深耶馬渓の紅葉2018!見頃・時期はいつ?ライトアップや蕎麦処も紹介!

深耶馬渓の紅葉2018!見頃・時期はいつ?ライトアップや蕎麦処も紹介!

深耶馬溪は、九州を代表する紅葉の名所。秘境と呼ばれる「耶馬渓」の中で1番の景勝地である「一目八景」があることでも知られています。

壮大な渓谷を彩る赤や黄色の紅葉は見ごたえがあり、たくさんの人が訪れます。

そこで今回は、深耶馬渓の紅葉2018の見ごろの時期、ライトアップ、おすすめ観光コース、ランチにぴったりのお蕎麦などを紹介していきます。

スポンサーリンク

深耶馬渓の紅葉2018の基本情報

・見頃の時期:10月下旬~11月中旬

・場所:大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬

・アクセス:
<電車の場合>
JR豊後森駅からバスで約20分
<車の場合>
大分自動車道玖珠ICから県道28号線経由約20分

・駐車場:一目八景展望台から徒歩5分の距離に深耶馬溪公共駐車場あり

・紅葉する木の種類:モミジ、イチョウ、カエデ

・問い合わせ先:TEL 0979-54-3111(耶馬溪支所地域振興課)

深耶馬渓の紅葉2018の見どころ

深耶馬溪の見どころは、狭い谷に絶壁や石柱が屏風のように連なっている景勝地「一目八景」からの絶景。

「一目八景」は、群猿山・鳶ノ巣山・嘯猿山・夫婦岩・雄鹿長尾の峰・烏帽子岩・仙人岩・海望嶺などの岩峰群が、一目で八景を一望できることから名づけられました。

荒々しい岩肌に張り付くようにして色づいているモミジやカエデ・イチョウが、赤や橙・黄色・緑のグラデーションになっていてとってもきれい。その光景はまるで絵画を見ているよう・・・。

ダイナミックな地形と美しい紅葉のコラボレーションは見ごたえがありますよ!

毎年、11月中旬ごろに1番の見ごろを迎えます。日が当たる時間帯の関係で、午前中の観賞がおすすめですよ^^

スポンサーリンク

深耶馬渓の紅葉2018のおすすめ観光コース6選!

深耶馬渓の紅葉を見に行くなら、周辺の観光も楽しみたいですよね。

深耶馬渓周辺には、自然を楽しめるスポットから歴史を感じるスポットまでいろいろあるので、おすすめ観光コースを紹介していきます。

1.平田城址

平田城址は、日本三大お家騒動のひとつである「黒田騒動」の立役者として知られる「栗山大膳」が10歳まで生まれ育ったことで有名な場所。

平田城址といわれていますが、本来は「白米城」と書いて「まったけ城」と呼ばれているんですよ。現在、城跡には黒田時代の石垣の一部が残っているので、ぜひ見ておきましょう。

2.擲筆峰(てきひっぽう)

江戸時代の儒学者「頼山陽」が、「あまりの美しさに描くことができないほどの景色だ」と筆を投(擲)げたことから名前がつけられた景色。

現在は、山陽が賞賛した「三がいの松」は枯れてしまっていますが、岩壁と山国川の清流が調和した絶景を観ることができますよ。

3.渓石園

耶馬溪の清流をイメージして作られた庭園。周囲にはモミジや桜などが植えられ、四季折々の自然を望むことができます。秋は池の周りが赤に美しく染まることから、紅葉の名所としても人気があります。

渓石園の入り口にある食事処「さくら茶屋」では、庭園を見ながら食事ができるのでおすすめ。

4.耶馬渓アクアパーク

全国初の公営水上スキー施設として平成6年にオープンしたスポット。水上スキーだけではなく、ウェイクボードやバナナボートなどを楽しむことができます。

インストラクターが丁寧に指導してくれるので、子どもから大人まで安心して楽しむことができます。紅葉の時期には湖面遊覧がおすすめ。

5.一目八景

名勝・耶馬溪の中でも特に風光明媚と称されている人気のスポット。

山国川の支流と山移川に沿った景勝地は、海望嶺・仙人岩・嘯猿山・夫婦岩・群猿山・烏帽子岩・雄鹿長尾嶺・鷲の巣山の8つの景色を一度に見ることができることから、「一目八景」と呼ばれています。

6.後藤又兵衛の墓

後藤又兵衛は、父の遺言により同輩の「小寺官兵衛(黒田孝高)」に仕えて心身を鍛え、名実共に勇将となりました。

大阪夏の陣では大和方面に出馬して戦功がありましたが、道明寺河原で討ち死にしたと伝えられている一方で、大阪の敗戦後は放浪の旅で西下して縁のあるこの地へ落ちのび、豊臣家の再興を期していましたが、風の便りに豊臣家廃嫡の不運を知り、自刃したとも伝えられています。

紅葉はもちろん、歴史も知ることができる観光コースになっています。

深耶馬渓の紅葉2018のライトアップ、ランチ情報

深耶馬渓ではライトアップが行われるのか、近くにはランチができるお食事処があるのか、気になりますよね。そこで、ライトアップ情報おすすめのお蕎麦屋さんを紹介します。

ライトアップはあるの?

例年、10月中旬~11月下旬の午後5時~9時に、一目八景と県道28号線沿いのモミジがライトアップされます。

ライトに照らされたモミジは幻想的で、夜の耶馬渓を優しく照らしてくれます。ドライブの途中に走ってみてはいかがでしょうか。

ランチにぴったり☆おすすめのお蕎麦屋さん2選

鹿鳴館

・場所:大分県中津市耶馬溪町深耶馬溪

上質な粉と水で丁寧に打ち上げる純手打ちそばが自慢のお店。

メニューはそばの香りと食感をダイレクトに味わえるざるそばやおろしそば・冷やしそばの他に、器いっぱいにとろろがのった山かけそばもあります。耶馬渓は「山かけ」発祥の地なので、山かけが人気なんですよ。

そばの香りと食感にやさしいとろろが絶妙に絡んで美味。おばあちゃん手作りのそばまんじゅうもおすすめ。

元祖深瀬屋

・場所:大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬3177-2

山かけそばの元祖で、手打ちそばと自然薯を使った山芋とろろが人気のお蕎麦屋さん。すぐ近くに「元祖深瀬屋本家」というお店は、元祖深瀬屋の店主の兄弟がやっているお店なんだそう。ということで、どちらでも先代の味を引き継いだおいしいそばを味わうことができます。

挽きたて打ち立てのそばは上品な味わいで、甘めのつゆとよく合います。看板メニューの山かけそばは、さっぱりとしたそばと旨味のあるとろろが絶妙。紅葉の時期はあったかいそばがおすすめ。

さいごに

深耶馬渓の紅葉2018を紹介しました。

景勝地が赤や橙・黄色に美しく染まる景色は圧巻でしたね。観光コースを参考にして、のんびり散策してみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA