紫外線対策グッズのおすすめ3選!日焼け止めの種類とメリット・デメリットは?

紫外線対策グッズのおすすめ3選!日焼け止めの種類とメリット・デメリットは?

こんにちは、アラサーパパのユタカです。

日射しが強い日が続いていますね。この時期に気になるのはやっぱり紫外線!

20代の頃は全然気にしていなかったんですが、30を超えてから何気なく鏡を見た時にびっくりしました・・・ほっぺたに割と大きめのシミができていたんです。

これはヤバい!と思い最近はメンズ用のシミ消しクリームを塗りこんでいるような状況。

やっぱりこれからの季節、熱くなるにつれて紫外線もどんどん強くなってきますよね。シミだけでなく、紫外線はしわ・そばかす・たるみなどの肌トラブルの原因になります。

紫外線は気になるけど家の中にこもっているわけにはいきません。そこで今回は紫外線対策のおすすめグッズ日焼け止めについてご紹介します!

スポンサーリンク

紫外線は夏だけじゃない!

紫外線対策グッズのおすすめ3選!日焼け止めの種類とメリット・デメリットは?

紫外線が最も多いのはいつだか知っていますか?夏が1番多いイメージですが、なんと5月~9月なんです。

花粉症対策が終わったと思ったら次は紫外線対策かーいって感じですね。人間は1年中なんかしらの対策をしないといけないみたいです(笑)

僕は今まで夏だけ紫外線対策をしていたのですが、それじゃ全然ダメだったようです・・・。

20代は若いからと言って油断し過ぎました。20代の頃のツケがあのシミとなって出現してきましたよ。将来が思いやられます。

日焼け止めのSPFの意味って何?PAって?今さら聞けない効果を紹介!

2017.05.06

あなたも今からでも遅くありません!

紫外線対策がしっかりできるおすすめグッズを見ていきましょう!

紫外線対策の定番グッズ3選

紫外線対策グッズのおすすめ3選!日焼け止めの種類とメリット・デメリットは?

紫外線対策の定番といえば帽子日傘サングラスですね。

帽子はつばが大きくて通気性のいいものが○。麦わら帽子とかでも今はおしゃれなものが出ているので、僕は夏場によくかぶるようにしています。

女性であれば日傘なんかも人気ですよね!
ネットではオシャレな日傘が安く売ってますし、差しているだけで楽しい気分になるのでおすすめです。

外にいる時間が長い方には紫外線カット機能のあるサングラスがおすすめ。

長い時間紫外線を浴びると白内障黄斑変性などの目の病気になってしまうこともあるので気を付けたいですね。

スポンサーリンク

日焼け止めの種類とメリット・デメリットは?

紫外線対策グッズのおすすめ3選!日焼け止めの種類とメリット・デメリットは?

日焼け止めっていろんな種類がありますよね。

クリーム、乳液、ジェル、ローション、スプレー・・・。

タイプがたくさんあって迷ってしまう・・・そこで自分にはどのタイプが合うのか、各タイプのメリット・デメリットを見ていきましょう!

【クリーム】
〇こってりとしたテクスチャーで保湿力が高いので、乾燥肌の方でもOK。
×伸びが悪いので白く残ることも。
×油分が多いので、きちんと落とさないとニキビや肌荒れの原因に。

【乳液】
〇肌にやさしいので、敏感肌の方にもおすすめ。
〇伸びがよく塗りやすいので、顔から体まで使いやすい。

【ローション】
〇化粧水のようにやさしいので、敏感肌の方におすすめ。
×落ちやすく効果が低いので、長時間屋外にいる場合には不向き。

【ジェル】
〇べたつかずさらっとした使い心地。
〇伸びがよく塗りやすいので、顔から体まで使いやすい。

【スプレー】
〇全身はもちろん、髪の毛にもOK!
〇手が汚れない。
×使うときに周囲に飛び散る、ムラになりやすい。

いろんなタイプがありましたが、どれが自分に合っていましたか?

僕は特にスプレータイプをオススメします!
子どもにも手軽に使えるので、めんどくさい時でもシュッとスプレーするだけで簡単に日焼け対策になるんですよ。今年の夏は娘とヘビロテする予定です。

あ、もちろんSPFやPA+++などもしっかり確認しましょう!

子供用日焼け止めおすすめランキング2017!肌に優しい人気商品目白押し!

2017.05.07

まとめ

  1. 紫外線のピークは5月~9月。
  2. 帽子や日傘、サングラスがおすすめ!
  3. 日焼け止めは肌質や使い心地、効果など、自分に合うものを選んで。

帽子や日傘などの定番対策グッズは外せませんね!

日焼け止めもいっしょに使って、紫外線から家族の肌を守っていきましょう。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA