中尊寺の紅葉2018の見ごろ・時期はいつ?ライトアップ情報も紹介!

中尊寺の紅葉2018の見ごろ・時期はいつ?ライトアップ情報も紹介!

中尊寺は、金色堂はじめ3000点以上の国宝や重要文化財・史跡のある平泉を代表する観光スポット。秋には紅葉の名所としても人気で、たくさんの人が訪れます。

そこで今回は、中尊寺の紅葉2018の見ごろ・時期やライトアップ、ライブカメラ、平泉のおすすめ紅葉スポット、グルメスポットなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

中尊寺の紅葉2018の基本情報

・見ごろの時期:10月下旬~11月上旬

・場所:岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202

・アクセス:
<電車の場合>
JR平泉駅から車で約5分
JR一ノ関駅から車で約30分
<車の場合>
東北自動車道平泉前沢ICから国道4号経由約5分
一関ICから国道4号経由約20分

・紅葉する木の種類:ヤマモミジ、イロハモミジ

・開園時間:金色堂などは午前8時半~午後5時
(11月4日~2月末日は~午後4時半まで)

・入園料:金色堂など
大人→800円
高校生→500円
中学生→300円
小学生→200円

・駐車場:有料(平泉町営駐車場)

・問い合わせ先:TEL 0191-46-2211(中尊寺事務局)

中尊寺の紅葉2018の見どころ

中尊寺は、奥州藤原氏4代の廟所・金色堂があることで有名な古刹。

850年に慈覚大師によって開かれ、12世紀初めに藤原初代清衡が戦死者への供養と悠久の平和を願って再興した場所。世界遺産にも登録されている平泉を代表する名所なんですよ。

10月下旬から11月上旬にかけてヤマモミジやイロハモミジが鮮やかに色づき、境内を彩ります。

境内には金色堂をはじめとする国宝・重要文化財と紅葉とのコラボレーションを見られるのが見どころです。赤や橙、黄色のグラデーションがとてもきれいですよね。

広い境内は散策にぴったり。いろんな表情の紅葉を楽しむことができますよ。

中尊寺は御朱印も人気

中尊寺では、御朱印も人気があります。

本堂や弁天堂など、いろんな場所でいただけますが、やっぱり金色堂でいただくのがおすすめ。金色堂の御朱印は、他の場所ではいただけない見開きなんです。拝観料はかかりますが、ぜひいただいておきたいですね。

中尊寺の紅葉2018の紅葉まつり

毎年11月1日~3日には秋の藤原まつりが開催されます。

おまつりでは、中尊寺では藤原四代公追善法要、稚児行列、野外能楽堂では「中尊寺能」が奉納されます。また、毛越寺の浄土庭園では、優雅な「延年の舞」を見ることができます。

期間中は、中尊寺・毛越寺の境内で鹿踊りや神楽などの郷土芸能も堪能できるので、おまつりに合わせて出かけてみるのもおすすめですよ。

ライトアップは?

見ごろの時期に合わせて参道がライトアップされます。実は、ライトアップは去年から始まったばかりなんですよ。

ライトアップの時間は午後4時~6時。

昼間の紅葉も鮮やかできれいでしたが、ライトアップされた紅葉はより美しく神秘的に見えますね。頭上の木々がライトに照らされて、まるでトンネルのよう。

昼間とは違った紅葉を見に出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

紅葉が楽しめる平泉の観光スポット

中尊寺に来たら、平泉の観光も楽しみたいですよね。そこで、紅葉を楽しめる平泉を代表する観光スポットを2つご紹介します。

毛越寺

・場所:岩手県西磐井郡平泉町平泉大沢58

毛越寺は、世界遺産・平泉を構成する寺院のひとつ。紅葉は10月下旬から11月中旬が見ごろ。趣ある浄土庭園が真っ赤に染まったモミジに彩られて、より風情を感じられます。

特に、庭園の中心にある「大泉が池」は絶景で、水面に映る紅葉の美しさは格別。

達谷窟毘沙門堂

・場所:岩手県西磐井郡平泉町平泉

達谷窟毘沙門堂は1200年以上の歴史を持つ寺院で、坂上田村麿公が創建したといわれています。境内全域が史跡に指定されているんですよ。

参道にはモミジやイチョウなど、見ごろが異なる木々が立ち並んでいるので、長い期間紅葉を楽しめるのが魅力。巨大な岩壁に寄り添うように朱塗りの堂と紅葉を同時に見られるなんて素敵ですよね。

平泉観光におすすめのグルメスポット2選

観光であちこち歩いていると小腹が空いてきますよね。食事をするにはちょっと早いし軽く何か食べたいな~という時にぴったりのカフェを2つご紹介します。

カフェ琥珀

・場所:西磐井郡平泉町平泉字志羅山8-34

・営業時間:
午前8時~午後10時(火~土)
午前8時~午後6時(日月祝)

平泉駅から徒歩3分、毛越寺に近い場所にあります。こちらのカフェでは、秀衡塗の器に美しく盛り付けられ、金粉がかけられたフルーツあんみつ「秀衡あんみつ」がおすすめ。

白玉に見えるのは地元産のもち米で作った小さいおもちで、お茶は一関市産の桑の葉茶というこだわり。挽きたてコーヒーと手作りレアチーズケーキも自慢。ランチメニューもあるのでお食事にも最適です。

KOZENJI Café

・場所:岩手県西磐井郡平泉町平泉字樋渡50-2

・営業時間:午前10時~午後6時
(11月~4月までは午前10時半~午後5時)

コゼンジカフェではブルーベリー農家ならではのジェラートを味わえるお店。

自家栽培のブルーベリーを贅沢に使ったジェラートはもちろん、いわて牛乳ジェラートや桑の葉あずき、かぼちゃ&ラムレーズンなど種類豊富。

おすすめは、1つで5種類のフレーバーを楽しめる「おまかせ5種のアイス」。フレーバーを1つに決められないというあなたにぴったり。手焼きのワッフルコーンというのも珍しい!

さいごに

中尊寺の紅葉2018を紹介しました。

歴史を感じる場所で紅葉を楽しめるのが魅力的でしたね。周辺には観光スポットや名所がたくさんあるので、秋のお出かけにおすすめですよ。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA