本郷の瀧桜(又兵衛桜)のお花見2018!見ごろ・開花はいつ?周辺花見スポットも紹介!

本郷の瀧桜(又兵衛桜)の花見2018!見ごろ・開花はいつ?周辺花見スポットも紹介!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

あなたは花見と聞いてどのような光景を思い浮かべますか?

たくさんの桜が咲き誇る桜並木や、180度桜に囲まれた桜のトンネルなど、様々な花見のイメージがあると思いますが、今回ご紹介する本郷の瀧桜はどちらでもないたった1本の桜

今回は、他の花見スポットにはない迫力ある本郷の瀧桜(又兵衛桜)について、見ごろやアクセス方法、見逃せない見どころを紹介します。

スポンサーリンク

本郷の瀧桜(又兵衛桜)の花見2018の基本情報

・見ごろ:4月上旬から4月中旬

・場所:奈良県宇陀市大宇陀拾生714-1

・アクセス:
<車の場合>
名阪国道 針ICから約40分
<バスの場合>
奈良交通 大宇陀行バス乗車→大宇陀終点から徒歩約20分

・開花時期:3月27日 ※昨年情報より引用

・料金:無料(桜周辺整備協力金として100円の募金あり)

・問い合わせ先:0745-82-2475

本郷の瀧桜(又兵衛桜)の花見2018の見どころ

奈良県1位の大人気花見スポットになっている、本郷の瀧桜は別名「又兵衛桜」とも呼ばれています。これは戦国武将だった後藤又兵衛が、戦で敗れたのちこの土地に屋敷を構え、僧侶のふりをして晩年を過ごした、という話から名づけられたと言われています。

そんな歴史ある本郷の瀧桜、実はあなたも無意識に目にしているかも?しれません。

こちらの映像40秒以降に注目してご覧ください。

とっても立派な一本桜ですよね!そう、今回ご紹介する本郷の瀧桜は2000年NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」のオープニングに使用されていたんです。

この映像を見たら実際に見たくなりますよね!魅力あふれる本郷の瀧桜の見どころを見ていきましょう。

一本桜

言うまでもありませんが、本郷の瀧桜は一本桜

幹周り約3メートル、高さ約13メートルの迫力あるシダレザクラはここでしか見ることが出来ません。一本桜の名所として知られている福島県三春町の「三春瀧桜」が東の横綱、この本郷の瀧桜が西の横綱と呼ばれているぐらい全国的にみても見事な桜です。

桃の木

こちらの写真をよく見てみると、一本桜を取り囲むように濃いピンクの色をした花がたくさんあります。桜の色と綺麗なグラデーションになっていて美しいですね。

こちらは約50本の桃の木で「桜がひとりでは可哀想だ」ということで植えられたもの。桜の見ごろとほぼ同時期に見ごろを迎え、桜の木とは一味違う美しさを楽しむことが出来ますよ。

又兵衛桜まつり

桜が見ごろになる4月上旬から4月中旬にかけて、地元の特産品などを購入することができる又兵衛桜まつりが開催されます。

特産品の吉野葛や大和茶をはじめ、軽食を頂くことが出来るので是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

本郷の瀧桜(又兵衛桜)の花見2018の混雑予想

本郷の瀧桜が見ごろを迎える頃には毎年5~6万人の人出があり、土日には一部で交通規制が敷かれることもあるほど、周辺は混雑します。

しかも開花から満開になるまで約5日間と比較的早いので、「満開の本郷の瀧桜を見たい!」という花見客が一定の期間に集中して訪れます。

人混みに負けて花見を十分に楽しめなかった‥なんてことにならないように、しっかり下調べをしてから行くようにしましょう。今回はアクセス方法別に紹介していきますよ!

バスを利用する場合

本郷の瀧桜周辺には最寄り駅がないので、公共交通機関を利用する場合はバスに乗ることになります。近鉄樺原駅から大宇陀行のバスで約20分間、終点まで乗車するルートになりますが、残念ながらバスの本数がかなり少ないです。

平日の7時台は1時間4本出ていますが昼頃には1時間1本、土日になると基本1時間に1本になってしまいます。帰りも同様にバスの本数は多くありません。

ですが車を利用する花見客がとても多いので、バスが大混雑してしまうことはないと思います。バス停から20分ほど歩くことになるので、バスの中でゆっくり出来るのは嬉しいですよね。

そんな中でより混雑を避けることが出来る時間帯は、朝早い時間

花見客が少ない上、帰りのバスの時間に追われることもないので、花見を十分に楽しむことが出来ますよ。

車を利用する場合

本郷の瀧桜は少し不便な場所にあるので多くの花見客が車を利用しますが、合計約500台収容できる民間駐車場が用意されるため、平日なら停める場所に困るということはないと思います。

ただ土日になると、満車になってしまうこともあるのでなるべく朝早い時間に行くようにしましょう。午後になるとほとんどが満車になってしまいますよ。

ちなみに本郷の瀧桜までの距離によって駐車料金が変わってくるので、それぞれ管理されている方に確認をとることをおすすめします。

本郷の瀧桜(又兵衛桜)周辺の花見スポット

宇陀市には、本郷の瀧桜以外にも桜を楽しむことができるおすすめスポットがあります。是非一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

大野寺の桜

・見ごろ:4月上旬から4月中旬

・場所:奈良県宇陀市室生大野1680

・アクセス:
<電車の場合>
近鉄室生口大野駅から徒歩約5分
<車の場合>
国道165号から近鉄室生口大野駅方面へ約5分

2種類のシダレザクラを楽しむことが出来る大野寺の桜は、本郷の瀧桜と同じ頃に見ごろを迎えます。大野寺の駐車場は小さいので車で行く場合は、駅周辺にある駐車場の利用がおすすめですよ。

佛隆寺の千年桜

・見ごろ:4月中旬から下旬

・場所:奈良県宇陀市榛原赤埴1684

・アクセス:R369号高井交差点から約5分

佛隆寺の桜は、奈良県最大最古級の桜として県天然記念物に指定されています。学術上でも貴重な品種の桜で、なかなか見ることが出来ないのでおすすめの花見スポットです。

さいごに

以上が本郷の瀧桜(又兵衛桜)の花見2018の紹介でした。

見どころが盛りだくさんの本郷の瀧桜はもちろん、周辺にはたくさんの花見スポットがありましたね。今年のお花見は是非ご家族で奈良県に出かけましょう!

【要チェック!】

関西のおすすめお花見スポット10選を紹介しています。

穴場や定番など、どのスポットも魅力いっぱいですよ!2018年の春を感じに行きませんか?


【2018年】日本各地の定番&おすすめ初詣スポットまとめ!今年の初詣はどこへ行く?

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA