【2019年】北海道・東北の定番初詣スポット5選!参拝客数順にランキングで紹介!

【2019年】北海道・東北の定番初詣スポット5選!参拝客数順にランキングで紹介!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

2019年の初詣はどこに行くか決まっていますか?

北海道・東北地方に在住の方はもちろん、帰省中の方もいるかと思います。北海道・東北地方も関東や関西に負けず劣らず初詣の参拝客数が多くてご利益にあずかれるスポットがたくさんあるんですよ。初詣をして新年を気持ちよくスタートさせたいですよね。

今回は、2019年におすすめ!北海道・東北の定番初詣スポットを参拝客数順にランキングで5つ紹介します。

第5位 開成山大神宮(福島県/20万人)

【2019年】北海道・東北の定番初詣スポット5選!参拝客数順にランキングで紹介!

・参拝時間:終日開放

・住所:福島県郡山市開成3-1-38

・アクセス:JR郡山駅から車で約15分

「東北のお伊勢さま」として親しまれている開成山大神宮は、明治時代に創建された割と新しい神社。開拓者の心のよりどころにするべく、伊勢神宮から御分霊を勧請して建てられたのだそう。

ご祭神は天照大御神で、農業・商業・工業・水産業等衣食住の守護神として知られる豊受大神と、初めて日本の国を治めた神武天皇も祀られています。

元旦の0:00から行われる歳旦祭では、伝統芸能「開成山太鼓」の音が鳴り響きます。境内には開運のご利益を授かれる稲荷神社もあるので、ぜひ参拝しておきましょう。

第4位 盛岡八幡宮(岩手県/21.5万人)

【2019年】北海道・東北の定番初詣スポット5選!参拝客数順にランキングで紹介!

・参拝時間:12月31日9:00~1月3日まで終日開放

・住所:岩手県盛岡市八幡町13-1

・アクセス:
<電車>
JR盛岡駅から徒歩30分
<車>
東北自動車道 盛岡南ICから約15分

地元の方に「お八幡さん」と呼ばれ親しまれている盛岡八幡宮は、建立から300年以上の歴史を誇ります。ご祭神は農業、工業、商業、学問、衣食住など人間生活の根源の神として拝められてきた品陀和気命。

境内には良縁成就恋愛成就のご利益がある縁結美神社飲食店の守り神として知られる高倍神社女性の守り神として知られる梅宮合格祈願の参拝客で賑わう盛岡天神社十二支ごとにひとつずつ守り神が並ぶ十二支神社など、多くのパワースポットがあります。

初詣の際は、自分の願い事にご利益がありそうなスポットへお参りするのがおすすめです。

第3位 竹駒神社(宮城県/48万人)

【2019年】北海道・東北の定番初詣スポット5選!参拝客数順にランキングで紹介!

・参拝時間:
12月31日6:00~1月1日21:00
それ以外は6:00~17:00

・住所:宮城県岩沼市稲荷町1-1

・アクセス:岩沼駅から徒歩約11分

京都府の伏見稲荷大社、茨城県の笠間稲荷と並んで日本三稲荷の1社として数えられることもあります。創建は842年で、東北開拓と産業開発の大神として伏見稲荷を勧請したのが始まり。

ご祭神は衣・食・住の守護神である倉稲魂神(うかのみたまのかみ)保食神(うけもちのかみ)稚産霊神(わくむすびのかみ)の三柱を祀っています。

家内安全や商売繁盛、航海安全、安産祈願などのご利益があるといわれている他、心身の健康や家事を担う人成人前の子どもの守護に効果を発揮するといわれています。これは家族みんなで参拝しないとですね!

第2位 鹽竈(塩釜)・志波彦神社(宮城県/55万人)

【2019年】北海道・東北の定番初詣スポット5選!参拝客数順にランキングで紹介!

・参拝時間:終日開放

・住所:宮城県塩竈市一森山1-1

・アクセス:
<電車>
JR仙石線本塩釜駅から徒歩15分
JR東北本線塩釜駅から車で約5分
<車>
三陸自動車道 利府中ICから約10分

鹽竃(塩釜)神社と志波彦神社は、2つの神社が同じ境内にある珍しいスポット

全国の鹽竃(塩釜)神社の総本社である鹽竈神社の御祭神は、塩、港、智恵、生命、潮の干満などを司る神として知られる塩土老翁神。製塩業や大漁、延命長寿の他に子授けや安産、子育て、縁結びのご利益もあります。

志波彦大神を祀っている志波彦神社は、「延喜式」の2861社の内わずか225社しかない「名神大社」という格別の崇敬を受けていた神社。

境内の社務所で売られている「神塩守」は縁起がよく、もちろん料理にも使えます。「御神塩」を持ち歩けば、悪運を洗い流して浄化してくれるそうなので、ぜひ買っておきたいですね。

第1位 北海道神宮(北海道/82万人)

【2019年】北海道・東北の定番初詣スポット5選!参拝客数順にランキングで紹介!

・参拝時間:
12月31日7:00~16:00
1月1日0:00~19:00
1月2・3日6:00~18:00

・住所:北海道札幌市中央区宮ケ丘474

・アクセス:円山公園駅から徒歩約10分

北海道神宮の創建は明治2年、北海道の開拓と発展の守護神として大国魂神(おおくにたまのかみ)大那牟遅神(おおなむちのかみ)少彦名神(すくなひこなのかみ)の三柱を祀っています。現在では明治天皇も祀られています。

商売繁盛交通安全金運勝負運恋愛運縁結びなどのご利益があるといわれていて、金運のご利益を授かりたい方は第三鳥居から入るのがいいんだそう。

お正月にしか買うことのできない「土鈴(えとすず)」は、北海道神宮内の神宮窯で1つ1つ手作業で作られているもの。二重彫りと呼ばれる伝統工芸品である干支の「招福二倍親子すかし彫り」も人気。貴重な2つをゲットできたら、2019年を幸せに過ごせそうですよね。

さいごに

2019年北海道・東北の定番初詣スポット5選を参拝客数順にランキングで紹介しました。

どのスポットも魅力たっぷりで、初詣にぴったりでしたね。寒い地域での初詣は防寒対策をしっかりして、風邪をひかないように気を付けましょうね。

2019年の初詣は、北海道・東北の定番初詣スポットに出かけてみませんか?

【要チェック!】

日本各地の定番初詣スポット2019を紹介しています。

全国の魅力的なパワースポットに触れてみませんか?

【2019年】日本各地の定番&おすすめ初詣スポットまとめ!今年の初詣はどこへ行く?

あわせて読みたい関連記事

海外旅行の計画を立てるときはコレ!



各社の海外旅行プランを無料で比較!
【タウンライフ旅さがし】

・ネット予約は楽だけど相談しづらい
・店舗予約だと他社比較が面倒

そんな悩みを解決!
ネットの手軽さと店舗の相談しやすさ、両方のいいとこ取りができるサービスを紹介しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA