2018年東海地方の定番お花見・桜の名所10選を県別に紹介!

2018年東海地方の定番お花見・桜の名所10選を県別に紹介!

春といえばお花見ですよね!

関東のお花見スポットばかりが注目されがちですが、東海地方にも桜のきれいなお花見スポットがたくさんあります。

その中から今回は、広くてゆっくりお花見を楽しめるスポットを県別に紹介していきます。

スポンサーリンク

愛知県

1.岡崎公園

・見頃の時期:3月下旬 ~ 4月上旬

・住所:愛知県岡崎市康生町561-1

・アクセス:
<電車の場合>
名鉄名古屋本線東岡崎駅から徒歩約15分
愛知環状鉄道中岡崎駅から徒歩約15分
<車の場合>
東名高速岡崎ICから国道1号経由約10分

岡崎公園は徳川家康公が生まれた岡崎城跡を整備したスポット。岡崎城を中心とした園内には約1000本の桜が咲き誇り、復元された3層5階の天守閣とのコラボレーションは見どころのひとつ。

ライトアップももちろん開催。夜桜の美しさは東海随一といわれていて、その美しさから「日本さくら名所100選」に選定されています。

開花に合わせて「岡崎の桜まつり」が行われ、家康行列や露店が立ち並ぶなど、イベント盛りだくさん。

2.木曽川堤

・見頃の時期:3月下旬 ~ 4月上旬

・住所:愛知県一宮市浅井町・光明寺・北方町

・アクセス:
<電車・バスの場合>
名鉄名古屋本線名鉄一宮駅
→一宮市総合体育館行き名鉄バス約20分
→「138タワーパーク」下車徒歩約5分
<車の場合>
東海北陸道一宮木曽川ICから国道22号経由約10分
名神高速一宮ICから国道22号経由約15分

木曽川堤は一宮市北方町から江南市草井まで約9kmにわたって桜並木が続く桜の名所。桜並木としての景観が整えられたことで、昭和2年に国の天然記念物に指定されました。

約400本以上のヒガンザクラやシダレザクラを中心とした古木が堤防を覆うように咲き誇る姿は圧巻。堤防沿いをのんびりお散歩できるのが魅力。

開花に合わせて「一宮桜まつり」を開催。普段は木曽川堤付近でのバーベキューは大野極楽寺公園のバーベキュー広場以外では禁止されていますが、桜まつり期間中のみ可能。桜を眺めながらのバーベキューもおすすめ。

スポンサーリンク

3.明石公園

・見頃の時期:3月下旬 ~ 4月上旬

・住所:愛知県碧南市明石町6-11

・アクセス:
<電車>
名古屋鉄道三河線北新川駅から徒歩15分
<車>
知多半島道路阿久比ICから20分

明石公園は市内随一のアミューズメントパークとして親しまれているスポット。園内には約250本のソメイヨシノが植えられていて、満開の桜を観覧車やおとぎ列車から一望できるのが魅力。

その他にもゴーカートやメリーゴーランド、キッズコースターなどの遊具がリーズナブルに楽しめるので、子ども連れにおすすめ。午後9時まではライトアップを開催。幻想的な夜桜を観賞することもできます。

さくらまつり期間中の土日祝にはさくらの丘マルシェや桜まつりステージショーなどのイベントも実施。

4.史跡小牧山

・見頃の時期:3月下旬~4月上旬

・住所:愛知県小牧市堀の内1-1

・アクセス:
<電車の場合>
名鉄小牧線小牧駅から徒歩15分
<車の場合>
東名高速道路小牧ICから国道41号を経由し、県道197号を小牧山方面へ車で3km。

史跡小牧山はかつて織田信長の居城だった小牧山城があった場所で、現在は桜の名所として親しまれているスポット。春の桜、夏の青葉、秋の紅葉、冬の雪景色など、四季折々の景色が楽しめることで人気があります。

山全体が公園になっていて、春には山全体にソメイヨシノやカンザン、シダレザクラ、ウコンなど約10種1200本の桜が咲き誇ります。開花に合わせて「小牧山さくらまつり」を開催。

ボンボリ・灯篭・スポットライトの設置による桜のライトアップや小牧城(小牧市歴史館)の夜間特別開館、桜を見ながらゆったりお抹茶を楽しめる野点、小牧山ガイドツアーなどのイベントが行われます。

岐阜県

5.恵那峡

・見頃の時期:4月上旬 ~ 4月中旬

・住所:岐阜県恵那市大井町恵那峡

・アクセス:
<電車の場合>
JR恵那駅からバス約15分「恵那峡」下車徒歩約5分
明知鉄道恵那駅からバス約15分「恵那峡」下車徒歩約5分
<車の場合>
中央道恵那ICから約10分

恵那峡は約90年前に木曽川をせき止めて作られた大井ダムによってできた人造湖で、桜の名所として人気のあるスポット。旧いなり茶屋の横にある恵那峡展望台からは、桜が咲き誇る恵那峡さざなみ公園全体を眺めることができるので、写真撮影にもおすすめ。

遊覧船で恵那峡めぐりを楽しみながら桜を眺められるのも魅力。開花に合わせて「恵那峡さくらまつり」が開催され、夜桜ライトアップや恵那峡さくら茶会、えなマルシェなどが行われます。

三重県

6.なばなの里

・見頃の時期:3月中旬~4月上旬

・住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270 なばなの里

・アクセス:
<電車の場合>
近鉄長島駅から徒歩約28分
<車の場合>
東名阪自動車道長島ICから約10分
伊勢湾岸自動車道湾岸長島ICから約20分

なばなの里は四季折々の花が楽しめるスポット。3月上旬頃からは約300本の河津桜、3月下旬からは約270本のソメイヨシノやシダレザクラが咲き誇ります。桜は里内中央の池を中心に植えられていて、池の周りの遊歩道をのんびり散策することができます。

見ごろの時期には満開の桜のトンネルが楽しめますよ。3月下旬からはチューリップも見ごろを迎え、桜とチューリップのコラボレーションも堪能。広場をキャンバスに見立ててきれいに植えられた色鮮やかなチューリップと、淡いピンク色の桜がお互いに引き立て合っていて絶景。ライトアップもあり。

スポンサーリンク

静岡県

7.浜松城公園

・見頃の時期:3月下旬 ~ 4月上旬

・住所:静岡県浜松市中区元城町100-2

・アクセス:
<電車の場合>
JR浜松駅からバス「浜松城公園入口」下車徒歩すぐ
<車の場合>
東名高速浜松ICまたは浜松西ICから約30分

浜松城公園は、かつて徳川家康が築城した浜松城を整備して造られた緑豊かなスポット。

浜松城を囲むようにソメイヨシノやシダレザクラ、ヤマザクラなど約340本の桜が植えられ、見頃の時期には淡いピンク色で園内を彩ります。その景色は浜松随一といわれ、桜の名所として親しまれています。

開花に合わせてぼんぼり約600個を点灯し、ライトアップも楽しめます。夜桜と浜松城のコラボレーションは見事。さくらまつり期間中は売店もあるので、花も団子も楽しめますよ。

8.駿府城公園

・見頃の時期:3月下旬 ~ 4月上旬

・住所:静岡県静岡市葵区駿府城公園1

・アクセス:
<電車の場合>
JR静岡駅北口から徒歩約15分
<バスの場合>
しずてつ路線バス「安倍線」3分「県庁・静岡市役所・葵区客所前」下車徒歩3分
<車の場合>
東名高速静岡ICから約15分

駿府城公園は、かつて徳川家康の居城だった駿府城跡を整備した公園で、桜の名所として親しまれているスポット。園内には約350本の桜が植えられ、見頃の時期には駿府城を囲むように淡いピンク色が広がります。

開花に合わせて「静岡まつり」を開催。「大御所花見行列」をメインとした静岡まつりでは、踊りや楽市楽座(フリーマーケット)、伝統芸能、伝統大道芸などのたくさんのイベントが行われます。もちろんライトアップもあり。夜桜を楽しみながらお花見を楽しめます。

9.はままつフラワーパーク

・見頃の時期:3月下旬 ~ 4月中旬

・住所:静岡県浜松市西区舘山寺町195

・アクセス:
<電車の場合>
JR浜松駅から舘山寺温泉行き遠鉄バス約40分「フラワーパーク」下車徒歩すぐ
<車の場合>
東名高速浜松西ICから約15分

はままつフラワーパークは、四季折々3000種10万本の花と緑が楽しめるスポット。映画の撮影に使用されたほどの美しさを誇るソメイヨシノの桜並木が見どころ。

ソメイヨシノと同時期に楽しめるチューリップとのコラボレーションは色鮮やかで、一気に春を感じることができます。ソメイヨシノと入れ替わるように見頃となるヤエザクラの桜並木は、桜で有名な大阪の造幣局並ぶ規模なんですよ。

園内を周遊するフラワートレインやこども広場、温室カフェ、レストランなど、お友達同士やカップル・ファミリーでも楽しめる施設が充実。

10.御殿山

・見頃の時期:3月下旬 ~ 4月上旬

・住所:静岡県静岡市清水区蒲原

・アクセス:
<電車の場合>
JR新蒲原駅から徒歩5分
<車の場合>東名高速道路富士ICから30分

御殿山はかつて東海道の宿場町として栄えた蒲原地区にある山で、徳川家康がこの山を背に蒲原御殿を構えていたことに由来しているスポット。

見ごろの時期には約600本のソメイヨシノが山全体を覆い尽くすように咲き誇り、その景色から桜の名所として親しまれています。夜桜もあり、さくら吊り橋や御殿山広場から見渡せる駿河湾の景色もおすすめ。

見ごろの時期には「かんばら御殿山さくらまつり」が開催され、八坂神社境内や参道には、特産品の桜エビや削り節などの水産加工品を販売する店や飲食の店が立ち並びます。

さいごに

2018年東海地方の定番お花見・桜の名所10選を紹介しました。

どのスポットも公園や自然に囲まれた場所なので、のんびりお花見を楽しむのにぴったり。2018年のお花見は、東海地方へ出かけてみませんか?

【要チェック!】

日本各地の定番&おすすめ花見・桜の名所2018を紹介しています。

全国の魅力的なお花見スポットに触れてみませんか?

【2018年】日本各地の定番&おすすめ花見・桜の名所まとめ!今年の花見はどこへ行く?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA