鳴子峡の紅葉2018!見ごろ・時期はいつ?遊歩道情報も紹介!

鳴子峡の紅葉2018!見ごろ・時期はいつ?遊歩道情報も紹介!

鳴子峡は、宮城県の名勝に指定されている美しい峡谷。四季折々の景色を楽しめるのが魅力ですが、紅葉の時期は特に絶景を見られるとあって、たくさんの人が訪れるんですよ。

そこで今回は、鳴子峡の紅葉2018の見ごろ・時期や写真、ライブカメラ、遊歩道などを紹介していきます。

スポンサーリンク

鳴子峡の紅葉2018の基本情報

・見ごろの時期:10月下旬~11月上旬

・場所:宮城県大崎市鳴子温泉

・アクセス:
<電車の場合>
JR鳴子温泉駅から車で約10分
JR中山平温泉駅から車で約5分
<車の場合>
東北自動車道古川ICから約50分

・駐車場:
鳴子峡中山平側駐車場・第1~第3合計253台
(10月中旬~11月中旬は有料予定)普通車500円

・紅葉する木の種類:ウリハダカエデ、コシアブラ

・問い合わせ先:TEL 0229-83-3441(鳴子観光・旅館案内センター)

・公式サイト:大崎市HP

鳴子峡の紅葉2018の見どころ

景勝地として親しまれている鳴子峡は、大谷川の侵蝕により造られた峡谷。国道47号に平行して走るV字型峡谷は、高さ約100mの断崖絶壁が2.5kmに渡って続いています。

秋には、奇岩と松の緑に鮮やかな紅葉が加わり、名所の中でも第一級といわれるほどの美しい光景を見ることができます。ドライブにもぴったりなんですよ。

写真撮影の定番といえば、紅葉と橋のコラボレーション

赤や橙、黄色、緑に彩られた木々が橋を包み込むような光景はフォトジェニック!見晴台のある「鳴子峡レストハウス」からは、鳴子峡を一望できておすすめ。

スポンサーリンク

鳴子峡の紅葉2018の楽しみ方いろいろ♪

鳴子峡の紅葉を楽しむなら、やっぱり遊歩道ははずせません!

「鳴子峡遊歩道」は、鳴子峡レストハウスから回顧橋まで(片道約350m)の区間と、鳴子側入口(大谷橋)から約230mまでの区間を通行することができます。(開放時間は午前9時から午後4時まで)

もうちょっと長い距離で散策を楽しみたいあなたには、「鳴子峡大深沢遊歩道」もあります。鳴子峡レストハウスを起点に1周2.2㎞のコースは、約50分かかるそう。

50分と聞くと長く感じますが、遊歩道はきれいな紅葉に囲まれているのであっという間に歩き終わってしまいますのでご安心を^^

散策のひとやすみに栗だんごはいかが?

鳴子峡レストハウスでは、名物の栗だんごをいただくことができます。

柔らかいだんごの中にはごろっとした栗が入っていて、かなり食べ応えがありますよ。散策の疲れも吹っ飛びますね!小腹が空いたらぜひどうぞ♪

車窓からの紅葉も絶景!

遊歩道で楽しむのはもちろん定番ですが、電車の車窓から紅葉を楽しむのはいかがでしょうか?

東北本線の小牛田駅と奥羽本線の新庄駅を結ぶ陸羽東線が鳴子峡を通過します。

鳴子温泉駅を発車した電車は車窓右側に荒雄川の流れを見ながら進み、鳴子トンネルを通過します。トンネルを抜けると、紅葉に染まった断崖絶壁の鳴子峡が現れて圧巻。

見ごろの時期には電車が減速運転をするので、美しい鳴子峡の紅葉をゆっくりと眺めることができますよ。

鳴子峡は湯めぐりもおすすめ♪

鳴子峡といえば、鳴子温泉郷鳴子温泉郷は、「鳴子温泉」「東鳴子温泉」「川渡温泉」「中山平温泉」「鬼首温泉」の5ヶ所の温泉地の総称。

日本にある11の泉質のうち、9種類が鳴子温泉郷に集まっているんですよ。すごいですね!

昔から東北の湯治場として知られていて、温泉の効能や泉質の良さには定評があるので、散策の疲れが取れそうですね~

湯めぐりチケットがおすすめ!

鳴子温泉郷のいろんな泉質を楽しみたいあなたにぴったりなのが「湯めぐりチケット」

チケットに付いている6枚のシールで入浴すると、現金で入浴するよりも割引になってお得。宿泊しなくても気軽にいろんな温泉を楽しめるなんて嬉しいですよね。

チケットは鳴子温泉郷の「鳴子温泉」「東鳴子温泉」「川渡温泉」「中山平温泉」「鬼首温泉」+「赤倉温泉」「瀬見温泉」の計7種類。

1枚1300円(こけし手形付は1650円)で、鳴子観光・旅館案内センター(鳴子温泉駅からすぐ)で販売されています。

紅葉を楽しんだ後は、温泉めぐりをしてみるのもおすすめですよ。

鳴子峡の紅葉2018のバス、渋滞情報

紅葉の見ごろに合わせて運行する臨時の路線バス、また、気になる紅葉の時期の渋滞情報も紹介していきます。

臨時路線バス

鳴子峡臨時バス「紅葉号」

JR鳴子温泉駅~日本こけし館~鳴子峡~しんとろの湯~中山平温泉駅間を運行します。

臨時バス「おくのほそ道湯めぐりジャンボ号」

鳴子温泉入口~鳴子温泉駅~潟沼~鳴子ダム~鳴子峡~中山平温泉駅間を運行するタクシーバス。10月から土日祝運行予定。

渋滞について

紅葉が見頃の時期にはたくさんの人が訪れるので、渋滞は避けられません。しかも、ほぼ一本道なので、回避する方法があまりありません。

渋滞にはまらないようにするには、この3つを検討することをおすすめします!

  1. 早朝に行く
  2. 電車やバスを利用する
  3. 思い切って宿泊する

渋滞にはまらずに、快適に紅葉を楽しみたいですね!

さいごに

鳴子峡の紅葉2018を紹介しました。自然豊かな鳴子峡は、雄大な景色を楽しめるのが魅力でしたね。

遊歩道や電車、温泉と、楽しみ方が豊富なので、日帰りのお出かけはもちろん、泊りがけのお出かけにもおすすめですよ。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA