市川市民納涼花火大会2018の日程や見どころは?穴場スポットも紹介!

市川市民納涼花火大会2018の日程や見どころは?穴場スポットも紹介!

市川市民納涼花火大会は、東京都江戸川区の「江戸川区花火大会」と同時開催のイベント。

毎年、テーマごとにさまざまな花火を見られることで知られています。江戸川区よりも市川市の方が空いているのでおすすめですよ。

そこで今回は、市川市民納涼花火大会2018の日程や見どころ、有料席や穴場スポットなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

市川市民納涼花火大会2018の基本情報

・日時:2018年8月4日(土) 午後7時15分~8時30分予定

・打ち上げ場所:千葉県市川市大洲3丁目地先、江戸川河川敷

・アクセス:
JR市川駅から徒歩15分
京成電鉄国府台駅から徒歩30分
JR・都営地下鉄本八幡駅から徒歩30分

・打ち上げ数:14000発

・人出数:49万人(東京側と合わせると140万人)

・駐車場:なし(市立大洲中学校の校庭は臨時駐輪場になっています)

・トイレの数:仮設約230基

・問い合わせ先:TEL 047-711-1142(市川市民納涼花火大会実行委員会事務局)

・公式サイト:市川市民納涼花火大会

市川市民納涼花火大会2018の見どころ

江戸川の夜空を彩る花火はなんと14000発!

そのオープニングを飾るのが、毎年恒例の「江戸川名物5秒間1000発花火」。大輪の花火が次々に打ち上げられ、最初から目が離せません。

オープニングから連発で見ごたえたっぷり!

花火の種類は「菊・牡丹・冠・柳・小割物・型もの・スターマイン・仕掛け」など豊富。花火は最大8号の大きさで、約280mの高さ・直径280mのビッグサイズでかなり見ごたえがありますよ。

毎年8つのテーマを構成し、テーマごとに趣向を凝らした花火を打ち上がるのも見どころ。テーマに合わせたBGMにのせて打ちあがるので、見る人を飽きさせません!

遠隔操作による電気着火で打ち上げるので、きめ細やかな演出が楽しめますよ。

スポンサーリンク

市川市民納涼花火大会2018の混雑情報

江戸川花火大会と同時開催なので混雑がすごそうなイメージですが、江戸川側よりも市川市側の方が混雑はかなり少ないです。

土手にもびっしりレジャーシートが敷いてあるというわけではないので、トイレなどで移動するのにもラクチンなんですよ。花火観賞をするなら絶対に市川市側がおすすめ。

交通規制について

おととしの交通規制のものですが、毎年同じなので、参考にしてください。市川駅から河川敷までは、午後5時から車両が通行できません。

花火大会には車ではなく公共交通機関を利用するのがいいでしょう。

市川市民納涼花火大会2018の観覧スポット情報

市川市民納涼花火大会には公式の観覧スポットが2つあります。また、周辺にはおすすめの穴場スポットもあるので紹介していきます。

市川会場

メイン会場となる市川会場は、毎年たくさんの人で賑わいます。

有料席と協賛席の左右に市川会場の一般観覧席があるので、打ち上げ場所の目の前で見ごたえがあります。

行徳会場

東京メトロ東西線「妙典駅」から徒歩17分。打ち上げ場所からはだいぶ離れているので、BGMが聞こえない&迫力には欠けますが、ゆったり観覧できるのが魅力。

※どちらの会場も、花火大会前日までは警備員が巡回しているので、場所取りを早くしすぎると撤去されてしまいます。早く良い場所を確保したい場合は、当日の午前中に行くのがおすすめ。

市川市民納涼花火大会2018の穴場スポット

大洲防災公園

・場所:千葉県市川市大洲1丁目18

打ち上げ会場からは少し離れていますが、花火を楽しむのには十分。ピクニック広場では、事前に申請しておけばバーベキューを楽しむこともできますよ。

混雑が苦手な方にぴったりのスポットです。JR本八幡駅からシャトルバスが運行しています。

ニッケコルトンプラザの立体駐車場の屋上階

・場所:千葉県市川市鬼高1-1-1

JR本八幡駅から徒歩10分の場所にあるショッピングモール。

毎年、市川市民納涼花火大会に合わせて、立体駐車場の屋上階を観覧スペースとして開放してくれるんですよ。ショッピングモール内にはスーパーがあるので飲食物を買うのにも困りませんし、トイレや授乳室なども完備しているので、子ども連れにぴったりですよね。ここなら車で行ってもOK。

市川市民納涼花火大会2018のチケット・有料席情報

市川市民納涼花火大会では毎年、有料席を設けています。

あらかじめ席を確保しておけば、場所取りをするのに早く来る必要がなく、時間も有効に使えますよ!
今年の詳細はまだ不明なので、去年の情報を紹介します。

◆桟敷席:1マス18000円
180㎝×90㎝(定員4人・4枚)

◆ペア席:1シート10000円
(土手斜面はたは平面)150㎝×90㎝(定員2人・2枚)

◆イス席(パイプ椅子):1席6000円
(定員1名・1枚)

注意事項

  • 申し込み1回につき、桟敷席は2マス(8枚)、ペア席は4シート(8枚)、イス席は4席(4枚)まで購入できます。
  • 3歳以下の乳幼児は、イス席およびペア席は1人、桟敷席は2人まで無料。ただし、イス席は保護者のひざの上で観覧すること。
  • 指定された席以外での観覧や撮影は厳禁。自分のマスやシートからはみ出ないようにしましょう。

購入方法

  • チケットぴあ店舗(窓口で申込書に記入し、店員さんにお願いする)
  • サークルK・サンクスの各店舗
    (チケット購入端末機 Kステーション)
  • セブンイレブン(マルチコピー機)
  • チケットぴあのサイト
    (無料の会員登録が必要です)

※例年通りだと、6月下旬からチケットが販売されると思われます。

さいごに

市川市民納涼花火大会2018を紹介しました。

江戸川花火大会と同時開催なだけあって、ボリュームも迫力も満点の花火大会でしたね。今年は市川側から花火を楽しんでみませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA