館林市産業祭2017の日程や見どころは?おすすめ観光&グルメスポットも紹介!

館林市産業祭2017の日程や見どころは?おすすめ観光&グルメスポットも紹介!

(トップ画像引用元:全国観るなび

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

館林市産業祭は、毎年11月の第3日曜日に開催されるおまつり。

おまつりでは野菜や果物などをお得にゲットできたり、郷土芸能の発表やのど自慢大会を見たりと地元の方を中心に賑わっています。

いろんなものをお得にゲットできる館林市産業祭の内容、気になりますよね。

今回は、館林市産業祭2017年の日程や場所、見どころ+周辺おすすめ観光スポット&グルメを紹介します。

スポンサーリンク

館林市産業祭2017年の基本情報

・日時:2017年11月19日(日) 8:30~14:30

・場所:館林文化会館(群馬県館林市城町)

・アクセス:
東武伊勢崎線 館林駅からバスで6分
東北自動車道 館林ICから車で5分

・駐車場:
市役所東広場駐車場や三の丸芸術ホール

・問い合わせ先:
館林産業振興会/TEL 0276-72-4111

・公式サイト:館林市HP

館林市産業祭2017年の見どころ

1番の見どころは、食べ物がお安くゲットできる食品コーナー。

野菜から果物、うどん、飲み物まで幅広いジャンルのものがお得に買えちゃうんです!
去年は、この日のために製造した「群馬県産小麦100%うどんが1人前50円」が目玉の花山うどんも人気でした。

また館林のご当地アイドルMenkoiガールズのライブも行なわれました。

書道が得意なメンバーで構成されたアイドルで、書道パフォーマンスが特徴。平均年齢はなんと14歳!アラサーの僕にとっては少々眩しすぎる存在です。

Menkoiガールズの書道パフォーマンスはこちら

他には、交流都市の山形県天童市や群馬県沼田市のラ・フランスやりんごの販売や詰め合わせセットの即売会、野菜や果物の大特価販売会も多くの人で賑わいました。

無料で牛乳の試飲ができたり、おにぎりや豚汁を味わえたりできるお得なコーナーには行列がずらり。

文化会館内では郷土芸能発表大会で民謡や踊りを見たり、のど自慢大会を見たりして大盛り上がり。親子で楽しめる木工作コーナーもおすすめ。

チラシの抽選券でできる福引は空くじなしでいろんな景品が当たるので、チラシをなくさないようにしましょう☆

スポンサーリンク

館林市のおすすめ観光スポット3選

1.製粉ミュージアム

住所:群馬県館林市栄町6-1

普段使っている小麦粉がどのように作られているかを体感しながら学べるスポット。

本館では館林市で生まれた日清製粉の歩みと、製粉に関するさまざまな資料を展示紹介。

新館では小麦粉を作る工程や先端技術を体感しながら学んだり、小麦粉に関する雑学を知ったりできます。貴重な企業文化遺産として継承されている本館を眺めながらのんびり庭園をお散歩するのもおすすめ。

2.向井千秋記念こども科学館

住所:群馬県館林市城町2-2

宇宙飛行士・向井千秋さんの生い立ちや宇宙旅行について、そして館林の自然を学べるスポット。

第一展示室では館林の地震や地震のしくみ、鳥のはく製展示、館林の鉱物や岩石、動植物についての展示を見ることができます。

10倍の世界のジオラマを体験できる「館林ワールド」では、大きくなった虫たちにビックリ。

第二展示室では実験装置や模型をつかって自然のしくみを学び、第三展示室では身近な科学を学び、第四展示室ではスペースシャトルの40分の1模型や宇宙実験の展示、向井千秋さんの生い立ちから現在までの展示を見ることができます。

館内にはプラネタリウムや天体観察室もあり。

3.茂林寺

住所:群馬県館林市堀工町1570

「罠にかかったタヌキを助けたところ、そのタヌキがお礼にやってきて、自分が茶釜に化けるからそれを売ってお金にする」というお話で知られる「分福茶釜」のモデルになったお寺。

境内にはさまざまな姿や表情をしたタヌキの像が22体並んでいて、タヌキと縁のあるお寺だということがよくわかります。

1426年に開山された歴史のあるお寺と、裏手にある茂林寺沼湿原を散策してみてはいかがでしょうか。

館林市おすすめグルメ3選

1.うどん本丸

住所:群馬県館林市本町3-8-1 1F

ご当地グルメの館林うどんが人気のお食事処。

落ち着いた雰囲気の店内にはテーブル席とお座敷席を完備。散策の後にはお座敷席で足を崩してゆっくり食事をするのも〇。

人気の「なまずセット」は、釜揚げとざるを選べるうどんとなまずの天ぷらが味わえます。もっちり食感でコシのあるうどんはさっぱりとしたつゆと相性抜群。

身が柔らかく、ホクホク食感のなまずの天ぷらはぜひ醤油で味わって。シンプルなうどんからセットまでメニュー充実。

2.和風レストラン 鼎

住所:群馬県館林市朝日町20-36

お皿からはみ出るサイズのビッグな海老フライが人気のレストラン。

広々として落ち着いた雰囲気の店内には、テーブル席とお座敷席を完備。少人数から大人数まで幅広く利用できます。人気の「大きな大きな海老フライ定食」は、大きな海老フライ2本にご飯と味噌汁、漬物、サラダ、煮物付きでボリュームたっぷり。

ぷりっぷりの海老フライはタルタルソースとよく合います。通常の海老フライ定食の海老フライもなかなかの大きさ。

「有頭大海老フライ定食」は、海老の味噌まで楽しめるので、海老好き必見です。地元で人気の海老フライを味わってみませんか?

3.ビストロカフェ SUGIE

住所:群馬県館林市大手町7-36

古民家をリノベーションしたおしゃれなお店

木目調の店内は、カウンター席とテーブル席併せて19席のこぢんまりとした空間。ランチは日替りのパスタや肉料理、魚料理を楽しめます。

彩り豊かなサラダとスープ、ドリンク付きでボリューム満点。パスタ以外にはパン付き。

アラカルトでは前菜からメイン、デザートまで多彩なメニューが揃っているので、食事はもちろんちょい飲みにもぴったり。

さいごに

以上が館林市産業祭2017の紹介でした。

いろんな食べ物をお得にゲットできたり、無料で味わえたり、郷土芸能発表を見たり、子どもからお年寄りまで楽しめる催しがたくさんの館林市産業祭。

今年はどんな催しがあるのかワクワクしますね!

食欲の秋にぴったりのおまつりへ出かけてみませんか?


【2018年】日本各地の定番&おすすめ初詣スポットまとめ!今年の初詣はどこへ行く?

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA