2017年関東の穴場紅葉スポット10選!見ごろとおすすめポイントを紹介!

2017年関東の穴場紅葉スポット10選!見ごろとおすすめポイントを紹介!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

食欲の秋、読書の秋など、楽しいことがいっぱいの秋ですね。
そして秋といえば紅葉の秋も欠かせません!

でも、
「紅葉を見に行きたいけど混雑しそう・・・」
「どこに行けばいいのかわからない」
と思っているそこのあなた!

今回は、2017年関東の穴場紅葉スポット10選を見ごろやおすすめポイントとともに紹介します。

スポンサーリンク

1.栃木県・平家の里

・見ごろ:10月中旬~11月上旬

・住所:栃木県日光市湯西川温泉1042

・アクセス:日光宇都宮道路 今市ICから約60分

平家の里(へいけのさと)は、平家落人が温泉を見つけて傷を癒したといわれている湯西川温泉にあります。

茅葺き屋根の民家と小川の流れに赤や黄色に染まる紅葉が交わってとても風情があります。村内全体が絶好の撮影スポット!

平家落人の当時の暮らしに思いをはせながら、のんびり散策を楽しめますよ。

2.埼玉県・三峯神社

・見ごろ:10月下旬~11月上旬

・住所:埼玉県秩父市三峰298-1

・アクセス:関越自動車道 花園ICから約70分

金運上昇や縁結びのご利益で有名な三峯神社(みつみねじんじゃ)ですが、紅葉もきれいなんですよ。

神社の境内と赤や黄色に染まった景色は、よりご利益が受けられそうな予感・・・。斜面に広がる紅葉は屏風のように美しいと評判。夜はライトアップで幻想的。

見ごろの時期には、秩父市で「奥秩父大滝紅葉まつり」が開催されます。

3.東京都・九品佛浄真寺

・見ごろ:11月下旬~12月上旬

・住所:東京都世田谷区奥沢7-41-3

・アクセス:東急大井町線 九品仏駅から徒歩3分

九品仏浄真寺(くほんぶつじょうしんじ)は、都心で気軽に紅葉を楽しめるスポット。

大きな本堂を包みこむように赤や黄色の紅葉が色づいています。天然記念物の大銀杏が有名。境内一面にイチョウの葉が落ち、まるで黄色の絨毯のよう。

夜はライトアップで昼間とはひと味違った景色が楽しめます。夜は混雑少な目。

4.神奈川県・大山寺

・見ごろ:11月中旬~下旬

・住所:神奈川県伊勢原市大山724

・アクセス:伊勢原駅から神奈川中央交通バス大山ケーブル行きで約30分、大山ケーブルで2分

「大山のお不動さん」と呼ばれて親しまれている真言宗大覚寺派の大本山。

ご本尊の黒鉄不動明王は国の重要文化財に指定されています。参道を真っ赤に染めるもみじは圧巻で、下からのアングルは絶好の撮影ポイント!

もみじがとても美しいので「もみじ寺」とも呼ばれています。ライトアップもあり。

5.茨城県・永源寺

・見ごろ:11月上旬~中旬

・住所:茨城県久慈郡大子町大子1571

・アクセス:
水郡線 常陸大子駅から徒歩10分
常磐自動車道 那珂ICから約60分

「もみじ寺」と呼ばれている永源寺(えいげんじ)は、見ごろを迎えると赤や黄色のもみじのダイナミックな景色が境内中を埋め尽くされます。

高台にある境内からは、永源寺全体だけでなく大子町全体の紅葉も楽しめて◎

スロープがあるので、車いすやベビーカーでも気軽に散策できます。

スポンサーリンク

6.神奈川県・宮ヶ瀬湖

・見ごろ:11月中旬~下旬

・住所:神奈川県愛甲郡愛川町、清水町、相模原市緑区

・アクセス:圏央道相模原ICから約10分

宮ヶ瀬湖(みやがせこ)は、神奈川県北部の大山と東京都八王子の高尾山の間にある湖。

湖を囲む山々は、もみじやカエデ、ナラなどが赤や黄色、緑に染まって絶景。宮ヶ瀬湖畔・ダムサイト・鳥居原エリアを結ぶ遊覧船では湖水面からの紅葉を楽しめます。

7.群馬県・河鹿橋

・見ごろ:10月下旬~11月上旬

・住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保

・アクセス:関越自動車道 渋川伊香保ICから約15分

伊香保温泉にある赤い太鼓橋が河鹿橋(かじかばし)

橋の周辺にはもみじやカエデ、クヌギがあり、赤や黄色に染まっています。寒暖の差が激しいため、鮮やかに色づく紅葉を見ることができておすすめ。

見ごろに合わせてライトアップも開催。昼間とは違った幻想的な景色を楽しめます。

8.千葉県・亀山湖

・見ごろ:11月下旬~12月上旬

・住所:千葉県君津市川俣旧川俣8

・アクセス:
JR上総亀山駅から徒歩5分
首都圏中央道路自動車道 木更津東ICから約30分

亀山湖(かめやまこ)は千葉県最大のダム湖で、関東一遅い紅葉が楽しめるスポットとして知られています。

湖周辺を散策しながら紅葉を楽しめるのはもちろん、クルージングでも紅葉を楽しめます。緑や黄色、赤に染まる岸壁が湖面に映る様も美しい。

滝や橋とのコラボレーションは絶好の撮影スポット。

9.群馬県・吹割の滝

・見ごろ:10月下旬~11月上旬

・住所:群馬県沼田市利根町追貝

・アクセス:関越自動車道 沼田ICから約20分

高さ7m、幅30m余りのスケールを誇る吹割の滝(ふきわれのたき)は国の天然記念物で、東洋のナイアガラと呼ばれています。

雄大な渓谷美と紅葉、滝の景色を一度に眺められて得した気分に。ごうごうと音をたてる滝の迫力と優雅な紅葉の様をぜひ写真に残してください!

10.茨城県・花貫渓谷

・見ごろ:11月中旬~下旬

・住所:茨城県高萩市大能地内

・アクセス:
常磐自動車道 高萩ICから約20分
常磐線 高萩駅からタクシーで約25分

花貫渓谷(はなぬきけいこく)では、花貫ダムから名馬里ヶ淵、小滝沢キャンプ場にかけて美しい紅葉が続いています。

ぜひ見てほしいのは、渓谷に架かる汐見滝吊り橋と紅葉の景色。川のせせらぎを聞きながら紅葉のトンネルをくぐれば、壮大な眺めに心も癒されます。

橋の両端から写真を撮るのがおすすめ。

さいごに

以上が2017年関東の穴場紅葉スポット10選の紹介でした。

関東にも紅葉の穴場スポットがたくさんありましたね。

紅葉は秋の風物詩。まだ知らない紅葉スポットもあったと思うので、紅葉の秋を満喫しにぜひ出かけてみてくださいね!

【こちらの記事もおすすめ!】

大自然で楽しめる関東のイルミネーション2017おすすめランキングベスト5を紹介します。

広々とした場所で自然を感じながらイルミネーションを楽しみたいあなたにオススメ!


【2018年】日本各地の定番&おすすめ初詣スポットまとめ!今年の初詣はどこへ行く?

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA