県には、打ち上げ数10000発を超える大規模な花火大会がたくさんあるので、どこに行こうか迷ってしまうんですよね・・・。

そこで今回は、2018年の千葉のおすすめ花火大会10選をおすすめポイントと併せて日程順に紹介していきます。

スポンサーリンク

1.幕張ビーチ花火フェスタ

・日時:2018年7月27日(金) 午後7時半~8時半

・場所:幕張海浜公園 (千葉市美浜区美浜1)

・アクセス:
JR京葉線海浜幕張駅から徒歩15分
JR・京成幕張本郷駅から徒歩30分

・打ち上げ数:20,000発

幕張ビーチ花火フェスタの大会テーマは「世界に発信!幕張海上花火」。オープニングからフィナーレまで、なんと1時間に20000発を一気に打ち上げるので迫力満点。

見どころは、オープニングを飾る約3000発のミュージックスターマイン、第40回記念特別プログラムとして海上花火と尺玉などの大玉花火を中心に約4400発の花火を打ち上げる「THE MAKUHARI HANABI」、銀一色の大空中ナイアガラが登場する約7500発のグランドフィナーレ。一瞬たりとも目が離せません!

席の種類と座席数が豊富な有料観覧席でゆっくり花火観賞を楽しむのがおすすめ。

2.鴨川市納涼花火大会

・日時:2018年7月29日(日) 午後7時半~8時20分

・場所:千葉県鴨川市前原/前原・横渚海岸

・アクセス:
<電車の場合>
JR安房鴨川駅から徒歩5分
<車の場合>
館山道君津ICから車で40分

・打ち上げ数:9,000発

鴨川市納涼花火大会が行われる会場は、日本の渚百選にも選ばれた前原横渚海岸。見どころは、海上に咲く水中花火と絢爛豪華なスターマインの競演。夜空と水面を彩る花火の美しさにうっとりしてしまいます。

迫力満点のフィナーレも見逃せない!前原海岸には屋台も立ち並ぶので、お祭り気分で楽しむことができますよ。広い海岸線のどこからでも花火観賞を楽しめるのが魅力。人混みを避けるなら、高台にある魚見塚展望台がおすすめ。

スポンサーリンク

3.松戸花火大会

・日時:2018年8月4日(土) 午後7時15分~8時20分

・場所:千葉県松戸市/江戸川河川敷(松戸市立図書館本館先)

・アクセス:JR・新京成電鉄松戸駅西口から徒歩15分

・打ち上げ数:10,000発

松戸花火大会は、花火の基本である光・色・音の三原則を大切にしている松戸市の夏の風物詩。

伝統的な花火から近代的な花火まで取り入れた花火は、色鮮やかで見ごたえたっぷり。スターマインや音楽花火などを含む4つのプログラムが次々と展開されるので、目が離せません。

花火開始の前にはステージイベントも実施する予定なので、早い時間からイベントを楽しむことができますよ。家族連れやお友達同士など、さまざまな用途で利用できる有料観覧席も充実。

4.市川市民納涼花火大会

・日時:2018年8月4日(土) 午後7時15分~8時半

・場所:千葉県市川市大洲3丁目地先 江戸川河川敷

・アクセス:
【市川会場】JR市川駅から徒歩15分
【行徳会場】東京メトロ妙典駅から徒歩20分

・打ち上げ数:14,000発

市川市民納涼花火大会は、江戸川区の「江戸川区花火大会」と同時開催のイベント。

見どころは、5秒間で1000発の花火を10ヶ所から豪快に打ち上げるオープニングと8つのテーマごとに趣向を凝らしたプログラム、フィナーレを飾る金銀カムロシャワー。テーマに合わせたBGMと遠隔操作によるきめ細やかな演出で、より会場を盛り上げます。

有料席で楽しむのはもちろん、屋形船で水上から花火を眺めるのもおすすめ。

5.手賀沼花火大会

・日時:2018年8月4日(土) 午後7時~8時半

・場所:
【柏第1会場】手賀沼自然ふれあい緑道 北千葉導水ビジターセンター寄り

【柏第2会場】手賀沼自然ふれあい緑道 道の駅しょうなん寄り

【我孫子会場】手賀沼公園・手賀沼ふれあいライン

・アクセス:
【柏第1会場】JR常磐線北柏駅から徒歩25分、柏駅東口から徒歩40分
【柏第2会場】JR常磐線柏駅東口から東武バス沼南方面(1番乗場)から大井停留所下車徒歩20分
【我孫子会場】JR常磐線我孫子駅南口から徒歩10分

・打ち上げ数:13,500発

手賀沼花火大会は、手賀沼を囲む柏市と我孫子市が合同で開催する花火大会。

会場は柏市に2か所、我孫子市に1か所あります。柏第1会場では、東京タワーとほぼ同じ高さまで上昇し大きく花開く尺玉や大迫力のウルトラジャンボスターマイン・子どもたちに人気のキャラクターマインを楽しむことができ、柏第2会場と我孫子会場では幻想的な水中花火などを楽しむことができます。大迫力の花火を間近で観賞できる有料席もあり。

6.佐倉花火フェスタ

・日時:2018年8月4日(土) 午後7時20分~8時半

・場所:佐倉ふるさと広場周辺/印旛沼湖畔(佐倉市臼井田2714)

・アクセス:
京成臼井駅から徒歩30~40分
京成佐倉駅から徒歩40~50分

・打ち上げ数:18,000発

佐倉花火フェスタは、千葉県最大級のスケールを誇る大人気の花火大会。

見どころは、音楽に連動して10分間に8000連発を打ち上げるビッグプレミアムスターマイン☆この打ち上げ数は過去最多なんですよ。

他には、直径約500メートルが上空500メートルで開花する関東最大級の二尺玉が4発、印旛沼ならではの壮大な巨大水上花火、有料観覧S会場限定で観賞できる関東では珍しい手筒花火など種類豊富で見ごたえたっぷり。湖畔または丘から望む有料席もおすすめ。

スポンサーリンク

7.館山湾花火大会

・日時:2018年8月8日(水) 午後7時半~8時45分

・場所:千葉県館山市北条 北条海岸付近

・アクセス:JR館山駅西口からすぐ

・打ち上げ数:10,000発

館山湾花火大会は、10000発をわずか75分で打ち切るのが特長の花火大会。

見どころは、大小の花火が一斉に100発以上打ち上げられる特大スターマインや関東地方最大級の大きさを誇る8号玉(直径250m)の名物の水中花火。夜空と水面に広がる色鮮やかな花火はとてもきれいで見とれてしまいます。海岸沿いに立ち並ぶ屋台メニューを味わいながら花火観賞をするのがおすすめ。

海岸の特設ステージでは、花火をバックに情熱的なフラメンコのステージを楽しむことができますよ。

8.木更津港まつり花火大会

・日時:2018年8月15日(水) 午後7時10分~8時半

・場所:千葉県木更津市富士見 木更津港周辺 中の島大橋付近

・アクセス:
<電車の場合>
JR木更津駅西口から徒歩10分
<車の場合>
館山道木更津南ICから国道127号・16号経由で車で10分

・打ち上げ数:10,000発

千葉県木更津市で開催される「木更津港まつり」の最後を飾るイベント。

見どころは、関東最大級の特大スターマインと尺玉の連発が圧巻のフィナーレやスターマインといっしょに打ちあがるナイアガラの滝。10000発の花火が照らし出す中の島大橋の景色も見どころのひとつ。

打ち上げ会場周辺での観賞以外にも、東京湾アクアラインの海ほたるパーキングエリアから観賞するのも人気。平日の花火大会なので、他の花火大会よりは穴場かも!?

9.流山花火大会

・日時:2018年8月25日(土) 午後7時~8時20分

・場所:千葉県流山市流山1丁目~3丁目 江戸川堤

・アクセス:流鉄流山線流山駅または平和台駅から徒歩5分

・打ち上げ数:14,000発

流山花火大会は、埼玉県の「三郷花火大会」と同時開催のイベント。

見どころは、花火と音楽がシンクロした「流山スカイミュージカル」やスターマイン、連発花火など盛りだくさん。三郷市と同時開催なので、三郷花火大会の花火も同時に楽しめるのが魅力。

河川敷が会場になっているのでビューポイントが広く、どこからでもきれいな花火を見ることができますよ。

10.成田市花火大会

・日時:2018年は未定(2017年は10月14日でした)

・場所:千葉県成田市台方 成田ニュータウンスポーツ広場周辺

・アクセス:
JR成田駅または京成電鉄京成成田駅または京成電鉄成田湯川駅からタクシーで5分
JR成田駅からはなのき台行バスに乗り12分→はなのき台下車徒歩10分
京成電鉄成田湯川駅から吾妻経由JR成田駅行バスに乗り8分→ボンベルタ前下車徒歩約20分

・打ち上げ数:10,000発

成田市花火大会は、2010年に世界初の「観客参加型花火大会」としてグッドデザイン賞を受賞したイベント。

1番の見どころは、音楽と花火をシンクロさせた「花火ファンタジア4部構成」。世界屈指の花火アーティストによる、日本初「花火タワー」を取り入れた演出は、他の花火大会では味わえないので必見。

フィナーレの「NARITA黄金伝説」ではラスト1分間で1500発もの花火が打ち上がるので、最後まで見逃せません。夏の花火もいいけど、秋の花火もおすすめですよ。

さいごに

千葉のおすすめ花火大会10選を紹介しました。

打ち上げ数が多く、演出にもこだわった花火大会ばかりでしたね。気になる花火大会へぜひ出かけてみてくださいね。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA