はままつフラワーパークの桜2018!見頃・開花はいつ?園内施設も紹介!

はままつフラワーパークの桜2018!見頃・開花はいつ?園内施設も紹介!

はままつフラワーパークは、四季折々3000種10万本の花と緑が楽しめるスポット。

映画の撮影に使用されたほどの美しさを誇るソメイヨシノの桜並木が美しく、たくさんの花見客でにぎわいます。園内には子どもが楽しめる施設もあるので、ファミリーでのお出かけにもおすすめ。

今回は、はままつフラワーパークのお花見2018の開花情報、桜、花フェスタ、園内施設などを紹介します。

スポンサーリンク

はままつフラワーパークの桜2018の基本情報

・見頃の時期:3月下旬~4月中旬

・桜まつりの日程:2018年3月21日~6月10日(浜名湖花フェスタ)

・住所:静岡県浜松市西区舘山寺町195

・アクセス:
<電車の場合>
JR浜松駅から舘山寺温泉行き遠鉄バス約40分「フラワーパーク」下車徒歩すぐ
<車の場合>
東名高速浜松西ICから約15分

・駐車場:600台(1回200円)

・開園時間:午前8時半~午後5時半(ライトアップ時は延長)

・入園料:
大人(高校生以上)600~1,000円
小中学生300~500円
※花の咲き具合等による園の美しさによって変動

・問い合わせ先:TEL 053-487-0511

・公式サイト:はままつフラワーパーク

はままつフラワーパークの桜2018の見どころ

はままつフラワーパークの春は、色とりどりの花に彩られてとってもきれい。1年の中で特に人気のある季節です。

桜は160品種1700本あり、早咲きのサクラが400本・ソメイヨシノが500本・ヤマザクラとシダレザクラなどが200本植えられています。

他には、八重咲き里桜が130品種600本植えられているので、長い期間桜を楽しむことができるのが魅力。

桜が見頃の時期にはラッパスイセンや原種ツツジもきれいに咲いているので、ぜひ眺めてみてくださいね。桜の開花情報はこちらをチェック!↓

はままつフラワーパークの桜2018の桜まつり情報

はままつフラワーパークでは、桜とチューリップが見ごろを迎える頃に「浜名湖花フェスタ」を開催します。

1300本の桜と50万球のチューリップの競演が見どころの花フェスタでは、絵に描いたようなきれいな花畑を望むことができるのが魅力。のんびり散策しながら春を満喫しましょう♪

夜桜ライトアップ

ライトアップももちろんあります!昼間とは違った幻想的な景色を楽しめますよ。

3月下旬~4月上旬(予定)の日没から午後9時まで夜桜を楽しむことができるので、お仕事帰りやお出かけの帰りに立ち寄るのにもおすすめ。

週末には音楽イベント(オカリナコンサートなど)や子どもイベント、体験教室も行われます。

スポンサーリンク

はままつフラワーパークの桜2018の混雑予想

お花見に行きたいけど混雑が気になりますよね。混雑する時間帯と空いている時間帯を知っておけば安心して出かけられるので、参考にしてくださいね。

<混雑する時間帯>
土日祝
<空いている時間帯>
平日

混雑するのはやっぱり土日祝ですね。でも、駐車場も園内も広々としているので、散策するのに困るほどの混雑ではないのでご安心を。

ご飯時はカフェが混雑する場合があるので、お弁当を持ってきてピクニックを楽しむのもおすすめ。空いているのは平日。平日ならどの時間帯に行ってもゆっくりお花見を楽しむことができます。

はままつフラワーパークの子ども連れにおすすめの施設

はままつフラワーパークはお花がきれいなだけではありません!子ども連れに人気の施設をいくつか紹介します。

フラワートレイン

園内1周を約15分で周るフラワートレイン。

身体の不自由な方はもちろん、子どもたちにも人気の乗り物です。フラワートレインに乗りながら園内を眺めると、また違った景色を楽しめますよ。

・料金:大人100円、子ども50円

こども広場

こども広場には観覧車やふわふわ遊具、おもしろ自転車、バッテリーカーなどが揃っています。

どれも100円~200円とリーズナブルなので、お財布にやさしいのがいいですね(有料遊具は土日祝のみ営業)!

無料で遊べる恐竜すべり台も楽しいですよ♪

はままつフラワーパークの後におすすめの観光スポット2選

はままつフラワーパークでお花見を楽しんだ後は、せっかくなので観光も楽しみませんか?周辺には観光スポットがいろいろあるので、その中からおすすめのスポットを2つご紹介します。

1.アグリス浜名湖

・住所:静岡県浜松市西区平松町2014-1

・営業時間:午前9時~午後4時

・料金:
1月~3月→小学生以上1,600円、幼児1,400円
4月~5月上旬→小学生以上1,200円、幼児1,000円

はままつフラワーパークからすぐの場所にある観光いちご園。ハウスの中なので急な雨でもOK。通路が広めなのでベビーカーや車いすでも通りやすく、高設栽培なので足元も汚れないので安心です。

完熟した章姫や紅ほっぺは甘くてジューシー。30分間おいしいいちごを堪能できますよ。ふれあい市場には浜名湖周辺の切り花や鉢花、野菜、果物が揃っているので、お土産にもおすすめ。

2.かんざんじロープウェイ

・住所:静岡県浜松市西区舘山寺町1891

・営業時間:午前9時~午後4時半

・料金:
大人(中学生以上)→往復820円、片道410円
小人(3歳~小学生)→往復410円、片道205円

日本で唯一湖上を渡るロープウェイ。全長723m・片道約4分の空中散歩では、大きな窓から浜名湖の絶景と自然豊かな大草山を望むことができます。

展望台からは浜名湖を360度見渡すことができるほか、空気が澄んでいる日には遠く富士山を望むこともできるんですよ。

大草山の頂上には浜名湖オルゴールミュージアムがあるので、立ち寄ってみるのもおすすめ。

さいごに

はままつフラワーパークの桜2018を紹介しました。

桜だけでなく、春を満喫できる色とりどりの花々を楽しめるのも魅力的でしたね。周辺には観光スポットもたくさんあるので、お花見と観光を同時に楽しめますよ。

2018年のお花見は、はままつフラワーパークへ出かけてみませんか?

【要チェック!】

東海のおすすめお花見スポット10選を紹介しています。

どのスポットも人気で、毎年にぎわってます。2018年の春を感じに行きませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA