目黒のさんま祭り2017の日程や場所、待ち時間は?周辺おすすめグルメスポットも紹介!

目黒のさんま祭り2017の日程や場所、待ち時間は?周辺おすすめグルメスポットも紹介!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

今年で22回目を迎える目黒のさんま祭り

「さんまは目黒にかぎる!」のオチで知られる古典落語「目黒のさんま」がこのお祭りの始まったきっかけなんです。面白いですよね!

ビルばかりになってしまった目黒駅前に昔ながらのあたたかさを呼び戻したいという願いから、平成8年から目黒のさんま祭りが開催されています。

毎年ニュースでも取り上げられているのでご存知かと思いますが、無料の炭火焼さんまを求めて多くの人で賑わいます。秋のスタートにぴったりのイベントですよね!

今回は、目黒のさんま祭りの日程や場所、待ち時間に加えて周辺のおすすめグルメスポットも紹介します。

スポンサーリンク

目黒のさんま祭りの基本情報

・日時:2017年9月10日(日) 10:00~14:00

・場所:目黒駅商店街(東京都品川区上大崎2)

・アクセス:JR、地下鉄目黒駅東口すぐ

・人出数:約2万人

・問い合わせ先:
品川区・目黒駅前商店街振興組合理事長
「目黒のさんま祭り」実行委員会委員長
TEL:090-3216-4149

・公式サイト:目黒のさんま祭り

目黒のさんま祭りの見どころ

目黒のさんま祭り2017の日程や見どころは?周辺おすすめグルメスポットも紹介!
(画像引用元:目黒のさんま祭

みなさんの1番のお目当てはやっぱりおいしいさんま!

岩手県宮古市産の新鮮さんま
和歌山県みなべ町産の備長炭で焼き上げ、
徳島県神山町産の芳醇なすだちを搾り、
栃木県高林産辛味大根の大根おろしでいただく・・・

なんて贅沢なんでしょうか!!

脂ののったさんまは絶品。食欲の秋にぴったりです。

目黒のさんま祭り

炭焼きさんまと生さんまの無料配布は6000匹なので、かなり早めに行かないと終了してしまいます!なので絶対食べたいあなたは早朝から出かけた方が良いですよ。

そして待ち時間がかなり長い(3~5時間は並ぶと公式サイトのアナウンスあり)ので、暑さ&熱中症対策をしっかりと準備していきましょう。

【ベストの到着時刻は?】

例年5時前(!)から並ぶツワモノがいるこのお祭り。

でも配布開始が10時からなので、5時に行っても結局5時間待ちになってしまいます。
逆に開始直前の9~10時前に行っても、これまた長時間待ちになってしまう・・・

よってベストの到着時刻として8時前くらいがおすすめです!

うまくいけば3時間以内にさんまをゲットできる可能性あり。ぜひ試してみてください。

さんまの他にはふるさと物産展や商店街ワゴンセール、くじ引き抽選会、アートバルーンプレゼントもあるので、子どもからお年寄りまで楽しめますね☆

2016年は和太鼓も披露されました。

和太鼓 目黒のさんま祭り

目黒のさんま寄席もお忘れなく!

場所:品川区立上大崎特別養護老人ホーム
(JR・地下鉄目黒駅東口徒歩2分/品川区上大崎3-10-7)

※2017年から会場が変更になりました。

  • 第一部:9:30から
  • 第二部:11:00から
  • 第三部:12:30から
  • 第四部:14:00から

の開場になります。
どの部も開場時間の30分前に整理券を配布。

無料で目黒のさんまはもちろん落語や漫才を楽しめるので行かなきゃソン!

2016年は笑点の司会でお馴染みの春風亭昇太さんが第三部に出ていましたよ。今年はどなたが出演するのか楽しみですね。

【速報!】2017年の出演者が発表されたので案内します!今年も豪華ラインナップですね!

【出演】
・第1部
 ダイジ(漫談)/春風亭べん橋(落語)/アタリヤ(漫才)/立川こはる(落語「目黒のさんま」)
・第2部
 ケチャップリン(漫談)/立川吉幸(落語)/エルシャラカーニ(漫才)/立川志らら(落語「目黒のさんま」)
・第3部
 銀座ポップ(漫談)/立川こはる(落語)/パックンマックン(漫才)/立川吉幸(落語「目黒のさんま」)
・第4部
 チャンス大城(漫談)/立川志らら(落語)/三平×けーすけ(漫才)/三遊亭吉窓(落語「目黒のさんま」)

スポンサーリンク

目黒駅から徒歩5分圏内のおすすめグルメ3選

1.ハングリーヘブン

住所:東京都目黒区下目黒1-2-22 2F

昼限定のグリルバーガーショップ。日曜日は11:00~17:00まで営業。

肉汁たっぷりの極厚パティにたっぷりのチーズがのった「ハングリーヘブンチーズ」が1番人気。

他にも、タルタルソースとマスタードソースから選べるアボカドバーガーや厚切りベーコンを使った「ベーコンチーズバーガー」、グリルしたパイナップルの甘さがお肉と相性抜群の「パインバーガー」など、どれもボリューム満点。

女性でも意外とペロリ。目黒駅から徒歩5分。

2. かつ壱

住所:東京都品川区上大崎2-25-5 B1F

目黒駅から徒歩1分!

どこか懐かしい雰囲気の店内には、キッチンを囲むカウンター席とテーブル席を完備。おひとり様でも気軽に利用できます。

ヒレカツランチ、ロースかつランチ、カツカレーランチはどれも1000円前後とリーズナブル。サクサクの衣と肉汁たっぷりのお肉の甘さがたまりません!

厚みのあるかつ・ご飯・味噌汁・盛り盛りのキャベツでボリュームたっぷり。がっつり食べたい時にいかがでしょうか?

ランチメニュー以外に定食メニューも充実。

3.ルソイ

住所:東京都目黒区下目黒1-3-28 2F

目黒駅から徒歩5分!本格インドカレー&インド料理のお店

ランチメニューにはナンorライス・チャイorコーヒー付き。卵カレーやインド豆のカレー、野菜カレー、マトンカレー、チキンカレー、エビカレーがあります。

ランチメニューにタンドリーチキンをつけるのもおすすめ。本場インドのシェフが作るカレーはスパイスが効いて絶品。一度食べたらやみつきですよ☆

ランチメニュー以外ではホウレンソウチーズカレーが1番人気。

まだまだ暑い9月ですが、スパイスの効いたカレーはいかがでしょうか?

さいごに

以上が第22回目黒のさんま祭り2017の紹介でした。

おいしいさんまを味わえるのはもちろん、目黒の良さを感じられるのもこのイベントの魅力でしたね。

食欲の秋のスタートにぴったりの目黒のさんま祭り。ちょっと早起きして出かけてみませんか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA