奥久慈大子まつり2017の日程や見どころは?紅葉おすすめスポットも紹介!

奥久慈大子まつり2017の日程や見どころは?紅葉の秋におすすめのスポットも紹介!

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

奥久慈大子(おくくじだいご)まつりは、毎年11月上旬~中旬の日曜日に開催される大子町の秋の風物詩。

「奥久慈大子の味力(魅力)の発信」をテーマに、大子のおいしいものやステージなどを楽しめるイベントになっています。

しゃもやいのしし、鹿、りんごなど、秋の奥久慈にはおいしいものがたくさん!

今回は、奥久慈大子まつりの日程や見どころ+紅葉の秋におすすめのスポットを紹介します。

スポンサーリンク

奥久慈大子まつり2017年の基本情報

・日時:10月15日(日)9:00~15:30

・場所:
大子町文化福祉会館まいん(茨城県久慈郡大子町大子722-1)
常陸大子駅前通り

・アクセス:
JR水郡線 常陸大子駅から徒歩5分
常磐自動車道 那珂ICから約60分

・駐車場:
無料駐車場(大子町役場、大子幼稚園、だいご保育園など)

・問い合わせ先:
奥久慈大子まつり実行委員会(TEL 0295-72-1138)

・公式サイト:大子町観光協会

奥久慈大子まつり2017年の見どころ

1番の見どころは、やっぱりおいしい食べ物ですよね!

奥久慈しゃもの串焼き牛の串焼き大子町のりんごを使ったアップルパイ奥久慈茶など、奥久慈大子ならではのグルメを気軽に楽しめるのが魅力☆

食欲の秋ですから、思う存分味わっちゃいましょう!

特産品の展示即売や模擬店も開催。おいしいものをお得にゲットできてうれしい。

また、地元食材を使ったこだわり料理で競う「うまいものグランプリ」が行われ、1番おいしいと思った料理に投票できますよ!今年はどんな料理が登場するのか楽しみですね。

ステージではYOSAKOI秋の舞や地元の小中学生による演奏会、キャラクターショー(2015年は妖怪ウォッチ、2016年は仮面ライダーエグゼイド)が行われ、子どもから大人まで盛り上がります。

2016年は袋田の滝の「たか丸」や龍ヶ崎市の「まいりゅう」、大洗町の「アライッペ」、常陸太田市の「ひたまる」などの茨城県のご当地キャラクターが集まって撮影会が行われました。

かわいいキャラクターに子どもたちもテンションが上がります!

スポンサーリンク

大子町のおすすめ紅葉スポット4選

食欲の秋を楽しんだ後は、紅葉の秋はいかがでしょうか?大子町の紅葉が綺麗なスポットを4つご紹介します。

1.袋田の滝

住所:茨城県久慈郡大子町袋田3-19

高さ120m、幅73mの大きさを誇る日本三名爆のひとつで、大子町はもちろん茨城県を代表する観光スポット。流れが4段に落ちることから「四度の滝」とも呼ばれています。

秋には壮大な滝を囲うようにイロハカエデやオオモミジが色鮮やかに紅葉して美しい。

西行法師も「花紅葉 経緯にして山姫の 錦織り出す 袋田の瀧」と歌に詠んだという美しい紅葉を見に行ってみませんか?

毎年11月~1月末(の土日祝)まで行われるイベント「大子来人」では、袋田の滝のライトアップを開催。滝の流れを墨絵のイメージで浮かび上がらせた幻想的な景色を見ることができます。

2.永源寺

住所:茨城県久慈郡大子町大子1571

常陸大子駅から徒歩10分。

紅葉が見ごろを迎えるころ、境内を埋め尽くす赤や黄色のもみじが美しいことから「もみじ寺」と呼ばれています。もみじのトンネルがあり、もみじに包まれているような感覚になって不思議。

境内すべてが写真撮影に最適で、赤や黄色、オレンジ、緑のグラデーションを見ることができる境内の後ろ側もぜひ見てほしいポイント。

紅葉を撮るのはもちろん、境内のあちこちにいるかわいらしいお地蔵さんやカエル、鬼と紅葉をいっしょに撮影すると、ほっこり癒される写真が撮影できるのでおすすめ。高

台にある境内からは大子町を一望できるので、町全体の紅葉も楽しめますよ。境内までは階段とスロープがあるので、車いすやベビーカーでもラクラク。

永源寺の紅葉2018!見ごろの時期はいつ?大子町おすすめスポットも紹介!

2017.07.24

3.男体山

住所:茨城県久慈郡大子町西金

大子町の東南部にある男体山は、標高654mのハイキングに人気のスポット。

穏やかな傾斜の北側と東側、断崖絶壁の西側と南側を兼ね備えた男体山は、その名の通り男性的な景観が魅力。秋には紅葉した山々を眺めながらハイキングが楽しめますよ。

【おすすめハイキングコース】

  • 水郡線西金駅~湯沢~大円地~大円地越~男体山頂~男体神社~滝倉集会所~滝倉入口~JA特産物直売所~上小川駅(13.7km 4時間50分ぐらい)
  • 水郡線西金駅~湯沢~大円地~大円地越~男体山頂~月居山~袋田の滝~袋田駅(約17km 6時間ぐらい)

4.月待の滝

住所:茨城県久慈郡大子町大字川山

迫力満点の袋田の滝は有名ですが、滝を裏側から見ることができる「月待の滝というスポットもあるんですよ。

高さ17m、幅12mで、普段は二筋の夫婦滝ですが、水量が増えると子滝が表れて三筋の親子滝になります。

水に濡れずに滝の裏側に入れることから「裏見の滝」「くぐり滝」とも呼ばれていて、マイナスイオンをたっぷり浴びることができると人気。

近づきすぎると濡れるので注意!笑

さいごに

以上が奥久慈大子の魅力がたくさん詰まった奥久慈大子まつりの紹介でした。

おいしいものがいっぱいで、食欲の秋にぴったりのおまつりでしたね。

周辺にはおすすめの紅葉スポットもあるので、秋のお出かけにいかがでしょうか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA