【2018年】神奈川のおすすめ花火大会5選を日程順に紹介!

【2018年】神奈川のおすすめ花火大会5選を日程順に紹介!

花火大会の時期が近づいてきましたが、どこの花火大会に行くか決まっていますか?神奈川県にはきれいな花火と催し・観光などを一度に楽しめる花火大会がたくさんあるんですよ。

そこで今回は、神奈川のおすすめ花火大会5選をおすすめポイントと併せて日程順に紹介していきます

スポンサーリンク

1.横浜スパークリングトワイライト

・日時:2018年7月14日(土)~15日(日) 花火は午後7時半~8時

・場所:神奈川県横浜市中区 山下公園およびその周辺

・アクセス:みなとみらい線元町・中華街駅4番出口から徒歩3分

・打ち上げ数:3,000発

横浜スパークリングトワイライトは、「横浜に海と港に親しむ場を」という思いからスタートしたイベント。

スパークリング花火は、横浜港氷川丸の汽笛を合図に始まります。伝統的な大輪の花火はもちろん、さまざまなデザインの創作花火など約3000発をみなとみらいの夜景とともに楽しむことができるのが魅力。有料席やクルージングなど、花火鑑賞の仕方はお好みで。

日中には「シップパレード」や横浜海上保安部と横浜市消防局による「海難レスキューデモ」、世界各国の民族衣装を纏った人々と市内のお神輿が練り歩く「スパークリングパレード」など、イベント盛りだくさんで1日中満喫できちゃいます。

2.鎌倉花火大会

・日時:2018年7月24日(火) 午後7時20分~8時10分

・場所:神奈川県鎌倉市 由比ヶ浜、材木座海岸

・アクセス:
江ノ島電鉄由比ヶ浜駅または和田塚駅から徒歩5分
JR・江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩15分

・打ち上げ数:4,000発

1949(昭和24)年から続く鎌倉花火大会は、今年で70回目を迎える鎌倉市の夏の風物詩。広々とした由比ヶ浜と材木座海岸が鑑賞場所になっています。

鎌倉花火大会の名物は、移動する花火船から投げ込まれた花火が美しい扇型に開く水中花火水中から海岸へ伝わる花火のダイナミックな音も楽しむことができますよ。打ち上げ花火と水中花火のコラボレーションは圧巻で、色鮮やかな花火が鎌倉の夜空を彩ります。

由比ヶ浜は混雑しますが、材木座海岸は間近で楽しめるのに意外と空いていておすすめです。花火が始まるまで、鎌倉観光を楽しんでみるのもいいかも♪

スポンサーリンク

3.さがみ湖湖上祭花火大会

・日時:2018年8月1日(水) 午後7時半~9時

・場所:相模湖湖畔(県立相模湖公園前)

・アクセス:
<電車の場合>
JR相模湖駅から徒歩10分
<車の場合>
中央道相模湖東ICから車で5分
中央道相模湖ICから車で10分

・打ち上げ数:5,000発

さがみ湖湖上祭花火大会は、昭和23年、湖に関係して亡くなった方々の慰霊と湖の安全を願うために始められた歴史ある花火大会。

打上げ数は5000発と他の花火大会と比べて少なく感じますが、尺玉や尺五寸玉・スターマイン・ナイアガラなど様々な種類の花火を観ることができます。

その中でも1番の見どころは、全長500メートルの幻想的なナイアガラ暗闇に光の滝が現れる様子は、とても見ごたえがあります。周囲が山に囲まれているので、花火のダイナミックな音が響き渡り、臨場感たっぷりの花火を楽しむことができるのも魅力。

湖上祭では「湖上ばやし」ダンスパークなどのイベントも行われ、1日中楽しめますよ。

4.あつぎ鮎まつり大花火大会

・日時:2018年8月4日(土) 午後7時~8時半

・場所:神奈川県厚木市厚木 相模川河川敷(三川合流点)

・アクセス:小田急小田原線本厚木駅北口から徒歩15分

・打ち上げ数:10,000発

あつぎ鮎まつり大花火大会は、厚木市で毎年2日間開催される「あつぎ鮎まつり」の初夜に行われるイベント。仕掛花火や大玉、創作花火など、スターマインを中心とした花火が次々と打上がる多彩なプログラムが魅力。

1番の見どころは、フィナーレで披露される県下最大級のスケールを誇る大ナイアガラ壮大な光の滝が水面に映る様子はとても美しく、見とれてしまいます。

相模川河川敷の合流点で行われる花火は、観覧場所と距離が近いので、花火のダイナミックな音も感じることができ、臨場感たっぷりの花火鑑賞を楽しむことができます。日中にはパレードやダンスコンテストなどの参加型イベントが行われるので、1日中盛り上がりますよ。

5.相模原納涼花火大会

・日時:2018年8月25日(土) 19:00〜20:15(開会式18:45〜)

・場所:相模川高田橋上流(相模原市中央区水郷田名)

・アクセス:
<電車・バスの場合>
JR横浜線淵野辺駅又はJR相模線上溝駅
→「田名バスターミナル」行きバス(淵53系統 上溝経由)終点下車
→徒歩15分
<車の場合>
圏央道相模原ICから県道511号線経由で通常約30分

・打ち上げ数:8,000発

相模原納涼花火大会は、昭和26年、「情緒と水郷と鮎のまち」水郷田名の復興を願って地元の消防団が田名煙火大会としてはじめたイベントで、相模原市の夏の風物詩。

見どころは、空中ナイアガラ大スターマイン、フィナーレの百花繚乱早打ちなのも魅力。相模川の夜空を彩るダイナミックで色鮮やかな花火が美しく、最初から最後まで目が離せません。

打ち上げ場所から最も近い市民協賛者席では、臨場感たっぷりの花火を楽しむことができますよ。会場である高田橋周辺には、たくさんの屋台が立ち並び、お祭り気分を味わえます。

さいごに

神奈川のおすすめ花火大会5選を紹介しました。

花火大会とお祭りなどがいっしょになったイベントが多く、1日中楽しめるものばかりでしたね。

今回おすすめした花火大会はすべて日程が違うので、いろんな花火大会に出かけてみてはいかがでしょうか。

【こちらの記事もおすすめ!】

東京のおすすめ花火大会10選を紹介しています。

どの花火大会も見どころたっぷり。2018年の夏は花火大会を満喫しませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA