若白髪は遺伝が原因だけじゃない!毎日の生活で改善する方法とは?

若白髪は遺伝が原因だけじゃない!毎日の生活で改善する方法とは?

白髪と言えば老化現象の一つ!と考えていませんか?

しかし最近では10代や20代で生える若白髪に悩む人が増えているそうです。

「親も若白髪だったからしょうがないよね」と諦めている人もいる一方で、「家族で若白髪に悩んでいるのは私だけ!」と原因が分からず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

もちろん遺伝も若白髪の原因の一つですが、実はそれ以外にも若白髪の原因と考えられるものがあるのを知っていますか?

平均的に30代半ばから生え始めるといわれる白髪ですが、僕は10代のころに白髪がポツポツと表れ始めました。

30歳になった今も少しづつ数が増え「このままではヤバい!」と手遅れになる前に何か改善策はないかと調べたら、その答えは意外とシンプルなものでした。

同じように若白髪に悩むあなたへ、若白髪の原因と今日から始められる若白髪対策を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

白髪が生えるメカニズム

若白髪は遺伝が原因だけじゃない!毎日の生活で改善する方法とは?

髪の色を作り出すのは黒色メラニンと呼ばれる「ユーメラニン」と黄色メラニンと呼ばれる「フェオメラニン」があり、この組み合わせによって個人の髪の色が決まります。

ユーメラニンとフェオメラニンのどちらの色素も含まれない状態の髪が「白髪」と呼ばれます。

この髪の色の素となる二つのメラニン色素を作り出しているのが、メラノサイトという色素細胞です。

しかしこのメラノサイトで、

  • メラニン色素の生成に欠かせないチロシナーゼという酵素が働かず、色素が作り出せない状態(欠失型)
  • 髪の毛を作り出す毛母細胞がメラニン色素をうまく受け取れない状態(休止型)

このような状態になると髪が黒くならずに白髪が生えてしまいます。

若白髪の5つの原因とは?

若白髪は遺伝が原因だけじゃない!毎日の生活で改善する方法とは?

40代以降は老化が原因でメラノサイトの働きが鈍くなり、白髪が増えてしまいます。しかしこれはいたって当たり前のこと。

ではなぜ老化の心配がない10代~30代で白髪が生えてしまうのでしょうか?

1.遺伝

若白髪のおよそ6割が遺伝が原因であると言われています。メラノサイトの中で色素を作り出す力が弱いなどの体質が似ていると考えられます。

また生活リズムや食生活が同じことも、一つの原因ではないかと言われています。

2.無理なダイエット

ダイエットで極端に食べる量が減り栄養不足になると体が飢餓状態に近い状態になります。

少ない栄養はまず内臓など生きるために必要な個所へと送られるので、髪は後回しになり十分な栄養が行き渡りません。

行き過ぎたダイエットでビタミンやミネラルが不足すると白髪だけでなく抜け毛や頭皮トラブルの原因にもなってしまいます。

3.ストレス

人は強いストレスを感じると血管が緊張し、収縮します。頭皮の血管は収縮しやすく、血行不良になりやすい部分。ストレスの影響を受けやすいところなのです。血行不良の状態が続くと栄養が行き渡らず、白髪が生えてしまいます。

4.貧血

10代は成長期で骨や筋肉が作られるので、貧血になりやすい時期でもあります。酸素を体中に運ぶ役割があるヘモグロビンの量も少なくなるで、髪の毛を作り出すメカニズムにも支障がでてしまいます。

5.スポーツ貧血

部活動をしている学生やプロスポーツ選手など、激しい運動を日常的に行っている場合は大量の発汗や筋肉量の増加が原因で貧血になりやすく、酸素や栄養が頭皮に運ばれずに白髪が生えることがあります。

スポンサーリンク

若白髪を改善!3つのポイントとは?

若白髪は遺伝が原因だけじゃない!毎日の生活で改善する方法とは?

1.食事

若白髪の予防と改善のためにはまずバランスの良い食生活を心掛けましょう。

髪を黒く健康にする栄養素は、

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • 鉄分
  • ビタミンE

またメラニン色素を作り出すために必要なチロシナーゼ酵素の原料になるチロシンという栄養素が含まれる食材は、

  • 鰹節
  • チーズ
  • 高野豆腐
  • きな粉

などがあります。

ダイエットで炭水化物やお肉を抜いてしまうのもNG!白髪や抜け毛の原因にもなってしまうので注意しましょう。

2.睡眠

十分な睡眠をとって自律神経を整え、成長ホルモンを活発にすることが白髪予防に繋がります。

成長ホルモンがあ最も分泌される午後10時~午前2時のゴールデンタイムには眠っていることが理想的です。

寝る前のスマホ利用は睡眠の質を悪くし、また眼精疲労により頭皮の血行も悪くなってしまうのでNGです。

3.ストレスを溜めない

若白髪を増やさないためには、ストレスを溜めないことが大事です。

友達と遊んだり、おもいっきり運動したり、映画鑑などで溜め込んだ涙を流したり…。悩んでいることがあるならそれを忘れるぐらい夢中になれる時間を作ることが大切です。

さいごに

  1. 髪の黒さには個人差があり!メラニン色素が黒髪作り出す
  2. まずは原因を知る!白髪は誰にでも生えてくる
  3. 生活習慣を整えて若白髪を予防!

若白髪を隠すために定期的に髪を染めるのも、一つの対策ですが、やはり髪や頭皮に大きな負担がかかるものです。

日々の生活習慣を見直すことは、白髪や髪の健康にとっても大事ですが、何より体全体のためにもなります。是非今日から生活習慣を改善してみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA