鎌倉花火大会2018の見どころや穴場スポットは?有料席情報も紹介!

鎌倉花火大会2018の見どころや穴場スポットは?有料席情報も紹介!

鎌倉花火大会は、今年で70回目を迎える鎌倉市の夏の風物詩。

打ち上げ数は他の花火大会に比べて少ないですが、水面を彩る芸術的な花火が楽しめるのが魅力。観光がてら楽しむのにぴったりですよ。

そこで今回は、鎌倉花火大会2018の見どころや穴場スポットに加えて有料席や駐車場などを紹介していきます。

スポンサーリンク

鎌倉花火大会2018の基本情報

・日時:2018年7月24日(火) 午後7時20分~8時10分

・打ち上げ場所:由比ヶ浜海岸、材木座海岸

・アクセス:
江ノ島電鉄由比ヶ浜駅または和田塚駅から徒歩5分
JR・江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩15分

・打ち上げ数:4,000発

・人出数:15万人

・駐車場:なし

・トイレの数:公衆トイレ、仮設トイレ2か所あり

・問い合わせ先:TEL 0467-23-3050(鎌倉花火大会実行委員会事務局)

・公式サイト:鎌倉市HP

鎌倉花火大会2018の見どころ

鎌倉花火大会の見どころといえば、海の花火大会ならではの水中花火

扇のように広がった花火は、水面に美しい半円の花を咲かせて芸術的。打ち上げ場所と近いので、大きな音も感じられ、臨場感のある花火を楽しむことができます。

打ち上げ花火ももちろんきれいで迫力満点!色とりどりの花火が鎌倉の夜空を彩ります。

18秒から水中花火がスタート。扇形に広がっていて見事です♪

屋台はあるの?

花火大会当日は、最寄り駅周辺から海岸まで屋台が立ち並んでいます。

たこ焼きやお好み焼き・じゃがバターなどの定番モノからわたあめ・りんご飴・かき氷などの甘いモノまで、豊富に揃っていて迷っちゃいますね~♪

ソフトドリンクなどの飲み物もあるので、仲間とワイワイ楽しみながら花火鑑賞ができますよ^^

スポンサーリンク

鎌倉花火大会2018の穴場スポット

「花火を楽しみたいけど混雑が気になる・・・」という方も多いと思います。そんなあなたにぴったりの場所取り不要の穴場スポットを3つご紹介します。

披露山公園

・住所:神奈川県逗子市新宿5-4-1

打ち上げ会場からは少し離れてしまいますが、披露山の頂上にあるので、高台から花火を見ることができます。特に展望台からの眺めがおすすめ。トイレもあるので安心。

鎌倉海浜公園

・住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-7-1

3つのエリアに分かれていますが、その中でも高台にある由比ヶ浜地区がおすすめ。ここには広い芝生スペースやグラウンドがあるので、レジャーシートを敷いてゆっくり花火観賞を楽しむことができます。

材木座海岸

・神奈川県鎌倉市材木座5丁目

由比ガ浜海岸と材木座海岸が花火鑑賞場所に指定されていますが、由比ガ浜海岸が人気なので、材木座海岸は意外と混雑していません。打ち上げ場所から間近で見られる最高のスポットです。

鎌倉花火大会2018の有料席情報

花火をゆっくり楽しむなら、やっぱり有料席が1番ですよね。

事前に席を確保しておけば、場所取りをする必要がないのでラクチン。有料席の金額や購入方法などを紹介します。

◆販売期間
2018年6月4日(月)~なくなり次第終了

◆座席数
500席(全席指定ですが、場所の指定は不可)

◆料金
5,500円

◆購入方法
FMヨコハマラジオショッピング専用受付ダイヤル
045-224-1230(平日の午前10時~午後5時)

毎年すぐに売り切れてしまうので、早めに購入しておくことをお勧めします!

鎌倉花火大会2018の駐車場&交通規制情報

鎌倉花火大会には駐車場が用意されていません。しかし、車で行きたいという方もいるかと思います。そこで、会場周辺や鎌倉駅周辺の有料駐車場などをいくつか紹介していきます。

由比ガ浜地下駐車場

・住所:鎌倉市由比ガ浜4-7-1

・台数:200台

・料金:30分260円

材木座駐車場

・住所:鎌倉市材木座6-886-2

・台数:63台

・料金:60分400円

稲村ガ崎駐車場

・住所:鎌倉市稲村ガ崎1-1090-51

・台数:51台

・料金:60分400円

鎌倉駅周辺の有料駐車場

交通規制はこちら

これは2016年のものですが、毎年同じ場所が交通規制になるので、ぜひ参考にしてください。午後6時半から交通規制が始まるので、車で来る場合はそれよりも早い時間に車を停めておきましょう。

混雑情報

車で行くというあなたは、混雑を覚悟した方がよさそうです。

花火大会当日は昼間から道路が渋滞し始めるので、午前中から動き出しておいた方が絶対にいいですよ。午後から行くと、渋滞にはまって身動きが取れなくなってしまうこともあるので注意です。

なるべくは、公共交通機関を利用しましょう。

花火大会の前に立ち寄りたい観光スポット

花火大会よりもずっと前に来て、鎌倉観光を楽しむのはいかがでしょうか。時間をつぶすのにもぴったりな観光スポットを紹介します。

鶴岡八幡宮

・住所:〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1−31

鎌倉といえば鶴岡八幡宮ですよね!源頼朝ゆかりの神社で、勝運や仕事運アップのご利益があることで知られています。

必勝や学業成就のご利益があり、北条政子が創建したとされる黒漆塗りの社殿が特長的な白幡神社や鎌倉七福神めぐりの弁財天など、見どころたっぷり。四季折々の自然が楽しめるのも魅力。

小町通り

鎌倉駅から鶴岡八幡宮へ行く途中に必ず通るのが小町通りテレビでもよく取り上げられていますよね。ここには食べ歩きにぴったりのグルメがたくさんあるので、お腹を空かせていくのがおすすめ。

お土産屋さんやおしゃれなカフェ・お食事処も充実。

高徳院

・住所:〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4丁目2−28

鎌倉といえば、鶴岡八幡宮と同じくらい代表的なのが鎌倉大仏ですよね!

750年以上前から鎮座していて、鎌倉の仏像の中で唯一、国宝に指定されているんですよ。間近で見上げる大仏様はとても大きくて圧巻。20円で胎内拝観ができるので、記念に入ってみてはいかがでしょうか。

さいごに

鎌倉花火大会2018を紹介しました。

水面に広がる扇型の水中花火がとってもきれいで、見ごたえがありましたね。昼は鎌倉観光、夜は鎌倉花火を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【要チェック!】

神奈川のおすすめ花火大会5選を紹介しています。

どの花火大会も見どころたっぷり。2018年の夏は花火大会を満喫しませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA