大興善寺の紅葉2018の見ごろ・時期はいつ?ライトアップ情報も紹介!

大興善寺の紅葉2018の見ごろ・時期はいつ?ライトアップ情報も紹介!

大興善寺は佐賀と福岡の県境にある古刹で、つつじやモミジなど四季折々の景色を楽しめるスポット。紅葉の美しさは絶景で、たくさんの人が紅葉狩りに訪れるんですよ。

そこで今回は、大興善寺の紅葉2018の見ごろ・時期やライトアップ、ランチスポット、恋人の聖地などを紹介していきます。

スポンサーリンク

大興善寺の紅葉2018の基本情報

・見ごろの時期:11月中旬~12月上旬

・場所:佐賀県三養基郡基山町大字園部3628

・アクセス:
<電車の場合>
JR基山駅から車で約10分
JR新鳥栖駅から車で約20分
<車の場合>
九州自動車道筑紫野ICから鳥栖筑紫野道路園部IC経由で約5分
紅葉のピーク時にはJR基山駅から臨時バス運行

・駐車場:700台

・紅葉する木の種類:モミジ、イチョウ

・開園時間:午前8時半~午後5時(ライトアップは午後5時~9時)

・入園料:境内は無料(契園は大人500円・小中学生300円)

・問い合わせ先:TEL 0942-92-2627

・公式サイト:大興善寺

大興善寺の紅葉2018の見どころ

大興善寺の境内でも紅葉は楽しめるのですが、1番の見どころは、福岡県筑紫野市と佐賀県基山町にまたがる契山ふもとの山林植物園「大興善寺契園」。

起伏の激しい山の斜面を赤く染まったモミジ約500本が彩り、見上げても見下ろしても紅葉が楽しめるのが魅力。

きれいに整備された散策路があるので、紅葉はもちろん、山の自然もゆっくりのんびりと眺めることができますよ。

日本らしさを感じる境内と紅葉が融合した景色は絶景!11月中旬から見ごろを迎えますが、モミジのじゅうたんが一面に広がる紅葉の終わりもおすすめ。

スポンサーリンク

大興善寺の紅葉2018の催し

見ごろの時期には様々な催しが行われています。この時期ならではの大興善寺をぜひ楽しんでくださいね。

ライトアップ

例年、紅葉ライトアップは9日間実施されます。(2017年は11月18日~26日でした。)

紅葉ライトアップ「契山の灯り物語」では、出逢い結ばれるまでの形を4つの過程に分け、旧跡と紅葉を灯します。

昼間のさわやかな紅葉の景色もきれいでしたが、ライトアップされた紅葉は豪華絢爛で絶景。その光景に思わず見入ってしまいますよ。

ライトアップの他には・・・

  • 太鼓や二胡などの演奏を楽しめるもみじコンサート
  • 筑紫中央高校書道部による書道パフォーマンス
  • 朝採れの新鮮野菜や果物など、ご当地の特産品が並ぶ即売会門前市「大収穫祭」
  • 大興善寺本堂内にて法要と講演を行う開創1300年記念法要
  • 三味線、大正琴、三味線、ギターの演奏が行われる演芸奉納
  • 御詠歌・御詠舞大会

など、たくさんの催しが行われました。今年はどんな催しが行われるのか楽しみですね。

ひとやすみにおすすめ!うどんウエスト

見ごろの時期には大興善寺契園に「うどんウエストが期間限定オープン!

ここでしか食べられない具だくさんの「大興善寺うどん」はぜひ食べておきたい。他にも、うどんウエストの定番メニューを味わうことができますよ。

また、季節限定で営業しているお抹茶処では、日本庭園を眺めながら、お抹茶やコーヒーをいただくことができます。散策のひとやすみに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

大興善寺のおすすめスポット

2012年7月、大興善寺契山は全国115番目の「恋人の聖地」に選定されました。

お寺が恋人の聖地に選ばれるなんて珍しいですよね。モニュメントもあるので、散策の途中にぜひ立ち寄ってみましょう!

山頂での神様の婚儀が契山の由来といわれていることもあって、恋人の聖地に選定されているスポット。ここには、「最強金属で作ったハートのモニュメント」があるんです。

テレビ番組「ほこ×たて」で一躍有名になった「日本タングステン株式会社」基山工場の技術者が制作したものなんです。僕もこの番組を見ていたので、「お~!あの会社が作ったのか~」とちょっと親しみがわきました(笑)

この地を訪れる全ての人が「恋愛・学問・悩み事に、絶対壊れない強い心で打ち勝つ」ように、大興善寺の神原住職による祈願が行われたモニュメントなので、恋人の聖地でありパワースポットでもありますね。記念撮影をお忘れなく♪

基山町のおすすめランチスポット2選

紅葉を楽しんだ後は、基山町のグルメを味わいませんか?基山町には気軽に味わえるローカルグルメがあります。その中から特におすすめの2つを紹介します。

丸幸ラーメンセンター

・場所:佐賀県三養基郡基山町小倉1642

・営業時間:午前9時~午後11時半

佐賀県の中でも人気のあるラーメン店。

超高圧の蒸気ボイラーで一気に炊き上げたとんこつ100%の白いスープ・その日の天候や湿度で配合を変えて仕上げるストレート中細麺・基山水系からの伏流水から汲み上げた水が丸幸ラーメンのおいしさの秘訣。

臭みがなく、あっさりとしたとんこつスープはコクがあり、麺とよく絡んで美味。リーズナブルなのも嬉しいポイントです。

Wスパイス

・場所:佐賀県三養基郡基山町宮浦222

・営業時間:午前11時半~午後2時半、午後5時~9時

ミシュランガイド福岡・佐賀2014に掲載されたことのあるカレー専門店。

看板メニューのカレーは、あめ色になるまでじっくり炒めた玉ねぎと豚肉の甘みを感じるやさしい味。子どもから大人まで人気があります。カツカレーや唐揚げのトッピングが人気。1日限定10食の基山スープカレーは、たっぷりの野菜を使ったピリッと辛い味がクセになります。

「カレーもスープカレーも食べたい!」「カレーとハヤシを食べたい」という方にはWメニューがおすすめ。お好みのカレー2種類を同時に味わうことができて、しかもリーズナブルでお腹も心も大満足間違いなし。

さいごに

大興善寺の紅葉2018を紹介しました。

山寺ならではの雄大な紅葉が見事なスポットでしたね。恋人の聖地や基山町グルメなど、観光にもぴったりなので、ぜひ出かけてみてくださいね。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA