相模原納涼花火大会2018の見どころや穴場スポットは?有料席のチケットも紹介!

相模原納涼花火大会2018の見どころや穴場スポットは?有料席のチケットも紹介!

相模原納涼花火大会は、神奈川県有数の打ち上げ数を誇る人気の花火大会。

打ち上げ場所の間近で観賞できるので迫力満点。屋台もたくさんあるので、お祭り気分を味わえますよ。

そこで今回は、相模原納涼花火大会2018の出店、駐車場、穴場スポット、チケットなどを紹介していきます。

相模原納涼花火大会2018の基本情報

・日時:2018年8月25日(土) 19:00〜20:15(開会式18:45〜)

・打ち上げ場所:神奈川県相模原市中央区/水郷田名、相模川高田橋上流
(カーナビに入れる場合は、相模原市中央区水郷田名4丁目10-1が便利)

・アクセス:
<電車・バスの場合>
JR横浜線・相模線・京王相模原線橋本駅から神奈中バス田名バスターミナル行きで30分、終点下車、徒歩15分
※混雑時はバスが2時間以上かかる場合があり、午後3時頃までにバスに乗車しないと花火大会会場に到着できない場合あり)
<車の場合>
圏央道相模原愛川ICから約6km

・打ち上げ数:8000発

・人出数:20万人

・駐車場:臨時2500台(1台1000円)予定

・トイレの数:常設2か所、仮設6か所予定

・問い合わせ先:TEL 042-771-3767(相模原市観光協会)

・公式サイト:相模原納涼花火大会

相模原納涼花火大会2018の見どころ

約8000発という打ち上げ数は、神奈川県でも有数のスケールを誇ります。スターマインが中心の花火は、約45分間の間にすべて打ち上げので、目が離せません。

打ち上げ場所から最も近い場所で観賞できるのが市民協賛者席。ここでは、迫力ある花火を体感することができるんですよ。

フィナーレの「百花繚乱」は1番の見どころ。色鮮やかな花火が連発!音楽に合わせて打ちあがるのがまたいいですね~

18秒過ぎからフィナーレがスタート♪

去年は、素敵な花火を見せてくれた花火師さんへの感謝を込めて「会場のみなさんでスマートフォンのライトを使って花火師の皆さんに光のプレゼント!」というイベント?もDJの方の合図で行われましたよ^^

花火師さんの頑張りをみんなで労いましょう♪

出店・屋台も充実!

会場周辺にはこのようにずらりと出店が並んでいます(写真右上)。

たこ焼きやお好み焼き・焼きそばなどのお食事系から、チョコバナナ・かき氷・電球ジュースなどの甘い系まで幅広く揃っています。

明るい時間帯から営業しているので、早めに買っておきましょう。

相模原納涼花火大会2018の穴場スポット

「花火大会に行きたいけど、混んでいるのは苦手・・・」という方も多いと思います。そんな方には、それほどの混雑のない穴場スポットがおすすめ。交通の便が悪い花火大会なので、車で行けるスポットを紹介します。

三栗山スポーツ広場

・住所:神奈川県相模原市緑区小倉1907

花火大会会場の対岸にあるので、花火はばっちり見ることができます。駐車場とトイレも完備されているので安心です。

小沢青少年グラウンド

・住所:神奈川県愛甲郡愛川町角田4337-1

こちらも花火大会会場の対岸にあるので、きれいな花火を見ることができますよ。高田橋近くの駐車場は広め、もうひとつの駐車場は20台駐車可能ですが、利用できるかは要確認。

コピオ愛川店

・住所:神奈川県愛甲郡愛川町角田580

屋上駐車場から花火を見ることができます。店内で食べ物を調達したり、トイレを利用したりと便利。ただし、観賞場所として提供されていないので、長居は禁物です。

ヨークマート田名店

・住所:神奈川県相模原市中央区田名4693-1

地元の方によく知られた観賞スポットで、屋上駐車場から花火を見ることができます。店内で食べ物を調達したり、トイレを利用したりできるので安心。去年は観賞場所として開放されていたようですが、今年はまだ不明なので要確認です。

相模原納涼花火大会2018の有料席チケット情報

相模原納涼花火大会では毎年、市民協賛席という有料席が設けられています。事前に席を確保しておけば、急いで場所取りをする必要がないのでラクチンですよ。

  • シングルチケット:2,500円
    (市民協賛者席入場券 1名様分を進呈)
  • セットチケット:10,000円
    (市民協賛者席入場券 5名様分を進呈)

購入方法

  • ローソンチケット
  • セブンチケット
  • チケ探TICKETAN
  • e+イープラス

※協賛者席内には専用トイレが設けてあるので、長い時間並ばずに利用できて便利。打ち上げ場所が間近なので、大迫力の花火を観覧することができます。入場は午後1時から開始予定。

相模原納涼花火大会2018の駐車場情報

河川敷に臨時駐車場が2500台分用意されています。多いような少ないような・・・感じですね。
駐車場を利用するにあたっての注意点などを紹介します。

  • A駐車場:(愛川町、厚木方面)
  • B・C駐車場:(相模原市内・国道16号・国道129号・圏央道・横浜方面)
  • A出口:愛川町、厚木方面(高田橋交差点 左折で退出)
  • B出口:相模原市内・国道16号方面(水郷田名団地交差点 右折で退出)
  • C出口:国道129号・圏央道・横浜方面

となっているので、帰りに利用する出口に合わせて駐車場を利用しましょう。

駐車場の満空情報については、当日エフエムさがみの放送(FM83.9MHz)でお知らせするほか、会場までの道路上に満空情報の看板を設置しています。午後4時くらいに到着するように行けば停められるはず。

例年、駐車場を出るまでに2~3時間かかる場合もあるので、駐車場の退出に際して何らかの制限を行う場合があります。(※例として花火終了後30分~1時間はC出口以外からは退出できない・・など)

遅い方だと0時を回ってしまうこともあるので、早く帰りたい方は花火観賞を早めに切り上げて、ちょっと早めに駐車場を出た方がよさそうです。

さいごに

相模原納涼花火大会2018を紹介しました。

神奈川県内屈指の花火大会は見ごたえたっぷり。交通の便が悪いのがネックですが、観賞場所などを工夫して楽しんでくださいね。

【要チェック!】

神奈川のおすすめ花火大会5選を紹介しています。

どの花火大会も見どころたっぷり。2018年の夏は花火大会を満喫しませんか?

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA