五家荘の紅葉2018の見ごろ・時期はいつ?紅葉祭や観光スポットも紹介!

五家荘の紅葉2018の見ごろ・時期はいつ?紅葉祭や観光スポットも紹介!

五家荘は、「椎原・仁田尾・樅木・葉木・久連子」の5つの集落の総称で、日本有数の秘境を彩る紅葉が有名なスポット。平家の落人伝説が残る場所としても知られているんですよ。

そこで今回は、五家荘の紅葉2018の見ごろや時期、紅葉祭、観光スポットなどについて紹介します。

スポンサーリンク

五家荘の紅葉2018の基本情報

・見ごろの時期:10月下旬~11月下旬

・場所:熊本県八代市泉町

・アクセス:
<電車の場合>
JR有佐駅からタクシーで約70分
<車の場合>
九州自動車道松橋ICから国道218号・445号経由で約90分

・紅葉する木の種類:モミジ、カエデ、ブナ、ドウダンツツジ

・問い合わせ先:
0965-67-2111(八代市泉支所 総務振興課)
0965-36-5800(五家荘観光案内所)

・参考サイト:五家荘ねっと

五家荘の紅葉2018の見どころ

九州脊梁に囲まれて点在する五家荘には、各所に見どころがあります。たくさんあるスポットの中でも特に紅葉がきれいなスポットを3か所ご紹介します。

1.平家の里

平家の里は、展示品や映像・人形パビリオンなどで「平家落人伝説」を今に伝えるテーマ施設。

園内には豊かな自然が広がっていて、茅葺き屋根の古民家と赤や橙・黄色の紅葉のコラボレーションがとてもきれい。また、色鮮やかな木々に囲まれた朱色の能舞台もぜひ見ておきたい。

2.梅の木轟公園吊橋

梅の木轟公園吊橋は、ロープを1本も使わずにつくられている珍しい橋。

長さ116m・高さ55mから見渡す紅葉は、橋のスリルと組み合わさって、とても壮大で見ごたえがあります。赤や橙・黄色・緑がパッチワークのようにきれいですよね。写真撮影にもぴったり。

3.せんだん轟の滝

せんだん轟の滝は、日本の滝百選のひとつに選ばれているスポット。高さ70mのから流れ落ちる滝飛沫はダイナミックで、きれいな紅葉との景色はまるで絵画のよう。

道路沿いの展望所からも見ることができますが、展望所そばのつり橋を渡ると直径約8mの滝壷の目の前まで行くことができるのでおすすめ。

例年、見ごろは10月下旬~11月下旬ですが、特に11月中旬にきれいな紅葉を見ることができますよ♪

スポンサーリンク

五家荘の紅葉2018の紅葉祭

五家荘の紅葉の見ごろに合わせて紅葉祭が開催されます。おすすめの催しと併せて、交通規制なども紹介します。

平家の里 琵琶と夜神楽

・場所:平家の里(八代市泉町樅木160-1)

・入場料:大人410円、小人200円

平家の里能舞台で、琵琶の弾き語りと地元の「樅木神楽」などが披露されます。紅葉した木々に囲まれた能舞台は風情がありますよ。

緒方家イベント

・場所:緒方家(八代市泉町椎原46)

・入場料:大人200円、小人100円

緒方家庭園で、久連子古代踊り保存会による国選択重要無形文化財の「久連子古代踊り」と小島氏による「筑前琵琶」などが披露されます。

久連子古代踊りは国選択無形重要文化財で、壇ノ浦の戦いで破れた平家の落人達が、都を偲んで舞ったと言い伝えられている踊りなんですよ。

1年でこの踊りが見られるのは、毎年8月15日・9月1日・11月3日の3回だけ。ぜひ見てみたいですよね。

左座家茶会

・場所:左座家(八代市泉町仁田尾64)

・入場料:大人200円、小人100円

菅原道真ゆかりの左座家で煎茶をいただくことができます。

平安時代、菅原道真の嫡男は敵である藤原一族の追討を避けるため左座太郎と改名し、五家荘仁田尾の地に落ち延びたといわれています。歴史を感じつつ、紅葉を眺めながらお茶をいただいてみてはいかがでしょうか。

紅葉祭期間中の交通規制について

紅葉祭期間中のイベント日は、車両通行止めや一方通行などの交通規制が行われています。道が狭い場所が多いので、気を付けて運転しましょう。

※ちなみに、各スポットに駐車場が設けられているので安心です。

五家荘のおすすめランチスポット2選

紅葉巡りをしているとお腹が空きますよね。そんな時にはぜひ五家荘のおいしいグルメを味わいませんか?たくさんあるグルメスポットの中から、気軽に立ち寄りやすい2つを紹介します。

食事の館 天領庵

・場所:熊本県八代市泉町樅木106-13

・営業時間:午前8時~午後8時

樅木の吊橋のそばにある天領庵は、五家荘ならではの山の幸を堪能できるスポット。和風で落ち着いた店内は、ゆっくりお食事をするのに最適な空間。

メニューは豊富に揃っていますが、中でもおすすめしたいのが「ジビエ料理」。猪肉や鹿肉はちょっと抵抗があるという方も多いかもしれませんが、山で獲ってきた新鮮なものなので、臭みもなくおいしく味わえるんですよ。

他にも、山菜料理やヤマメの塩焼きなど、五家荘らしいメニューをぜひ味わってみてください。

炉丹 (ふれあいセンターいずみ内)

・場所:熊本県八代市泉町下岳3296番地1

・営業時間:午前11時~午後5時

五家荘の道の駅的なスポット「ふれあいセンターいずみ」内にあるお食事処なので、どなたでも気軽に立ち寄ることができます。

メニューは、ヤマメの塩焼きやみつせ鶏の味噌漬け・地鶏の竜田揚げなどを味わえる定食類が充実。他には、猪肉味噌炒めや鹿肉のかつ丼、肥皇ポークの定食なども味わうことができるので、五家荘のグルメを堪能できちゃいます。

隣接した特産品販売コーナーでお土産を買って帰るのもおすすめ。

さいごに

五家荘の紅葉2018を紹介しました。

豊かな自然に囲まれた紅葉スポットは、どこも見ごたえがありましたね。五家荘にはまだまだいろんな見どころがあるので、秋の観光に出かけてみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA