仙巌園の桜2018!見ごろ・開花はいつ?おすすめ観光スポットも紹介!

仙巌園の桜2018!見ごろ・開花はいつ?おすすめ観光スポットも紹介!

あなたは、鹿児島県にある「仙巌園(せんがんえん)」をご存知でしょうか?

かなり名が知れている人気の花見スポットで、県内だけでなく全国から花見客が訪れます。またあの大ヒットNHK大河ドラマのゆかりの地としても有名。

ヒントはずばり「鹿児島」!ピンときたあなたも、きていないあなたもこの記事を読んでスッキリしましょう!

今回は仙巌園での花見について、見どころや詳細情報、おすすめ観光スポットを紹介します。

スポンサーリンク

仙巌園の桜2018の基本情報

・見ごろ:2月上旬から4月上旬

・住所:鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1

・アクセス:
<車の場合>
九州自動車道 姶良ICから約20分
<公共交通機関の場合>
JR九州新幹線 鹿児島中央駅から観光地巡回バス乗車→仙巌園すぐ

・開花時期:4月1日 ※品種によって開花時期は大きく異なります

・休園日:無休(2018年3月4日は鹿児島マラソンのため休業)

・料金:大人1,000円/小中学生500円

・営業時間:午前8時30分~午後5時30分

・問い合わせ先:仙巌園(代表)099-247-1551

仙巌園の桜2018の見どころ

仙巌園での花見の見どころを紹介する前に、冒頭でご紹介した大河ドラマの答え合わせをしていきましょう。その答えは2008年放送の「篤姫」!正解だった方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず。篤姫は21世紀に放送された大河ドラマのなかで、最高の視聴率を記録している大ヒット作品なんです。

主演の宮崎あおいさんや堺雅人さん、瑛太さんなどたくさんの人気俳優が出演していたことでも話題になりましたよね。また2018年1月から放送されている大河ドラマ「西郷どん」でも、ロケ地として使用されているので、ますます人気の観光地になりそうですね。

そんな人気観光地にもなっている仙巌園ですが、元々は薩摩藩主島津氏の別邸があった場所。だから「篤姫」や「西郷どん」の舞台になっているんですね。

そして5haもの広大な敷地内には、見応えたっぷりの歴史ある場所が数多く残されています。中でも有名なのが、

  • 桜島を最高の場所から見ることが出来る「桜島ビューポイント」
  • 実際に篤姫のロケ地として使用された「正門」
  • 2015年に世界遺産に登録された「反射炉跡を含む旧集成館」

他にも薩摩の郷土料理を頂くことが出来るレストランや、薩摩切子をはじめとする名産品を購入できるお店もあるので、「歴史には興味がないなぁ」なんて思っているあなたでも十分に楽しむことが出来る場所になっていますよ。

さぁ!仙巌園について少し学べたところで、本題の仙巌園での花見の見どころを見ていきましょう。

桜の種類が豊富

仙巌園には、カンヒザクラ・ソメイヨシノ・ヤマザクラ・サトザクラなど様々な種類の桜が植えられています。

中でも2月中旬頃に開花を迎えるカンザクラを見ることが出来るのは、仙巌園の大きな見どころになっています。園内のなかを散歩しながら探してみるのも楽しいですよ。

大パノラマが見れる

こちらの写真、お見事!と思わず言ってしまいそうになるぐらい綺麗ですよね!このように仙巌園では桜島と桜の美しすぎるコラボレーションを楽しむことが出来ます。

訪れた際には記念撮影をお忘れなく。思い出の1枚になること間違いなしですよ!

催し物が盛りだくさん

春の仙巌園はたくさんの催しものが行われます。桜の見ごろに開催される「薩摩のひなまつり」、ひなまつり当日女性限定で開催される「流しびな」、曲水の庭で和歌を詠む「曲水の宴」など、仙巌園ならではの催し物ばかりなので是非参加してみてはいかがでしょうか?

公式ホームページで詳しい日程を確認してから行くようにしましょう。

2月上旬から4月まで長い期間桜を楽しむことが出来る仙巌園。桜の品種によって開花時期が大きく異なるので、事前にチェックしておくと安心ですよ。

スポンサーリンク

仙巌園の桜2018の混雑予想

見どころでご紹介したように、仙巌園での花見は2月~4月と長い期間楽しむことが出来ます。そのため花見客が一定期間に集中しにくいという特徴があります。

ただまつりなどの催しものが開催される日は、他の日に比べて人出が多い可能性があるので「桜や景色を楽しみたい」という場合は、別の日に行く方がゆっくり見ることが出来ておすすめです。

今回は仙巌園に訪れたことのないあなたでも安心して行くことが出来るように、アクセス方法別にまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

公共交通機関で行く場合

公共交通機関を利用して仙巌園へ行く場合、大きくわけて二つのアクセス方法があります。

1.電車とバス

鹿児島市の中心部に位置している「鹿児島中央駅」からバスを利用して仙巌園へ行くことが出来ます。

地元の方が多く利用する民営バスに乗って行くことも出来ますが、

  • カゴシマシティビュー→1日乗り放題で大人600円/小人300円
  • まち巡りバス→乗車1回:大人170円、小人90円/1日乗車券:大人500円、小人250円

この二つがおすすめ。特にまち巡りバスには、車内で利用できるフリーWi-Fiがあるのでとても便利ですよ。

2.電車と徒歩

JR鹿児島駅から歩いて30分ほどで仙巌園へ行くことも出来ます。

道中には絶景を見ることが出来る「多賀山公園(東福寺城跡)」があり一息つくこともできるので、天気の良い日にはおすすめのルートですよ。

車で行く場合

車で行く場合、一番心配なことと言えば「駐車場」ですよね。

仙巌園には100台収容可能な駐車場が完備されています。満車になる可能性は低いので、こちらを利用するようにしましょう。

ここでは1日300円の駐車料金が必要になりますが、コインパーキングのように時間を気にすることなく楽しむことが出来るので、安心ですよね。また他にもこんな嬉しい情報も。

男性用のトイレにもベビーベットがあるのは、赤ちゃん連れの方にとってとても便利!イクメンパパにも嬉しいつくりになっています。

鹿児島市のおすすめ観光スポット

仙巌園で桜を堪能したあとは、こちらに行ってみませんか?周辺にあるおすすめ観光スポットを紹介します。

ウォーターフロントパーク

・住所:鹿児島市本港新町5-4

1年を通して様々なイベントが行われる公園。イベントがない時でも綺麗な景色を見ることが出来るので、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?夜景もおすすめですよ。

観光農業公園(グリーンファーム)

・住所:鹿児島市喜入一倉町5809-97

・営業時間:
4月~10月→8時30分~18時00分
11月~3月→9時00分~17時00分

・休業日:年末年始

こちらには新鮮な野菜を使ったレストランで食事をしたり、野菜の収穫体験が出来ます。お子様と一緒に楽しむことが出来る施設になっているので、ファミリーにおすすめです。

さいごに

以上が仙巌園の桜2018の紹介でした。

歴史ある場所で楽しむことが出来る、仙巌園の花見。家族旅行にもピッタリの場所なので、春のお出かけにいかがでしょうか?

【要チェック!】

九州のおすすめお花見スポット10選を紹介しています。

穴場や定番など、どのスポットも魅力いっぱいですよ!2018年の春を感じに行きませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA