下町七夕まつり2018の日程・アクセスは?イベント内容も紹介!

下町七夕まつり2018の日程・アクセスは?イベント内容も紹介!

7月といえば七夕ですよね☆浅草から上野にかけて続くかっぱ橋本通りでは毎年、下町七夕まつりが開催されます。

カラフルな七夕飾りが施された通りではさまざまな催しが行われ、たくさんの人で賑わうんですよ。

そこで今回は、下町七夕まつり2018の日程やスケジュール、イベント内容などを紹介していきます。

スポンサーリンク

下町七夕まつり2018の基本情報

・日時:2018年7月5日(木)~9日(月)

・場所:浅草から上野にかけてのかっぱ橋本通り

・アクセス:
JR上野駅から徒歩5分
東京メトロ日比谷線入谷駅から徒歩5分
東京メトロ銀座線田原町駅・稲荷町駅から徒歩5分
つくばエクスプレス浅草駅から徒歩3分

・駐車場:なし

・問い合わせ先:TEL 03-5246-1111(ときめきたいとうフェスタ事務局)

・公式サイト:下町七夕まつり

下町七夕まつり2018の見どころ

下町七夕まつり期間中には大小さまざまな七夕飾りや提灯などが通りに施され、商店街が1年で最もにぎわいを見せます。

色とりどりの七夕飾りは「天の川」をイメージしているんですよ☆

七夕飾りが施された通りは、昼と夜ではまったく違う表情を見せてくれます。夜はライトアップされたスカイツリーとの競演を楽しむことができるので、デートにもぴったり。

この時期にしか見ることのできない商店街の雰囲気を、ぜひ見ておきたいですね♪

屋台はどんな感じ?

おまつりといえば屋台ですよね!屋台は屋台でも、お祭りで見かけるテキ屋ではなく地元商店街の方が出しているお店がほとんど。

食べ物の種類が多いだけじゃなく、焼き鳥が80円~など、値段が安いのも魅力なんですよ。商店街ならではのグルメをいろいろ味わえるチャンス☆お土産に買って帰るのもおすすめ。

食べ物以外には金魚すくいやヨーヨーなどの模擬店もあり♪

スポンサーリンク

下町七夕まつり2018のイベント内容、スケジュールは?

毎年、七夕まつり期間中の土曜日午前10時~午後8時日曜日午前10時~午後7時には、かっぱ橋本通り全体が歩行者専用になります。

土曜日と日曜日にはたくさんの模擬店が並んで縁日の雰囲気を楽しめるのはもちろん、パレードやパフォーマンス・伝統工芸の出店などもあり、飽きることなく1日中散策することができますよ。

去年は・・・

  • 土曜日の午後1時15分頃から、警視庁音楽隊カラーガード隊・白バイ隊クイーンスターズ・小学校鼓笛隊・幼稚園児の七夕仮装行列などによるパレード
  • 午後4時頃から7時頃まで越中おわら節
  • 日曜日の午前11時から「阿波踊り」や「佐渡おけさ」などの流し踊りなどのパフォーマンス
  • 午前10時から午後3時までフリーマーケット
  • 午前12時から午後4時までかっぱ寺前で紙芝居や似顔絵、飴細工

などが行われました。

この他にも、子どもから大人まで楽しめる催しがたくさんあるので、公式サイトを随時チェックしてみてくださいね^^

下町七夕まつり2018でイベントに参加してみよう♪

下町七夕まつりでは、参加できるイベントもあります。おまつりに出かけた際は、ぜひ参加して七夕をより満喫しちゃいましょう!

あなたの願いを天の川に届けます☆

商店街各所に笹竹が用意されていて、短冊に願い事を書いて自由に結わうことができます。地元のちびっこたちのかわいい願い事が書いてあって、見ているだけでもほっこりとした気持ちになります。

子どもはもちろん、大人も童心に帰って願い事を書いてみるのも楽しいですよ^^

下町七夕まつりフォトコンテスト

「下町七夕まつり」を写した写真を毎年募集しています。

今年の詳細はまだわかりませんが、テーマは自由!写真を撮るのが趣味のあなた、写真は初心者だけど応募してみたいあなた、どなたでも大歓迎。

金賞や銀賞、銅賞などに選ばれると、現金や素敵な記念品がいただけますよ。おまつりに出かけた記念に写真を撮って、コンテストに応募してみてはいかがでしょうか。

下町七夕まつり2018の周辺おすすめイベント

下町七夕まつり開催期間中には、周辺でも四季を感じられるイベントが2つ開催されています。徒歩ですぐの場所なので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

入谷朝顔まつり

・日時:7月6、7、8日 午前5時~午後11時

・場所:入谷鬼子母神内(東京都台東区下谷1-12-16)

・アクセス:JR鶯谷駅南口徒歩3分、地下鉄入谷駅徒歩1分

入谷朝顔市は今年で70年目を迎えます。入谷鬼子母神を中心として言問通りに60軒の朝顔業者がずらりと並び、色鮮やかな朝顔を眺めたり購入したりできます。

また、子どもから大人まで楽しめる80軒の露店も立ち並び、毎年40万人もの人で賑わいます。江戸の夏を感じに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ほおずき市

・日時:7月9、10日 午前8時~午後9時

・場所:浅草寺(東京都台東区浅草2-3-1)

・アクセス:各線浅草駅から徒歩5分

浅草寺の境内を彩るほおずきの屋台は、浅草の夏の風物詩。境内には約100軒ものほおずきの露店が立ち並び、ほおずきの鮮やかな朱色が夏を感じさせてくれます。

また、風鈴も売られているので、暑い夏に涼を添えてくれますよ。7月10日に参拝すると、4万6千日お参りしたのと同じご利益があるといわれているので、浅草寺への参拝もお忘れなく。

さいごに

下町七夕まつり2018を紹介しました。

色鮮やかな七夕飾りが施された商店街は、イベントも盛りだくさんで1日中楽しめそうでしたね。夏らしさを感じに、家族やお友達などと出かけてみてはいかがでしょうか。

【要チェック!】

関東のおすすめ七夕まつり7選を紹介しています。

どのお祭りも美しい七夕飾りが見どころ。2018年の初夏を感じに行きませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA