日立桜祭り2018の見頃やライトアップ情報は?臨時駐車場も紹介!

日立桜祭り2018の見頃やライトアップ情報は?臨時駐車場も紹介!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

日立さくらまつりは、「日本さくら名所100選」に選ばれている日立駅前から続く平和通りとかみね公園を中心に行われます。

さくらまつり期間中はライトアップやユネスコ無形文化遺産に登録された迫力満点の「日立風流物」などさまざまなイベントが行われるので、たくさんの花見客でにぎわいます。

今回は、日立さくらまつり2018の期間や交通規制、駐車場情報などを紹介します。

スポンサーリンク

日立桜祭り2018の基本情報

・桜まつりの日程:2018年4月1日(日)~4月15日(日)
※平和通りイベントは4月7日と8日

・見ごろの時期:4月上旬~4月中旬

・場所:
【平和通り】(茨城県日立市平和町・幸町・弁天町・鹿島町他)

【かみね公園】(茨城県日立市宮田町5-2-22)

【十王パノラマ公園】(茨城県日立市十王町友部1085)

・アクセス:
【平和通り】
JR日立駅から徒歩1分

【かみね公園】
<電車&バスの場合>
JR日立駅から日立電鉄バスかみね公園方面行きで10分
→神峰公園口下車後徒歩3分
<車の場合>
常磐自動車道日立中央ICから車で3km

【十王パノラマ公園】
<電車の場合>
JR十王駅から徒歩50分
<車の場合>
常磐道日立北ICから10分

・駐車場:かみね公園に約500台

・開園時間:24時間開放

・入園料:無料

・問い合わせ先:TEL 0294-51-3972(日立市観光物産協会)

・公式サイト:観光いばらき

日立桜祭り2018の見どころ

日立さくらまつりの日程は4月1日~15日ですが、例年見ごろを迎えるのは15日前後のようです。平和通りでイベントが行われる7、8日には見ごろにはちょっと早いかもしれません。

15日前後の見ごろを迎えると、平和通りはこんなにきれいな桜のトンネルになりますよ。満開の桜のトンネルをぜひ見たいですよね!

スポンサーリンク

日立桜祭り2018の混雑予想

日立さくらまつりは、茨城県の中でも人気のさくらまつり。期間中は混雑すると思っておいたほうがいいですね。特に混雑する日時と空いている日時を知っておけば安心。参考にしてくださいね。

<混雑する日時>
土日終日
<空いている日時>
イベントのない平日

イベントが行われる土日はとても混雑します。駐車場も停めるのに時間がかかってしまうので、可能な方は公共交通機関を利用するのがおすすめ。

交通規制

例年同じような交通規制がされているので、今年もこのような交通規制になると予想されます。参考までに。

  • 第1週目(日曜日)12時~18時 市民会館通り~けやき通り間(市民会館通り、けやき通り)
  • 第2週目(金曜日)18時~20時30分 市民会館通り~けやき通り間(市民会館通り、けやき通り)
  • 第2週目(土曜日)11時~20時30分 国道6号~日立駅前間(けやき通り)
  • 第2週目(日曜日)8時30分~20時 国道6号~日立駅前間(けやき通り)

駐車場情報

日立駅周辺の有料駐車場は、交通規制のため利用できません。

臨時駐車場として毎年推奨されているのがかみね公園日立ゴルフクラブです。臨時駐車場からは無料のシャトルバスが運行される予定なので、ぜひ利用しましょう。

かみね公園からなら徒歩でもOK。

日立かみね公園

・住所:茨城県日立市宮田町5丁目2-22

日立ゴルフクラブ

・住所:茨城県日立市滑川町3033

日立桜祭り2018のおすすめお花見スポット2選

1.かみね公園

ひとつめのおすすめスポットはかみね公園

園内の自然の丘陵地に咲くソメイヨシノなど約1000本の桜は、「日本さくら名所100選」にも選ばれているんですよ。

動物園・遊園地・レジャーランドなど、1日中家族連れで楽しめる総合公園なので、レジャーを楽しみながらお花見も楽しみたいあなたにぴったり。

2.十王パノラマ公園

ふたつめのおすすめスポットは十王パノラマ公園です。

広々とした園内にはソメイヨシノや彼岸桜、彼岸枝垂れ、ヤマザクラなど約400本の桜が植えられていて、長い期間桜を楽しむことができるのが魅力。

満開の時期には高さ20mのUFO型の展望台からの360度のパノラマが絶景で、目下に広がる桜がとてもきれいですよ。

桜以外にも四季折々の花が植えられている花の谷や子どもに人気の大型遊具やローラー滑り台などもあるので、家族連れにおすすめ。

ただし、駐車場が56台と少なめなので、さくらまつり期間中の土日は特に混雑が予想されます。

日立桜祭り2018のライトアップと日立風流物他

日立さくらまつりではライトアップももちろん開催。

平和通りでは照明によるライトアップ、かみね公園と十王パノラマ公園では提灯や行灯によるライトアップが行われます。昼間とは違った幻想的な雰囲気の桜もきれいですよね。

平和通りの歩道には屋台がたくさん並んでいるので、食べ歩きをしながらお花見を楽しむ方が多いですよ。仕事帰りにもぴったりですね。

日立風流物

日立さくらまつりで桜以外での見どころといえば、日立風流物これを見に遠方から来る方も多いんですよ。

日立風流物は山車として国内で初めて国の重要有形民俗文化財重要無形民俗文化財に指定されました。2009年にはユネスコ無形文化遺産となり、その後2016年に「山・鉾・屋台行事」として改めて登録された貴重な山車なんですよ。

ひとつの祭事に対して2つの文化財に指定されているのは、京都の祇園祭をはじめとした5つだけ。京都と並ぶなんて、茨城県もすごいですね!

高さ15mの山車の上で繰り広げられる「からくり人形」の芝居をぜひ楽しみましょう。

その他イベント情報

日立風流物の公開やライトアップ以外にもイベントが盛りだくさん!

  • グルメフェス
  • 日立のささら公開
    (市内7か所のささらをまとめて日立ささらという。県無形民族文化財に指定されている獅子舞)
  • おみこしパレード
  • 歩行者天国
  • 相馬野馬追披露

桜だけでなくグルメや伝統芸能も楽しめる充実のさくらまつりですね。ぜひイベント日に出かけましょう♪

さいごに

以上が日立さくらまつり2018の紹介でした。

桜の景色と日立風流物のコラボレーションはぜひ見てほしいポイントです!2018年のお花見は、日立さくらまつりへ出かけてみませんか?

【要チェック!】

茨城のおすすめお花見スポット7選を紹介しています。

どのスポットも桜まつりが開催され、毎年にぎわいます。2018年の春を感じに行きませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA