紀三井寺のお花見2018!見ごろ・開花はいつ?気になる駐車場情報もご紹介!

紀三井寺の花見2018!見ごろ・開花はいつ?気になる駐車場情報もご紹介!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

紀三井寺はその名の通り、紀州にある三つの井戸があるお寺。

この三つの井戸は、清浄水・吉祥水・楊柳水という名がつけられていて、昭和60年に環境庁が発表した「名水百選」にも選ばれています。

今回は、そんな由緒正しい紀三井寺で観ることのできる桜の見ごろや開花時期、おすすめの駐車場情報について紹介します。

スポンサーリンク

紀三井寺の花見2018の基本情報

・見ごろ:3月下旬から4月上旬

・場所:和歌山県和歌山市紀三井寺1201

・アクセス:
<電車の場合>
JRきのくに線 紀三井寺駅から徒歩約10分
<バスの場合>
和歌山バス 紀三井寺バス停から徒歩約10分
<車の場合>
阪和自動車道 和歌山ICから約20分

・開花予想:3月21日

・参拝時間:8時から17時

・料金:
大人→200円
小・中学生→100円
小学生未満→無料

・休日:なし

・問い合わせ先:紀三井寺(TEL:073-444-1002)

・公式サイト:紀三井寺

紀三井寺の花見2018の見どころ

和歌山県内で上位の人気花見スポットとして名が知られている、紀三井寺。

境内には約500本のソメイヨシノが植えられており、開花宣言の目安になる標本木があることから「近畿地方に春を呼ぶ寺」として、マスコミから注目されているお寺でもあります。

またあの有名な俳人松尾芭蕉が紀三井寺で桜を見て句を詠んだ、ということでも知られています。

こちらの写真が境内にある松尾芭蕉の句を刻んだ碑。

少し見づらいかもしれませんが、「見上ぐれば 桜しもうて 紀三井寺」と刻まれています。

あれ?なんだか少し寂しい句だな、なんて思いませんか?・・・そう、実は松尾芭蕉が紀三井寺に訪れた際には、既に桜の見ごろは過ぎてしまっていたんです。

ちなみに紀三井寺の桜の見ごろは例年3月下旬から4月上旬

一般的な桜の開花時期よりも早い時期に見ごろを迎えるので、事前に紀三井寺の花見の見どころをしっかりチェックしておきましょう!

※2018年の満開予想は4月1日となっています!

日本さくら名所百選

和歌山県内では岩出町の根来寺、古座川町の七川ダム湖畔、そして今回ご紹介している紀三井寺の合計3ヶ所の花見スポットが日本さくら百選に選ばれています。

紀三井寺が選ばれた大きな理由のひとつが、こちらの素晴らしい景色!

境内の石段を昇ったあとには、綺麗に咲き誇る桜と和歌の浦の見事な景色を見ることができます。石段を昇るのはちょっと大変ですが、この景色を見ないで帰るなんて絶対に損!必ず立ち寄るようにしてくださいね。

夜桜

紀三井寺では、毎年桜の開花時期に合わせてライトアップが行われています。

開催時間は18時から22時と比較的夜遅くまで開催されているので、日中は忙しいあなたにもおすすめですよ。

不思議な木

紀三井寺には、ここだけに伝わる応同樹(おうどうじゅ)」という不思議な木があります。

あまり聞きなれない名前ですよね。この木は病に応じて薬になるといわれている木で、和歌山市指定文化財に指定されています。石段の途中、左側に見えてくるので、休憩をかねて立ち止まってみてはかがですか?

縁結び

こちらの写真にある計231段の長い石段!結縁坂(けちえんざか)という名前がついていて、実は縁結びのスポットとして密かに女性達の間で噂になっているんです。

これは、江戸時代にこの石段で出会った二人が結ばれたという言い伝えからきているもの。好きな人がいるあなたも、良縁を求めているあなたも、花見と一緒に縁結びのお願いもしちゃいましょう!

スポンサーリンク

紀三井寺の花見2018の混雑予想

毎年4万人以上の人出がある紀三井寺の花見。土日はもちろんですが、桜まつりの期間中には平日もたくさんの花見客で賑わいます。

そこで重要になってくるのが、車で行く場合の駐車場ですよね!紀三井寺には参拝者専用の駐車場が完備されています。

紀三井寺専用駐車場

・場所:紀三井寺裏門近く

・収容台数:30台

・料金:3時間300円

こちらに駐車することが出来れば何も問題ありませんが、こちらは少し場所がわかりにくい上、収容台数がかなり少ないので、花見の時期にはすぐに満車になってしまいます。

また、紀三井寺周辺にあるコインパーキングは数が少ないので、かなり早い時間に行かないと停めることが出来ません。

そこでおすすめなのが、JR和歌山駅周辺の駐車場です。

この場合JR和歌山駅から最寄り駅の紀三井寺駅まで電車を利用することになりますが、紀三井駅までは約6分・190円と近くて安い最高の場所!

そして紀三井寺駅からは徒歩約10分で到着できるので、駐車場探しで苦労しないためにもぜひ!こちらの駐車場を利用してみてくださいね。

和歌山ターミナルビル駐車場

・住所:和歌山市友田町5丁目18

・収容台数:950台

・営業時間:24時間

・料金:1時間300円、以降30分毎150円

こちらの魅力はなんといっても収容台数の多さ!満車の心配がないのが嬉しいですよね。

第一美園モータープール

・住所:和歌山市見園町5丁目10

・収容台数:94台

・営業時間:24時間

・料金:30分毎100円、1日最大1,200円

先ほど紹介した和歌山ターミナルビル駐車場よりも収容台数は少ないですが、1日最大料金が設定されているので、ゆっくり花見を楽しみたいあなたにはこちらがおすすめですよ。

紀三井寺の周辺おすすめスポット

和歌山と言えば‥パンダに会えるアドベンチャーワールド?と思っているそこのあなた!

紀三井寺周辺には、アドベンチャーワールドに負けないおすすめスポットがたくさんありますよ!花見の帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

たま駅長に会えるスポット 貴志駅

・場所:和歌山電鉄貴志川線 貴志駅

・アクセス:JR和歌山駅より電車で約30分

現在二代目のニタマ駅長に会う事ができる貴志駅。駅舎自体も猫をモチーフにしたデザインになっていてとても可愛らしいですよね!

大人気ラーメン店 麺屋ひしお

・住所:和歌山市美園町5-7-12

・アクセス:JR和歌山駅前からすぐ

・休日:日曜日(午前中のみ)・年末年始

・営業時間:
11時~14時半
18時~24時

湯浅醤油とのコラボが有名なラーメン店で、口コミサイトや新聞にも取り上げられるほど大人気!あなたもぜひ一度食べてみては?

さいごに

以上が紀三井寺の花見2018の紹介でした。

紀三井寺には、お花見以外にもたくさんの見どころがありましたね!あなたも少し足を伸ばして、今年は紀三井寺で春の訪れを感じてみませんか?

【要チェック!】

関西のおすすめお花見スポット10選を紹介しています。

穴場や定番など、どのスポットも魅力いっぱいですよ!2018年の春を感じに行きませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA