【2018年】甲信越の紅葉の名所7選!おすすめスポットを県別、見ごろ順に紹介!

【2018年】甲信越の紅葉の名所7選!おすすめスポットを県別、見ごろ順に紹介!

もうすぐ紅葉の季節になりますね!

甲信越には自然豊かな紅葉の名所がいっぱい。その中から人気のあるおすすめの紅葉の名所7選を県別・見ごろ順に紹介していきます。

1.長野県・乗鞍岳

【2018年】甲信越の紅葉の名所7選!おすすめスポットを県別、見ごろ順に紹介!

・見ごろの時期:9月下旬~10月上旬

・場所:長野県松本市・岐阜県高山市

・アクセス:
<電車の場合>
松本電鉄新島々駅から乗鞍高原方面行きアルピコ交通バスに乗り約50分
→観光センター下車、有料シャトルバスまたはタクシーに乗り換え約50分
→乗鞍岳山頂(畳平)
<車の場合>
長野自動車道松本ICから国道158号経由約60分乗鞍高原
→三本滝から先マイカー規制のため、有料シャトルバスまたはタクシーに乗り換え約50分
→乗鞍岳山頂(畳平)

23の峰が連なっている乗鞍岳の主峰は標高3026メートルの剣ヶ峰。

カラマツやシラビソの林が広がり、標高2700メートル付近は9月下旬から紅葉がスタート。それから徐々に下へ下へと紅葉が移動するので、場所によって見頃が少し変わってきます。

広大な緑のハイマツに点在するナナカマドの赤やダケカンバの黄色がまるでじゅうたんのように広がっていて絶景。

乗鞍高原の紅葉スポットで最も有名な三本滝・善五郎の滝・番所大滝の三大滝も見どころ。特に人気の三本滝は、趣の異なる3つの滝が1ヶ所に集まっている姿が迫力満点で、「日本の滝百選」に選ばれているほど。滝と紅葉のコラボレーションは見逃せません。

よりスケールの大きな紅葉の眺めを楽しむには、乗鞍山頂へと続く乗鞍エコーライン(マイカー規制あり)がおすすめ。登山、温泉も楽しめますよ。

2.長野県・上高地

【2018年】甲信越の紅葉の名所7選!おすすめスポットを県別、見ごろ順に紹介!

・見ごろの時期:10月中旬~10月下旬

・場所:長野県松本市 安曇上高地

・アクセス:
<電車の場合>
【大正池】
松本電鉄新島々駅からバスに乗り約60分→大正池下車徒歩すぐ
【河童橋】
松本電鉄新島々駅からバスに乗り約65分→上高地バスターミナル下車徒歩約5分
<車の場合>
長野自動車道松本ICから国道158号経由沢渡まで約60分
→上高地はマイカー規制のため、沢渡駐車場からタクシーまたはバスに乗り換え約30分

上高地の秋は、草紅葉が始まる9月中旬から10月下旬ごろまでの短い間だけ。

雄大な山々が黄色や橙に染まり、紅葉のじゅうたんのように広がっています。梓川にかかる河童橋から眺める穂高連峰の景色はとても美しく、誰もが足を止めてじっくりと景色を楽しんでいるほど。

河童橋や田代池、明神、徳沢など上高地のほとんどが黄金色。10月に入ると朝夕の冷え込みが加速し、より鮮やかなカラマツの黄金色を見ることができます。

明神池の周辺が色とりどりの紅葉に染まる頃、青い空と澄みわたる水の青、黄金色のカラマツを見ようとたくさんの人が訪れます。絵に描いたような大自然の絶景は見ごたえたっぷり。

山頂が初冠雪すると、雪の白とカラマツの黄金色、針葉樹の緑という三段紅葉を眺めることができますよ。

見ごろの時期には「明神池お船祭り」と呼ばれるお祭りが行われ、平安装束に身を包んだ神官が雅楽の調べとともに船で周遊する姿を見ることができます。紅葉の後は日帰り温泉がおすすめ。

3.長野県・軽井沢

【2018年】甲信越の紅葉の名所7選!おすすめスポットを県別、見ごろ順に紹介!

・見ごろの時期:10月中旬~11月上旬

・場所:長野県北佐久郡軽井沢町

・アクセス:
<電車の場合>
JR軽井沢駅から徒歩25分
<車の場合>
上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約30分

軽井沢の紅葉で最も人気があるスポットといえば「雲場池」。通称「スワンレイク」とも呼ばれていて、四季折々の景色を楽しめるのが魅力。

見ごろの時期には赤や黄色、緑に染まった木々と雲とのコントラストを楽しむことができます。水面に映る紅葉の美しさも絶景。池の周りには15分程の遊歩道があるので、ゆっくり紅葉を見てまわることができますよ。

高さ3メートル・幅70メートルの大きさを誇る白糸の滝も見どころ。地下水が岩肌から湧き出した白糸の滝は、絹糸のような水が絶えず降り注ぐ姿が神秘的で美しい。湾曲した水面はまるでステージのようで、そのステージを彩るかのように木々たちが紅葉しています。

「軽井沢プリンスホテルウエストのもみじ山」では、モミジのトンネルやモミジのじゅうたんが広がっています。紅葉のライトアップは「軽井沢高原教会」だけ。軽井沢星野エリアで観光もおすすめ。

4.山梨県・西沢渓谷

【2018年】甲信越の紅葉の名所7選!おすすめスポットを県別、見ごろ順に紹介!

・見ごろの時期:10月中旬~11月上旬

・場所:山梨県山梨市三富川浦

・アクセス:
<電車の場合(西沢渓谷入口)>
JR山梨市駅からバスで約60分
<車の場合(西沢渓谷入口)>
中央自動車道勝沼ICから国道140号経由約50分
関越自動車道花園ICから国道140号経由約120分

秩父多摩甲斐国立公園内にある西沢渓谷は、国内屈指の渓谷美を誇る景勝地。巨大な花崗岩を清流が浸食してできた渓谷はとても芸術的かつ神秘的。渓谷内には遊歩道があるので、渓谷ならではの景色をじっくり楽しむことができます。

西沢渓谷の1番の見どころといえば、「日本の滝百選」にも選ばれた名瀑・七ツ釜五段の滝。他にも三重の滝や竜神の滝、恋糸の滝、貞泉の滝などさまざまな滝があるので、滝めぐりをするのもおすすめ。

入口から30分ほど歩いた場所にある「二俣吊り橋」からは、赤や橙、黄色に染まった山々の景色が広がっています。ハイキングを楽しんだ後は温泉でひとやすみ♪

5.山梨県・昇仙峡

【2018年】甲信越の紅葉の名所7選!おすすめスポットを県別、見ごろ順に紹介!

・見ごろの時期:11月上旬~11月中旬

・場所:山梨県甲府市猪狩町

・アクセス:
<電車の場合>
JR甲府駅からバスで約30分→天神森下車
<車の場合>
中央自動車道甲府昭和ICから約40分

御岳昇仙峡は、天神森から仙娥滝にかけて約4kmにわたって渓谷が続くスポット。標高差があり、紅葉の時期が少しずつずれるので、1ヵ月以上も紅葉を楽しむことができるのが魅力。

見どころのひとつは、昇仙峡の主峰である覚円峰。日本一の渓谷美が楽しめることで人気があります。点在する奇岩や奇石と紅葉のコラボレーションは圧巻。「全国観光地百選 渓谷の部第1位」、「平成百景 第2位」を受賞した名勝の紅葉は見ごたえたっぷり。

2つめの見どころは仙娥滝。昇仙峡のシンボルである覚円峰の最奥部にある仙娥滝は、地殻変動による断層によって生まれたもので、花崗岩の岩肌を削りながら落下しています。落差30mの滝は迫力満点。橙や黄色に染まった木々に囲まれた滝の景色は写真撮影にぴったり。

昇仙峡ロープウェイからの景色もおすすめで、全長1015mの空中散歩では、赤や橙、黄色に染まった木々がじゅうたんのように広がる景色を楽しむことができますよ。

山頂にあるパワースポットも散策OK♪見ごろの時期には、昇仙峡・仙娥滝ライトアップが開催されます。トレッキングコースやウォーキングコースあり。

6.山梨県・河口湖

【2018年】甲信越の紅葉の名所7選!おすすめスポットを県別、見ごろ順に紹介!

・見ごろの時期:11月中旬

・場所:山梨県南都留郡富士河口湖町

・アクセス:
<電車の場合(もみじ回廊)>
富士急行河口湖駅から車で約20分
富士急行河口湖駅から河口湖周遊バスで約25分→久保田一竹美術館下車徒歩すぐ
<車の場合>
中央自動車道河口湖ICから約20分
東名高速道路富士IC・御殿場ICから約60分

河口湖の紅葉の見どころといえば、なんといっても「富士山、河口湖、紅葉」のコラボレーション。

雄大な景色はまるで絵画を見ているようで、感動してしまいます。60本の巨木もみじがずらりと並んだもみじ回廊や、約1.5kmのもみじ街道も見どころのひとつ。

河口湖大石公園のコキアの紅葉もおすすめの紅葉スポット。かわいらしいピンク色に染まったコキアと富士山の景色にとても癒されます。紅葉まつり期間中には、もみじ回廊のライトアップが開催されます。

ライトに照らされたもみじは燃えるような迫力で、幻想的で見ごたえたっぷり。昼と夜、2度紅葉を楽しむのがおすすめ。紅葉まつり期間中にはジャズフェスティバルも行われ、音楽と紅葉を一度に満喫できますよ。黄金の七福神参りや温泉も欠かせないです!

7.新潟県・ドラゴンドラ

【2018年】甲信越の紅葉の名所7選!おすすめスポットを県別、見ごろ順に紹介!

・見ごろの時期:10月上旬~11月上旬

・場所:新潟県南魚沼郡湯沢町三国202

・アクセス:
<車の場合>
関越自動車道「月夜野I.C.」から国道17号線で33km(平常時約50分)
「湯沢I.C.」から国道17号線で21km(平常時約30分)。
※茨城県、栃木県方面から→北関東自動車道~高崎JCT(関越自動車道)経由が便利
※神奈川県、静岡県方面から→圏央道~鶴ヶ島JCT(関越自動車道)経由が便利
<電車の場合>
「上越新幹線越後湯沢駅」東口から路線バスで約50分

苗場スキー場とかぐらスキー場を結ぶドラゴンドラは、日本最長5481m。赤や橙、黄色に染まった山々や美しい渓流の上などを通過する空中散歩は片道約25分で、長い時間紅葉を楽しめるのが魅力。

美しい紅葉はもちろん見どころですが、エメラルドグリーンが鮮やかな「二居湖」も見どころのひとつ!天候によって七色に変化する神秘的な湖は必見。

スタートから数えて14本目の柱付近は、二居湖と清津川を眺めることができる絶好のビューポイント。「田代ロープウェー」中間部は、通過時の瞬間地上高日本一の230m。サンシャイン60の高さに匹敵するのでスリル満点。ドラゴンドラと併せて利用してみてくださいね。

フジロックの森でボードウォークを楽しんだり、道の駅で食事や買い物、足湯を楽しんだりもできるので観光に最適なスポットになっていますよ。

さいごに

2018年甲信越の紅葉7選を紹介しました。

どのスポットも自然豊かで、紅葉が見ごたえたっぷりでしたね。観光や宿泊なども楽しめるスポットばかりなので、秋のお出かけの参考にしてくださいね。

あわせて読みたい関連記事

海外旅行の計画を立てるときはコレ!



各社の海外旅行プランを無料で比較!
【タウンライフ旅さがし】

・ネット予約は楽だけど相談しづらい
・店舗予約だと他社比較が面倒

そんな悩みを解決!
ネットの手軽さと店舗の相談しやすさ、両方のいいとこ取りができるサービスを紹介しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA