東京花火大祭2018の日程や見どころは?気になる花火師の魅力も紹介!

東京花火大祭2018の日程や見どころは?気になる花火師の魅力も紹介!

「東京花火大祭〜EDOMODE〜」は、世界最高峰の花火師による花火を一度に楽しめる花火大会。

東京を象徴する音楽、食、芸能、テクノロジー等の様々なコンテンツと融合した、東京の新たな夏の風物詩になること間違いなし。

そこで今回は、東京花火大祭2018の見どころ、花火師、駐車場などを紹介していきます。

スポンサーリンク

東京花火大祭2018の基本情報

・日時:2018年8月11日(土) ※順延日12日(日)

・打ち上げ場所:お台場海浜公園(東京都港区台場一丁目)

・アクセス:
新交通ゆりかもめ・お台場海浜公園駅または台場駅から徒歩4分
りんかい線・東京テレポートから徒歩7分

・打ち上げ数:12,000発

・人出数:初開催

・問い合わせ先:TEL 03-5656-8757<平日のみ 10:00〜17:00>
東京花火大祭事務局(株式会社ミスターフュージョン内)

・公式サイト:東京花火大祭2018

東京花火大祭2018の見どころ&花火師紹介

東京花火大祭は、内閣総理大臣賞受賞クラスの日本を代表する花火師が集結するイベント。東京の花火大会でこのような花火師が集うのは初の試みなので期待大☆

初開催ということもあり、どんな内容になるのかまだわからないので、見どころと花火師を紹介します♪

見どころは・・・

  • 約90分に打ちあがる12000発の花火
  • 歌舞伎と花火のコラボレーション
  • 子どもたちがデザインまたはプログラミングした「子ども花火」の打ち上げ
  • 日本を代表する花火師が共同で制作する特大花火

日本を代表する花火師、ご存知ですか?実はいろんな花火大会でその作品を目にしているかもしれません。花火師によって特長が違うので、知っておくとより楽しめるはず♪

紅屋青木煙火店

紅屋青木煙火店は、日本で初めて八重芯の割物を打ちあげた老舗。

1905年の創業以来、高精度で革新的な花火の製造に取り組んでいます。八重芯変化菊やヤシの木などオリジナルの様々な花火を開発し、「内閣総理大臣賞」を2度受賞するほか、全国各地の花火大会での優勝実績を持っているんですよ。

最近では花火の演出にも力を入れていて、特に音楽を使った演出は見ごたえあり☆

マルゴー

マルゴーは、今最も乗りに乗っているといっても過言ではありません!

2017年は伊勢神宮花火競技大会で優勝。過去にも大曲や土浦など多数の優勝経験があります。引田天功のステージ花火やプロ野球オールスターゲームなど担当しているんですよ。

色鮮やかな花火とテンポの良さが見どころ!

イケブン

イケブンは、製造から演出まで花火の全てをプロデュースする、花火の総合商社。

全国から選ばれた28業者のみが参加できる、全国花火競技大会「大曲の花火」の第89回大会で最高栄誉の「内閣総理大臣賞」を受賞。その他にも数々の花火大会において最優秀賞を獲得しています。

花火と音楽をシンクロさせる「デジタルスターマイン」を20年前から導入。最先端の花火シュミレーションソフトを使った「時間差花火」などの演出は、特に高い評価を得ています。

丸玉屋小勝煙火店

丸玉屋小勝煙火店は、江戸時代から進化を続ける、花火ショーのパイオニア。

江戸時代から平成まで、各時代に合わせた革新的な花火を打ち上げてきました。江戸の伝統と東京の革新を併せ持った花火は、繊細かつ風情があって、心に残ります。老舗ならではの花火は見どころ!

史上初の大イベント、ぜひ見ておきたいですね♪

スポンサーリンク

東京花火大祭2018の駐車場情報

車で会場に向かう方も多いですよね。お台場周辺にはたくさんの有料駐車場があります。しかし、まだ交通規制などの情報が出ていないので、おそらく大丈夫であろう駐車場を紹介します。

青海北臨時駐車場

・住所:東京都江東区青海1-2

・台数:342台

・料金:1日1500円

タイムズヴィーナスフォートパーキング

・住所:東京都江東区青海1-3

・台数:470台

・料金:土日祝は60分600円

タイムズパレットタウンパーキング

・住所:東京都江東区青海1-3

・台数:476台

・料金:土日祝は60分600円

東京花火大祭2018の穴場スポット

「花火を見たいけど、混雑は苦手」「人が多いし、暑いし」という方も多いと思います。快適に花火観賞ができたら最高ですよね。そんなあなたにぴったりの穴場スポットを紹介します。

ヒルトン東京お台場

・住所:東京都港区台場1-9-1

いっそのこと宿泊しちゃうのはいかがでしょうか。打ち上げ場所から近いので、お部屋から花火をゆっくり観賞することができますよ。

宿泊以外にも、東京湾やレインボーブリッジを望むレストランやラウンジ、バーを予約するのもおすすめ。宿泊やお食事の予約の際は、「花火が見えるお部屋や席」と伝えておきましょう。

グランドニッコー東京台場

・住所:東京都港区台場 2-6-1

こちらも打ち上げ場所から近い場所にあります。お部屋から花火をゆっくり観賞したり、レストランなどでお食事をしながら花火を楽しむことができます。

夏季のみオープンする「テラスプール」から花火を眺めるのもおすすめ。

さいごに

東京花火大祭2018を紹介しました。

初開催のイベントなので、まだまだわかっていない催しが盛りだくさん!お台場観光と併せて出かけてみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA