2018年茨城のお花見・桜の名所7選!桜まつりの開催順に紹介!

2018年茨城のお花見・桜の名所7選!桜まつりの開催順に紹介!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

都道府県魅力度ランキング2017で最下位だった茨城県ですが、そんなことはありません!!お花見を楽しめるスポットは魅力的な場所ばかり。

桜の名所はいろいろありますが、桜まつりが開催されるお花見スポットが特におすすめです!

今回は、2018年茨城県のおすすめ桜まつり7選を開催順に紹介します。

スポンサーリンク

1.土浦さくらまつり

・桜まつりの日程:2018年3月24日(土)~4月8日(日)

・見ごろの時期:3月下旬~4月上旬 ※満開予想日は3月31日です!

・場所:亀城公園(茨城県土浦市中央1-13)など

・アクセス:
<電車の場合>
JR土浦駅から徒歩約15分
<車の場合>
常磐道桜土浦ICから約15分

土浦市の春の風物詩である「土浦さくらまつりは、土浦市にある15か所以上の桜の名所で美しい桜を見たりさまざまなイベントを楽しめます。

亀城公園の歴史ある建造物と桜のコラボレーションや桜のトンネルが美しい竜ヶ峰、約3000本のヤマザクラが咲き誇る県立中央青年の家など見どころいっぱい。

市内に点在する各会場ではライトアップや和洋核団体によるパフォーマンス披露、祭り縁日など楽しいイベント盛りだくさん!

市内各所の桜の名所を巡るまちなか桜めぐりバス」を利用すると便利ですよ。

2.常陸風土記の丘さくらまつり

・桜まつりの日程:2018年4月1日(日)~4月22日(日)

・見ごろの時期:4月上旬~4月下旬

・住所:茨城県石岡市染谷1646

・アクセス:
<電車の場合>
JR常磐線石岡駅から車で10分
<車の場合>
常磐自動車道千代田石岡ICから15分

日本一の獅子頭があることで有名な常陸風土記の丘は、お花見スポットとしても人気があります。

園内には約500本の桜があり、ソメイヨシノ→シダレザクラ→ボタンザクラと、約1カ月に渡って桜を楽しめるのが魅力。中でもシダレザクラのトンネルは美しくておすすめ。

夜にはライトアップされて幻想的な雰囲気に包まれます。さくらまつり期間中は野点やサクラしおり制作、物販コーナーなどのイベントも満喫できます。

スポンサーリンク

3.水戸の桜まつり

・桜まつりの日程:2018年4月1日(日)~4月15日(日)

・見ごろの時期:4月上旬~4月中旬

・住所:茨城県水戸市の桜の名所6ヵ所(偕楽園など)

・アクセス:
<バスの場合>
水戸駅北口偕楽園行きバスで約20分
<車の場合>
常磐自動車道水戸ICから約20分

水戸市の春の風物詩「水戸の桜まつりは、水戸市内の桜の名所6か所で開催。偕楽園や桜山、千波湖畔、桜川、六地蔵寺などの各スポットでソメイヨシノやシダレザクラなどが美しく咲き誇ります。

まつり期間中には桜山・桜川のぼんぼり装飾千波湖畔やお堀の桜のライトアップ偕楽園による野点茶会などが行われ、たくさんの花見客でにぎわいます。

4.福岡堰さくらまつり

・桜まつりの日程:2018年4月6日(金)~4月10日(火)

・見ごろの時期:4月上旬~4月中旬

・住所:茨城県つくばみらい市北山2633-7

・アクセス:
<電車&バスの場合>
関東鉄道常総線水海道駅からバスで約10分
首都圏新都市鉄道みどりの駅からバスで7分
(※さくらまつり期間中は,みらい平駅からシャトルバス運行あり)
<車の場合>
常磐自動車道谷和原IC・谷田部ICから約20分

関東三大堰のひとつである小貝川の福岡堰は、桜の名所としても有名なスポット。茨城観光100選に選定された約600本の桜が約1.8kmにも及ぶ桜のトンネルが見どころです。

桜並木が続く堤には遊歩道や多目的広場が整備されているので、桜をのんびり眺めながらのお散歩を楽しめますよ。

さくらまつり期間中の土日にはステージイベントが行われたり、グルメブースや地元物産販売などが立ち並び、お花見を満喫できます。

5.日立さくらまつり

・桜まつりの日程:2018年4月1日(日)~4月15日(日)
※平和通りイベントは4月7日と8日

・見ごろの時期:4月上旬~4月中旬

・場所:
【平和通り】

【かみね公園】(茨城県日立市宮田町5-2-22)

・アクセス:
【平和通り】
JR日立駅から徒歩1分

【かみね公園】
<電車&バスの場合>
JR日立駅から日立電鉄バスかみね公園方面行きで10分
→神峰公園口下車後徒歩3分
<車の場合>
常磐自動車道日立中央ICから車で3km

日立さくらまつりは、「日本さくら名所100選」に選ばれている日立駅前から続く平和通りとかみね公園を中心に行われています。

夜の平和通りはライトアップされるほか、かみね公園やヤマザクラが美しい十王パノラマ公園では提灯や行灯によるライトアップが行われ、幻想的なお花見を楽しめるのも魅力。

ユネスコ無形文化遺産に登録された迫力満点の「日立風流物は、山車の上で繰り広げられるからくり人形の芝居が最大の見どころです。

スポンサーリンク

6.SAKURAフェスティバル

・桜まつりの日程:2018年4月14日(土)午前9時~午後3時
※雨天時は翌日に順延

・見ごろの時期:4月上旬~4月中旬

・住所:茨城県桜川市磯部740-2

・アクセス:
<電車の場合>
JR岩瀬駅から車約10分
<車の場合>
北関東道桜川筑西ICから約10分

世阿弥の謡曲「桜川」の舞台である桜川のサクラは、珍しい種類の桜が多いことから国の天然記念物名勝に指定されています。

園内にはヤマザクラを中心に約800本の桜が植えられ、花見客を楽しませてくれます。

また、桜の見ごろに合わせて桜川市総合運動公園ではSAKURAフェスティバルを開催。イバラッパーやオニツカサリーによるライブや県内トップクラスのチームによるよさこいフェスタ、桜川市の特産品販売などイベント盛りだくさん。

7.八重桜まつり

・桜まつりの日程:2018年4月17日(火)~5月2日(水)
→イベント日:2018年4月21日(土)・22日(日) ※荒天中止
→夜桜期間:2018年4月21日(土)~29日(日)

・見ごろの時期:4月中旬~4月下旬

・住所:茨城県那珂市静1720-1

・アクセス:
<電車の場合>
JR水郡線 静駅から徒歩で約30分
<車の場合>
常磐自動車道 那珂ICから車で約20分

八重桜まつりは、「日本さくら名所100選」に選ばれた静峰ふるさと公園で行われます。

広々とした園内には約2000本のヤエザクラと約200本のソメイヨシノが植えられ、満開になると視界いっぱいに桜の絶景が広がります。

夜には桜や灯籠のライトアップが行われ、幻想的な雰囲気を楽しむことができるのも魅力。イベント日には郷土芸能コンサートキャラクターショーなどが行われ、お花見をより一層盛り上げてくれます。

さいごに

2018茨城のおすすめ桜まつり7選を紹介しました。

お花見を満喫できる桜まつりがたくさんありましたね。茨城県の北から南までのおすすめ桜まつりを紹介したので、行きやすいスポットへぜひ出かけてみてくださいね。

【要チェック!】

日本各地の定番&おすすめ花見・桜の名所2018を紹介しています。

全国の魅力的なお花見スポットに触れてみませんか?

【2018年】日本各地の定番&おすすめ花見・桜の名所まとめ!今年の花見はどこへ行く?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA